入試・入学案内

出張講義(作業療法学科)

講義一覧

※講師の紹介は、本学ホームページwww.ntu.ac.jpの教員一覧のページでご覧下さい。

前期:4月1日~9月21日
 後期:9月22日~3月31日

講義名講師名講義内容出張講義可能日
感覚統合理論の基礎 石井 孝弘 人の発達は脳の発達といえます。脳が発達するために必要な感覚刺激とその発達的な意味についてお話します。 要調整
感覚統合理論の応用 石井 孝弘 発達障害といわれるお子さんたちにとって遊びを通して行う感覚統合療法はアメリカで作業療法士を中心に行われています。その基本的な考え方、方法についてお話します。 要調整
子どもの遊びと発達 石井 孝弘 子どもたちは遊びが仕事といわれています。その遊びがどのように子どもたちの発達に影響しているのかをわかりやすく説明します。 要調整
動物介在療法 石井 孝弘 犬などのペットがいることで癒されることはしばしば経験することです。動物と人との関係についてお話します。さらに治療的な効果について分かりやすくお話します。 要調整
乗馬療法 石井 孝弘 アメリカ、オーストラリア、ドイツ、イギリスなどでは乗馬療法は治療の一環としてとらえられています。日本でも近年その効果について議論されています。医学的な根拠なども含めてお話します。 要調整
赤ちゃんの発達を促す遊び 石井 孝弘 赤ちゃんの成長発達に欠かせない家族、お母さんとの関わり、赤ちゃんと遊ぶ時の注意や赤ちゃんの成長発達を促す遊びについてお話します。 要調整
薬物依存について 鈴木 幹夫 特に若者が陥りやすい薬物の危険について、具体的な症例を交えて解説します。 水曜日・午前
過激なダイエットにご用心 鈴木 幹夫 若い女性が陥りやすい過激なダイエットの危険について、症例を交えて解説します。 水曜日・午前
生理学一般 本間 信生 ヒトの体はさまざまな細胞や臓器からできています。この体の働きを解りやすくお話しします。 水曜日(午後)
人を元気にする作業療法士の仕事について 大関健一郎 野球部、テニス部、卓球部、将棋・囲碁部、茶道部、書道部、手芸部、美術部等のみなさん、自分の趣味や特技を生かして、心身に障害を持っている人に元気を与える仕事についてお話します。 火曜日
生活とリハビリテーション 舩山 朋子 普段何気なく送っている日常生活を、リハビリテーションの視点から考えるとどう見えるのか、説明します。 火曜日
日常生活に活かす身体操作法 長谷川辰男 日常生活の動作を運動学的視点をもとに、実際に実技を交えて解説します。 月曜日
火曜日
生活の中のリハビリテーションと福祉機器 竹嶋 理恵 障害を持つ人や高齢者が、住み慣れた地域で充実した生活をおくるために、作業療法士が行う支援について事例を交えて紹介します。 月曜日(後期)
人を元気にするコミュニケーション 小橋 一雄 スポーツ、ビジネス、医療など様々な業界で、「相手の自発的な行動を促すコミュニケーション技術」として用いられる"コーチング"について紹介し、このコミュニケーションの持つ成果についてお話します。 火曜日(前期)
月曜日(後期)
認知症と脳のリハビリテーション 小橋 一雄 脳の機能から、認知症という病気を考え、脳を活性化する方法などについて紹介します。 火曜日(前期)
月曜日(後期)
認知症と生活 小橋 一雄 認知症という病気によって、生活がどのように変化して、どのような体験をするのかについてお話します。 火曜日(前期)
月曜日(後期)
健康的な生活を獲得しよう! 小橋 一雄 生活への向き合い方が、人の健康に影響することを学び、自分らしい生活への見直しを体験します。 火曜日(前期)
月曜日(後期)
手工芸がもたらす治療効果 黒川 喬介 実際に授業で学生が行っている作業種目を行い、どのような治療効果があるかを体験を通してご説明します。 月曜日・
火曜日(前期)
認知症治療病院での作業療法士の仕事 黒川 喬介 認知症専門病院で作業療法士が認知症の患者様にどのようなアプローチをしているかを、実際の映像を見ながら説明します。 月曜日・
火曜日(前期)
自分の生活を作業療法で見つめてみよう 澤田 有希 みなさんが毎日の生活で行っている食事やスポーツなどは、自分にとってどんな意味がある作業(活動)なのでしょうか?一緒に考えてみましょう。 金曜日
住宅や街中のバリアフリー 澤田 有希 住宅や街中で手すりなどのバリアフリー環境をよく見かけるようになりました。作業療法士が行うバリアフリーの支援についてお話します。 金曜日
TOP