スマートフォン版はこちらをクリックしてください


佐藤 光浩

佐藤 光浩(さとう みつひろ) 講師・修士(人間学)

主な研究と活動

近年、スポーツ競技引退者による事件等が問題になっています。
人々に夢や希望を与える存在であるスポーツ競技者。
そのスポーツ競技者が、『引退』という『スポーツ競技者としての終焉』を迎えた時、彼らの心には一体どのような変化が起こっているのでしょうか。
そして、スポーツ競技者が引退後の『トランジション』を経て『セカンドキャリア』に移る時、競技者はどのように引退を乗り越えていけばよいのでしょうか。
また、周囲の者はどのようなサポートをすべきなのでしょうか。
このようなスポーツ競技引退者の『キャリアトランジション問題』について考え、サポートしていく役割がトレーナーとしても活躍している柔道整復師にあると考えます。この問題はこれまで、西洋的視点に基づいた心理学を中心にアプローチされてきました。私は東洋的視点に基づいた問題解決方法を研究課題としています。

  • 佐藤 光浩
キーワード
キャリアトランジション・認知行動療法・・スピリチュアルケア・柔道整復手技
専門分野
スポーツ競技引退者のキャリアトランジション問題・軟部組織損傷学・徒手療法・整復実技
主な研究課題
スポーツ競技引退者のキャリアトランジション問題
担当科目
臨床整復セラピー、整復セラピー実習、臨床柔道整復セラピー実習、基礎柔道セラピー
学位
修士(人間学)
免許・資格
柔道整復師
厚生労働省認定柔道整復専科教員免許
柔道整復試験財団実技認定試験委員(柔道整復実技)
卒業年月
2000年 帝京医学技術専門学校 柔道整復学科 卒業
2015年 武蔵野大学大学院 人間社会研究科 人間学専攻 修士課程 修了
2016年 武蔵野大学 人間科学部 人間科学科 心理学専攻 在籍
学歴・経歴
平成8年 仁戸名整骨院 研修
平成9年 浦安整形外科内科 物理療法室
平成12年 浦安整形外科内科 物理療法室 主任
平成13年 谷津整形外科内科 物理療法室 主任
平成16年 小倉台整骨院 院長
平成16年 両国柔整鍼灸専門学校 柔整科 専任講師
平成17年 両国柔整鍼灸専門学校附属整骨院  院長
平成22年 高洲整形外科内科 物理療法室 主任
平成24年 葛西整形外科内科 物理療法室 主任
平成26年 了徳寺学園医療専門学校 柔整科 学科長
平成28年 帝京科学大学 医療科学部 柔道整復学科 講師
主な論文
  1. スポーツ競技者の引退の乗り越え方と周囲のサポート方法 : 武蔵野大学大学院 人間社会研究科 人間学専攻 修士論文(H26年度)
所属学会等
日本柔道整復接骨医学会
日本仏教心理学会
主な学会発表
『第2中手骨骨折における一考察』佐藤光浩(単)、日本柔道整復接骨医学会、札幌、抄録p366(2007年)
『第1指MP関節尺側側副靭帯損傷における一考察』佐藤光浩(単)、日本柔道整復接骨医学会、東京、抄録p406(2008年)
『de Quervain diseaseに於ける一考察』佐藤光浩(単)、日本柔道整復接骨医学会、大阪、抄録p367(2009年)
『de Quervain diseaseに於ける一考察②』佐藤光浩(単)、日本柔道整復接骨医学会、富山、抄録p408(2010年)
『上腕骨内側上顆炎に於ける一考察』佐藤光浩(単)、日本柔道整復接骨医学会、千葉、抄録p280(2011年)
『上腕骨外側上顆炎に於ける一考察』佐藤光浩(単)、日本柔道整復接骨医学会、福岡、抄録p296(2012年)
『スポーツ競技者の引退時における心の痛みについて』佐藤光浩(単)、日本柔道整復接骨医学会、東京、抄録p71(2014年)
『スポーツ競技引退者のセカンドキャリア問題について~プロ野球を参考に』佐藤光浩(単)、日本柔道整復接骨医学会、新潟、抄録p84(2015年)     以上、口頭発表
講演
平成24年 特別講演 『指の外傷について』 前橋東洋医学研究会主催
その他の活動
高校総体柔道医療救護 : 平成17年・千葉きらめき総体
高校総体柔道医療救護 : 平成19年・青春佐賀総体
高校総体柔道医療救護 : 平成20年・彩夏到来08埼玉総体 
高校総体柔道医療救護 : 平成21年・2009近畿まほろば総体
高校総体柔道医療救護 : 平成22年・美ら海沖縄総体2010
茨城県高等学校柔道大会医療救護 : 平成17年~22年
千葉県高等学校柔道大会医療救護 : 平成17年~22年
関東高等学校空手道大会医療救護 : 平成20年
墨田区災害医療救護者 : 平成19年~28年
柔道整復研修試験財団実技認定試験委員 : 平成24年~現在に至る


このページの先頭へ戻る