スマートフォン版はこちらをクリックしてください


宮本 佳子

宮本 佳子 助教・修士(社会福祉学)

主な研究と活動

(活動)
今まで、入所されている高齢者や、自宅で生活されている高齢者とその家族の支援に携わってきました。実際の現場では、特に利用者や家族の本当の思いを理解することを心掛けて支援してきました。研究については、『高齢者が、住み慣れた地域で安心して生活し続けることができる』をテーマに、当事者の思いを大切にしながら探究しています。

(学生のみなさんへ)
介護福祉士の資格を有した人が仕事をしている様子を見る機会は少ないでしょう。しかし、実際には、様々な場所で専門職として活躍しています。大学で基礎的な知識と技術を学び、地域に出て実際に活動して体で感じましょう。理論に裏付けされた幅広い実践ができる介護福祉士を地域社会は待っています。

  • 準備中


このページの先頭へ戻る