スマートフォン版はこちらをクリックしてください


相原 正博

相原 正博(あいはら まさひろ) 助教

主な研究と活動

私は主に、頸椎症性脊髄症、腰部脊柱菅狭窄症等の脊椎疾患や変形性関節症の整形外科疾患を対象に急性期から退院後の理学療法に携わっていました。臨床業務が主体でしたが、変形性膝関節症の術前・術後における重心動揺特性や歩行動作解析の研究を行っておりました。今後は、教員として臨床業務で得た経験と技術や研究活動から得られた知見を伝達していきたいと考えております。

  • 相原 正博
キーワード
骨関節系理学療法、運動学、運動分析
専門分野
骨関節系理学療法、運動学
主な研究対象

変形性膝関節症のTKA前後における歩行特性・重心動揺特性

主な研究課題
運動器疾患の動作特性、筋電図解析
担当科目
運動学、理学療法評価学、物理療法学実習、運動学実習
研究室番号
実験研究棟E302
免許・資格
理学療法士
卒業年月
2009年 3月 帝京医療福祉専門学校(現山梨市キャンパス)卒業
学歴・経歴
2009年 4月 医療法人小宮山会 貢川整形外科病院リハビリテーション科入職
2013年 9月 帝京科学大学医療科学部理学療法学科非常勤講師
2014年 4月 帝京科学大学医療科学部理学療法学科助教
所属学会等
日本理学療法士協会
日本脊髄障害医学会
主な学会発表
西﨑香苗、相原正博、他「三次元動作解析装置を用いた臨床的歩行分析~変形性膝関節症~」、第26回日本臨床整形外科学会学術集会、2013
相原正博、他「変形性膝関節症患者における歩行の特徴~三次元動作解析機を用いて~」、第16回山梨県理学療法士学会、2012
西﨑香苗、相原正博頸、他「椎椎弓形成術後患者における頭頸部屈曲時の動作解析~回旋に着目して~」、第47回日本脊髄障害医学会、2012
曾根祥仁、相原正博、他「TKA術後浮腫が関節可動域に及ぼす影響~周術期における検討~」、第15回山梨県理学療法士学会、2011
三宅洋平、相原正博、他「片側TKA施行後のFTA・関節可動域・下肢長の変化が立位重心動揺に及ぼす影響」、第14回山梨県理学療法士学会、2010
田中博之、相原正博、他「人工膝関節全置換術後における浮腫の要因-出血量・手術駈血時間と浮腫の関係-」、第15回山梨県理学療法士学会、2011
深澤貴裕、相原正博、他「頸椎症性脊髄症における重心動揺検査とJOA scoreとの相関性の検討」、第14回山梨県理学療法士学会、2010
三枝洋喜、相原正博、他「THA術後患者の中殿筋に対するOpen Kinetic Chain ExerciseとClose Kinetic Chain Exerciseの適応の検討」、第29回関東甲信越ブロック理学療法士学会、2010
相原正博、他「人工膝関節手術前後のFTAの変化が立位重心動揺へ及ぼす影響の検討」、第29回関東甲信越ブロック 理学療法士学会、2010
西﨑香苗、相原正博、他「頸椎椎弓形成術術後に頚部痛が長期残存した一症例に対する理学療法を経験して」、東日本整形災害外科学会、2010
西﨑香苗、相原正博、他「頸椎椎弓形成術後の頚部痛に対する頚部屈筋群の影響(第一報)」、東日本整形災害外科学会、2009


このページの先頭へ戻る