TEIKAジャーナル

【看護学科】公衆衛生看護方法論Ⅰ 新生児訪問指導

2021/02/12

今回の公衆衛生看護方法論Ⅰでは、新生児訪問指導と母子健康手帳の交付に関する演習をを行いました。
「地域で生まれた子どもが健やかに育つために必要な親子への看護支援を理解する」を目的としています。
演習の中でお母さんの育児に対する不安を聞く必要があることを学びました。
新型コロナウイルスの影響がある中、話す必要がある場合はマスクとフェイスガードを使用し、感染に留意しながら演習を実施しました。
TOP