スマートフォン版はこちらをクリックしてください


地域連携推進センター

帝京科学大学ワークショップ「蝶々のひみつ」を開催しました

2016-08-03

7月30日(土)、あだちの大学リレーイベント企画第8弾!「帝京科学大学ワークショップ「蝶々のひみつ」」を開催しました。

「あだちの大学リレーイベント」とは、足立区内の5つの大学が連携して各大学の特色を生かしたイベントをリレー形式で実施することで、「大学が持つ知の還元」、「大学と地域とのつながりの創出」、「地域への大学のPR」を図ることを目的とした催しです。

今回は本学が担当し、足立区内の小学5,6年生とその保護者合わせて60名弱の方々を対象に本学こども学部 学校教育学科 講師 江田 慧子(こうだ けいこ)先生の指導の下、ワークショップ形式で実施しました。

ワークショップを通じて蝶々の生態を学ぶことにより、蝶々について意識してもらい生物多様性や絶滅危惧種の保全の精神を養成することを目的に、対象の方々に蝶々の翅(はね)を入れたレジンストラップ作りに挑戦してもらいました。(レジンとは、今注目の簡単にオリジナルアクセサリーがつくれる紫外線硬化樹脂のことです。)

ワークショップでは、フレームの中にレジン液を流し込みUVライトで固めて下地を作っている間に、蝶々の名前を図鑑(プリント)を用いて調べてもらいました。下地ができた後に蝶々の翅を入れ、好みに合わせて、ラメやパウダー、転写シートなど飾り付けをして、再度UVライトで固めてレジンストラップを作ってもらいました。

レジンストラップ作りを通して、参加した親子にとって夏休みのいい思い出になりました。

レジンストラップ制作に使用した器具   蝶々の生態について解説する    図鑑を用いて蝶々の名前を見つけて

(UVライト・図鑑、キムワイプ等)        江田先生              もらいました

  蝶々の種類について解説する      フレームにレジンを投入      江田先生の指導の下、レジン
       江田先生           してもらいました      ストラップを制作してもらいました 

  作ったレジンストラップを     レジンストラップが無事完成して、    完成したレジンストラップ 
    見せてもらいました        親子で満足いただけました


このページの先頭へ戻る