スマートフォン版はこちらをクリックしてください


看護学科

基礎看護技術Ⅲ 「採血」演習

2016-11-30

今回の基礎看護技術Ⅲの演習では、採血モデルの機器を用いた「採血」を実施しました。
本物の針や注射器、採血用スピッツを使用して演習を行いました。
採血の演習は感染に留意しつつ、患者さんに与える痛みを最小限にする必要があります。

 

P1050194.JPG

教員から必要物品の説明と注意事項のを指導を受けました。

 

P1050231.JPG

血管の位置を参考書と模型を用いて確認しました。

 

P1050213.JPG

学生同士で血管の位置、駆血したときの感覚を確認し、どのように実施するほうが患者さんに負担が少ないかを話し合いました。

 

P1050252.JPG

無事に採血することができましたが、たくさんの人に見られながら実施するのはとても緊張しました。

 

今回の演習では、採血する際の手順や感染防止の手技、患者さんへの配慮など同時に行わないといけないことが分かりました。
これを毎日実施している看護師さんはすごいと思いました。
私たちも、患者さんにかかる負担が少ない採血の手技を身に付けたいと思いました。

 

 

 


このページの先頭へ戻る