スマートフォン版はこちらをクリックしてください


自然環境学科

多摩森林科学園にて大気野外実習を行いました

2017-01-04

2016年12月8日、9日に、多摩森林科学園(東京都八王子市)にて自然環境学科(上野原キャンパス)大気野外実習を行いました。

実習では、二酸化炭素、温度、湿度、風速、日射を計測する観測器具を園内に設置し、二酸化炭素濃度が気象条件により、どのように変化しているか、考察しました。

 

2日目には園内の自然観察を行いました。天候にも恵まれ、よい実習を行うことができました。

 

 2016jisshu_uenohara_2.JPG青空の下で実習の授業です。天気も良く気持ちがよいですね。

 

 2016jisshu_uenohara_3.JPG観測器具を設置しています。日射計の水平はうまくとれましたでしょうか?

 

 2016jisshu_uenohara_4.JPG広場での観測器具の設置です。まわりのぼこぼことした穴はイノシシによるものだとか。

 

 2016jisshu_uenohara_5.JPGきれいに観測器具を設置できました。まわりの紅葉したもみじがきれいです。

 


このページの先頭へ戻る