スマートフォン版はこちらをクリックしてください


八木 行雄

八木 行雄(やぎ ゆきお) 教授・獣医学博士

主な研究と活動

研究室の目標は「ヒトと動物の共生」を、家畜やペットの生活環境での衛生状態の改善を通じて図ることです。ヒトは9000年前に野生動物を家畜化して以来、家畜やペットと密接な関係を保ち続けています。牛、豚、鶏は乳畜産物を、犬、猫は癒しを通じてヒトに貢献してくれています。しかし、近年、ヒトの生産活動の活発化や居住環境の変化が、これら動物の衛生状態に影響(病気)を及ぼしています。研究室では野外調査をふくめ、家畜やペットを取り巻く生活環境での衛生状態の把握とその改善方法について、様々な角度から研究していきます。

  • 八木 行雄
キーワード
動物衛生、寄生虫、原虫、臨床病理
専門分野
家畜感染症、生化学
主な研究対象

イヌ、ネコ、ウシ、ブタ

主な研究課題
ペット飼育環境の衛生状態の改善
家畜飼育環境の衛生状態の改善
担当科目
動物微生物学、動物感染症学、動物公衆衛生学
学位
1989年3月 獣医学博士 (北里大学) 「ウシ小型ピロプラズマ病における貧血と赤血球膜の病態生理学的研究」
免許・資格
1977年 獣医師免許 
1983年 危険物取扱い主任者(乙種・4類)
卒業年月
1973年 4月 麻布獣医科大学入学
1977年 3月  麻布獣医科大学卒業
1977年 4月 麻布獣医科大学 修士課程入学
1979年 3月  麻布獣医科大学 修士課程終了
1989年 3月 獣医学博士号取得 (北里大学)
学歴・経歴
1979年 4月 農林水産省 家畜衛生試験場 研究員
1988年 4月 農林水産省 家畜衛生試験場 主任研究員
1991年 7月 農林水産省 海外農業研究センター 畜産草地部(併任・国際動物病研究所駐在) 主任研究員
1994年10月 農林水産省 家畜衛生試験場 北海道支場 研究室長
2004年 4月 (独)農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究所企画調整部研究企画科長
2006年 4月 (独)農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究所研究管理監
2010年 4月 (独)農業・食品産業技術総合研究機構 動物衛生研究所病態研究領域長
主な著書
  1. 専門基礎分野 動物微生物学・動物感染症学 全国動物保健看護系大学協会 カリキュラム検討委員会編 インターズー 第5章担当
  2. 専門基礎分野 動物公衆衛生学 全国動物保健看護系大学協会 カリキュラム検討委員会編 インターズー 第3、5章担当
主な論文
  1. 口蹄疫等の防疫用移動式レンダリング装置から排出される加熱破砕物の充填・運搬手法の検討. 田中康男、八木行雄、末吉益雄、勝田 賢、宮崎綾子、鈴木亨、池口厚男、會田紀雄、石田三佳、中久保亮、上村涼子、橋本仁康、弓削正昭、大崎慎人、犬丸茂樹、荻野暁史、山下恭広 家畜衛生学雑誌, 40,203-213(2015)
  2. 口蹄疫等の防疫における移動式レンダリング装置活用のための技術開発.八木行雄、末吉益雄、勝田 賢、宮崎綾子、鈴木 亨、田中康男、池口厚男、會田紀雄、石田三佳、中久保亮、上村涼子、橋本仁康、弓削正昭、大崎慎人、犬丸茂樹.家畜衛生学雑誌, 39, 157-164 (2013)
  3. 茨城県南部での調査による農場、畜舎への野生鳥獣類の侵入に影響する要因と侵入防止対策の評価. 百瀬 浩、吉田保志子、光永貴之、八木行雄. 家畜衛生学雑誌, 39, 73-83 (2013)
  4. Comparative genome analysis of three eukaryotic parasites with differing abilities to transform leukocytes reveals key mediators of Theileria-induced leukocyte transformation. Hayashida, K., Hara, Y., Abe, T., Yamasaki, C., Toyoda, A., Kosuge, T., Suzuki, Y., Sato, Y., Kawashima, S., Katayama, T., Wakaguri, H., Inoue, N., Homma, K., Tada-Umezaki, M., Yagi, Y., Fujii, Y., Habara, T., Kanehisa, M., Watanabe, H., Ito, K., Gojobori, T., Sugawara, H., Imanishi, T., Weir, W., Gardner, M., Pain, A., Shiels, B., Hattori, M., Nene, V., Sugimoto, C. Mbio, 3(5): e00204-12. doi: 10.1128/mBio.00204-12 (2012)
  5. ウシ小型ピロブラズマ(Theileria sergenti/orientalis)病による貧血の病態生理学.八木行雄、塩野浩紀、近山之雄.韓国牛病学会誌, 17, 59-67 (2012)
  6. Oral vaccination against mycoplasmal pneumonia of swine using a live Erysipelothrix rhusiopathinae vaccine strain as a vector. Ogawa, Y., Oishi, E., Muneta, Y., Sano, A., Hikono, H., Shibahara, T., Yagi, Y., Shimoji, Y. Vaccine, 27, 4543-4550 (2009)
  7. Effects of intramammary infusions of interleukin-8 on milk protein composition and induction of acute-phase protein in cows during mammary involution. Watanabe, A., Yagi, Y., Shiono, H., Yokomizo, Y., Inumaru, S. Canadian Journal of Veterinary Research, 72, 291-296 (2008)
  8. TNF-α mediates the development of anaemia in a murine Trypanosoma brucei rhodesiense infection, but not the anaemia associated with a murine Trypanosoma congolense infection. Naessens, J., Kitani, H., Nakamura, Y., Yagi, Y., Sekikawa, K., Iraqi, F. Clinical and Experimental Immunology, 139, 405-410 (2005)
  9. The secretion of acute phase proteins and inflammatory cytokines during Trypanosoma congolense infection is not affected by the absence of the TNF-alpha gene. Kitani, H., Yagi, Y., Naessens, J., Sekikawa, K., Iraqi, F. Acta Tropica, 92, 35-42 (2004)
  10. Transport stress increases somatic cell counts in milk, and enhances the migration capacity of peripheral blood neutrophils of dairy cows. Yagi, Y., Shiono, H., Chikayama, Y., Ohnuma, A., Nakamura, I., Yayou, K. Journal of Veterinary Medical Science, 66, 381-387 (2004)
  11. Accelerated binding of autoantibody to red blood cells with increasing anaemia in cattle experimentally infected with Theileria sergenti. Shiono, H., Yagi, Y., Kumar, A., Yamanaka, M., Chikayama,Y. Journal of Veterinary Medicine Series B, 51, 39-42 (2004)
  12. Cytokine and inducible nitric oxide synthase gene expression in peripheral blood mononuclear cells and related clinical characteristics in Theileria orientalis sergenti-infected calves. Yagi, Y., Ohnuma, A., Shiono, H., Chikayama, Y., Ito, T. Journal of Veterinary Medical Science, 65, 1355-1359 (2003)
  13. The influence of oxidative bursts of phagocytes on red blood cell oxidation in anemic cattle infected with Theileria sergenti. Shiono, H., Yagi, Y., Chikayama, Y., Miyazaki, S., Nakamura, I. Free Radical Research, 37, 1181-1189 (2003)
  14. Oxidative damage and phosphatidylserine expression of red blood cells in cattle experimentally infected with Theileria sergenti. Shiono, H., Yagi, Y., Chikayama, Y., Miyazaki, S., Nakamura, I. Parasitology Research, 89, 228-234 (2003)
  15. Increase in apoptotic polymorphonuclear neutrophils in peripheral blood after intramammary infusion of Escherichia coli lipopolysaccharide. Yagi, Y., Shiono, H., Shibahara, T., Chikayama, Y., Nakamura, I., Ohnuma, A. Veterinary Immunology and Immunophathology, 89, 115-125 (2002)
  16. Increase in oxidized proteins in Theileria sergenti-infected erythrocyte membrane. Yagi, Y., Thongnoon, P., Shiono, H., Chikayama, Y. Journal of Veterinary Medical Science, 64, 623-625 (2002)
  17. Acquired methemoglobinemia in anemic cattle infected with Theileria sergenti.  Shiono, H., Yagi, Y., Thongnoon, P., Kurabayashi, N., Chikayama, Y., Miyazaki, S., Nakamura, I. Veterinary Parasitology, 102, 45-51 (2001)
  18. Production of recombinant bovine lactoferrin N-lobe in insect cells and its antimicrobial activity. Nakamura, I., Watanabe, A., Tsunemitsu, H., Lee, N. Y., Shimazaki, K., Yagi, Y. Protein Expression and Purification, 21, 424-431 (2001)
  19. ジャガイモ(Solanum tubersosum)におけるウシラクトフェリンNローブの発現.中村一郎、松村 健、一町田紀子、塩野浩紀、八木行雄.獣医生化学, 38, 27-32 (2001)
  20. Effect of intramammary infusion of tumour necrosis factor-alpha on milk protein composition and induction of acute-phase protein in the lactating cow. Watanabe, A., Yagi, Y., Shiono, H., Yokomizo, Y. Journal of Veterinary Medicine Series B, 47, 653-662 (2000)
  21. Flow cytometry to evaluate Theileria sergenti parasitemia using the fluorescent nucleic acid stain, SYTO16. Yagi, Y., Shiono, H., Kurabayashi, N., Yoshihara, K., Chikayama, Y. Cytometry, 41, 223-225 (2000)
  22. A 32kDa surface antigen of Theileria parva: characterization and immunization studies. Skilton, R. A., Musoke, A. J., Wells, C. W., Yagi, Y., Nene, V., Spooner, P. R., Gachanja, J., Osaso, J., Bishop, R. P., Morzaria, S. P. Parasitology, 120, 553-564 (2000)
所属学会等
日本獣医学会
日本獣医師学会
日本家畜衛生学会
日本乳房炎研究会
日本家畜感染症学会
主な学会発表
01. 移動式レンダリング装置活用のための技術開発.勝田 賢、八木行雄、末吉益雄、宮崎綾子、鈴木 亨、田中康男、他.平成25年度日本獣医師会獣医学術学会年次大会(千葉)講演要旨集, p336 (2014) 
02. Methemoglobinemia and Heinz body formation in anemic cattle experimentally infected with Theileria orientalis. Shiono, H., Yagi, Y., Shibahara, T., Watanabe, A., Takahashi, Y., Chikayama,Y. 第17回国際フリーラジカル会議講演要旨集(京都), p 54 (2014) 
03. 北海道における家畜骨中90Sr濃度のモニタリング.宮本 亨、近山之雄、渡部 淳、髙橋雄治、塩野浩紀、八木行雄.第73回日本獣医史学会講演要旨集, p10 (2011) 
04. 小型ピロプラズマ病の貧血発生時には赤血球にHeinz小体が生成する.塩野浩紀、八木行雄、芝原友幸、渡部 淳、髙橋雄治、近山之雄.第141回日本獣医学会学術集会講演要旨集, p254 (2006) 
05. 乳房の糞尿汚染後の乳汁中白血球機能、体細胞数、生菌数の経日変化およびそれらの相関. 中村正斗、森岡理紀、中島恵一、矢用健一、伊藤秀一、塩野浩紀、八木行雄.第10回日本乳房炎研究会講演要旨集, p3 (2005) 
06. 牛接着細胞培養系で継代増殖させたTheileria orientalis原虫の性状.児玉 道、水無瀬香織、津田明子、川本 哲、尾上貞雄、田口雅持、八木之雄、塩野浩紀、久保正法、荻原喜久美、森田光夫、印牧美佐生、大橋和彦、小沼 操.第138回日本獣医学会学術集会講演要旨集, p72 (2004) 
07. Flow cytometric detection of drug resistant Theileria orientalis and in-vitro evaluation of primaquine efficiency on parasite. Ashok Kumar、八木行雄、塩野浩紀、山中麻紀子、近山之雄.第138回日本獣医学会学術集会講演要旨集, p153 (2004) 
08. 乳房の糞尿汚染後の乳汁中白血球機能、体細胞数、生菌数および化学発光能の変化.中村正斗、森岡理紀、矢用健一、伊藤秀一、塩野浩紀、八木行雄.第9回日本乳房炎研究会講演要旨集, p3 (2004) 
09. Detection of primaquine resistant Theileria sergenti parasites by flow cytometry and some biochemical properties of the parasites. Yagi,Y., Ohnuma, A., Yamanaka, M., Shiono, H., Chikayama, Y., Kumar, A. 第19回世界獣医寄生虫学会講演要旨集(ニューオリンズ), p201 (2003) 
10. Enhanced oxidation and phosphatidylserine expression levels in the red blood cells of cattle infected with Theileria sergenti. Shiono, H., Yagi,Y., Chikayama, Y., Nakamura, I. XI Biennial Meeting of the Society for Free Radical Research International, p479-482 (2003) 
11. 乳牛の泌乳期および乾乳開始時におけるウシ組換え体インターロイキン-8の乳槽内投与が乳タンパク質組成に及ぼす影響.渡部 淳、塩野浩紀、八木行雄、横溝祐一.第8回日本乳房研究会学術集会講演要旨集, p12 (2003) 
12. 小型ピロプラズマ病では貧血発生時に赤血球への自己抗体付着が増加する.塩野浩紀、八木行雄、山中麻起子、Ashok Kumar、近山之雄.第136回日本獣医学会学術集会講演要旨集, p213 (2003) 
13. Sandwich ELISAを用いた牛IL-8測定法の開発.八木行雄、近山之雄、大沼愛子、山中麻起子、塩野浩紀、横溝佑一.第135回日本獣医学会学術集会講演要旨集, p178 (2003) 
14. パマキン耐性小型ピロプラズマ原虫では抗酸化系酵素が亢進している.山中麻起子、八木行雄、塩野浩紀、Ashok Kumar、近山之雄.第135回日本獣医学会学術集会講演要旨集, p182 (2003) 
15. ストレッサー負荷および大腸菌感染実験による乳汁白血球食菌能の変化.矢用健一、岡田洋之、伊藤秀一、八木行雄、塩野浩紀、中村正斗、吉野知男.日本畜産学会第101回大会講演要旨集, p213 (2003) 
16. Oxidation and phosphatidylserine expression of erythrocytes in anemic cattle infected with Theileria sergenti. Shiono, H., Yagi, Y., Chikayama,Y. Nakamura, I. 第17回国際フリーラジカル会議講演要旨集(パリ), p181-182 (2002) 
17. ファーウエスタンブロット法によるPrototheca zopfiiのラクトフェリン結合蛋白の検出.中村一郎、季 乃元、塩野浩紀、八木行雄、島崎敬一、河合一洋.日本農芸化学会北海道支部春季合同学術講演会およびシンポジウム講演要旨, A-11 (2002) 
18. Prototheca zopfiiに対するラクトフェリンの生育阻害作用.中村一郎、塩野浩紀、八木行雄、島崎敬一、河合一洋.第7回乳房炎研究会講演要旨集, p23 (2002) 
19. 乳牛の第四胃変位におけるNOとアルギニン濃度との関連.荻原精一、丸山芳文、翁長武紀、小岩政照、吉野知男、八木行雄、岡田洋之.第134回日本獣医学会学術集会講演要旨集, p208 (2002) 
20. 搾乳前後における乳汁中白血球貪食能の変化.矢用健一、八木行雄、塩野浩紀、伊藤秀一、佐藤義和、中村正斗.日本畜産学会第100回大会講演要旨集, p191 (2002) 
21. ジャガイモ(Solanum tubersosum)におけるウシラクトフェリンNローブの発現.中村一郎、松村 健、塩野浩紀、八木行雄.第133回日本獣医学会学術集会講演要旨集, p173 (2002)
22. 乳牛のストレス負荷が乳汁体細胞数に及ぼす影響:白血球機能を中心として.八木行雄、塩野浩紀、近山之雄、大沼愛子、中村一郎、渡部 淳、矢用健一、中村正斗.第6回乳房炎研究会Proceedings, p29-33 (2002) 
23. 小型ピロプラズマ病の貧血機構における酸化ストレスの関与について.塩野浩紀、八木行雄、近山之雄、中村一郎.第132回日本獣医学会学術集会講演要旨集, p82 (2001) 
24. ソラマメ(Vicia fava)を宿主とする植物ウイルス系を用いたウシラクトフェリンNローブの発現.中村一郎、八木橋悠、塩野浩紀、上田一郎、八木行雄.第132回日本獣医学会学術集会講演要旨集, p141 (2001) 
25. 乳牛の輸送ストレス負荷による乳成分及び乳蛋白成分の変化とその成因(講演要旨)八木行雄、近山之雄、塩野浩紀、渡部 淳、大沼愛子、中村一郎、矢用健一、中村正斗.第132回日本獣医学会学術集会講演要旨集, p204 (2001) 
26. 乳牛の輸送ストレス負荷による乳汁体細胞数の増加とその成因:白血球機能を中心として.八木行雄、塩野浩紀、近山之雄、大沼愛子、中村一郎.第132回日本獣医学会学術集会講演要旨集, p204 (2001) 
27. 植物におけるウシラクトフェリンの発現.八木行雄、中村一郎、上田一郎、松村 健.第4回北海道バイテク研究交流会, (2001) 
28. Expression of recombinant bovine lactoferrin and its N-lobe in insect cells. Nakamura, I., Tanaka, T., Kumura, H., Shiono, H., Shimazaki, K., Yagi, Y. 第5回国際ラクトフェリン会議(札幌), 45 (2001)
29. Production of recombinant bovine lactoferrin N-lobe in Vicia faba (Faba bean). Nakamura, I., Yagihashi, H., Ueda, S., Tanaka, T., Kumura, H., Shiono, H., Shimazaki, K., Yagi, Y., Uyeda, I. 第5回国際ラクトフェリン会議(札幌), (2001)


このページの先頭へ戻る