スマートフォン版はこちらをクリックしてください


アニマルサイエンス学科

<千住キャンパス>動物福祉学に関する国際シンポジウム「動物福祉とは何か」 を開催します!

2015-09-07

アニマルサイエンス学科は、9月20日(日)に、動物福祉学に関する国際シンポジウム「動物福祉とは何か」を開催します。

動物福祉学を専門とする国内外の大学教員による講演、パネル&フロアディスカッションを通じて、「動物福祉とは何か」ということを徹底的に議論します。

 

動物の取り扱いをめぐる問題は、ニュースでもたびたび取り上げられます。そのようななか、「動物福祉」という言葉がよく使われるようになり、獣医学や動物看護学の分野でも、専門家養成のための統一教育カリキュラムに「動物福祉学」という科目が創設されました。動物福祉の重要性は、国際的にも増しているとされますが、私たちは動物福祉という概念について、共通の理解をもっているのでしょうか。「動物愛護」とは何が違うのでしょうか。

本シンポジウムでは、英国からのゲストスピーカーを迎え、動物福祉の概念や実践について、ヨーロッパおよび英国の事情を中心にお話しいただき、世界と日本の事情をふまえて考えます。関心をおもちの皆様のご参加をお待ちしています。

 

日時  :2015年9月20日(日) 13:30~17:00 (受付開始 13:00)

 

場所 :帝京科学大学 千住キャンパス 本館 1311教室

 

内容: (逐次通訳あり)

講演1 ナタリー・ワラン(エジンバラ大学獣医学部国際動物福祉教育センター教授)

講演2 佐藤 衆介(本学生命環境学部アニマルサイエンス学科教授)

 

ーパネルディスカッションー

・フリダ・ラングフォード(スコットランド農科大学講師,エジンバラ大学獣医学部国際動物福祉・倫理・法に関する大学院プログラムディレクター)

・田中亜紀 (カリフォルニア大学デイビス校獣医学部シェルター・メディシン・プログラム研究員,日本獣医生命科学大学非常勤講師)

・山口千津子 (日本動物福祉協会特別顧問)  

・加隈良枝 (本学生命環境学部アニマルサイエンス学科准教授)

 

ーフロアディスカッションー

 

参加費:無料

どなたでもご参加いただけます(事前申込み不要)

 

  問い合わせ先:アニマルサイエンス学科 加隈良枝

animallovefesta.teika@gmail.com

 

チラシはこちら

 

※同日にアニマルラブフェスタ2015in TEIKAを開催しています。ぜひご参加ください。


このページの先頭へ戻る