スマートフォン版はこちらをクリックしてください


ニュース

更生保護施設でアニマルセラピー活動を行いました。

2016-11-04

帝京科学大学では地域の高齢者施設や小学校などでアニマルセラピー活動(動物介在活動(教育))を行なっています。
今年度は新たに千住キャンパス近くにある更生保護施設 清和会を対象にアニマルセラピー活動がスタートしました。
今週は清和会の寮生の方1名を対象に近所の公園を犬と一時間ほどかけて散歩してきました。


以下、清和会さんのコメント
「飼い主同士で簡単にコミュニケーションが取れるので、将来、寮生が自立した時に自分の愛犬がいれば、地域の人々と交流し、地域に溶け込むいいキッカケになると思いました。寮生にとって施設を出た後の孤立問題はかなり深刻です。それを未然に防ぐ為にも、あらためてアニマルセラピーの可能性を感じた次第です。」

 

 

 

 


このページの先頭へ戻る