教員一覧

教員詳細

吉賀 成子 (よしが しげこ)

吉賀 成子

役職:教授

主な研究と活動

介護福祉士は、1987年に国家資格として法制化された新しい職種です。高齢化の進む我が国において、今やなくてはならない存在となっていますが、その専門性はまだ確立しているとは言い難い状況にあります。介護福祉の専門性をテーマとして介護過程に焦点をあて、科学的根拠に基づく介護のあり方、生活支援のあり方を探求しています。

専門分野 介護福祉学、高齢者福祉
卒業年月
  • 昭和53年3月 九州大学医療技術短期大学部看護学科卒業
  • 平成13年3月 大正大学大学院文学研究科修士課程修了
学歴・経歴
  • 昭和53年4月-昭和58年3月 九州大学附属病院心療内科、第1内科看護師
  • 平成3年4月 山口福祉専門学校 専任教員
  • 平成6年4月 九州女子短期大学養護教育科 講師
  • 平成11年4月 東京家政学院大学人文学部人間福祉学科 講師
  • 平成26年4月 帝京科学大学 医療科学部医療福祉学科 准教授
主な著書
  • 三浦文夫編著:社会福祉エッセンス.自由国民社,2005年(共著)
  • 糸沢克枝・佐々木美奈子・本名靖編著:介護福祉選書15「新版介護技術」.建帛社,2005年. (共著)
  • ヘルスケア総合政策研究所企画・制作:2005年度版介護経営白書 経営の質、サービスの質を問い直す.日本医療企画,2005年. (共著)
  • 黒澤貞夫・峯尾武巳編著:介護福祉士養成テキスト12「介護過程の展開」.建帛社,2008年. (共著)
  • 黒澤貞夫編著:ICFを取り入れた介護過程の展開.建帛社,2007年. (共著)
  • 橋本泰子編著:困ったときのQ&A 介護保険サービス百科.医歯薬出版,2008年. (共著)
  • 高橋幸三郎・木本明・島田芳男監修:社会福祉士テキストブック共通科目ダイジェスト版.ミネルヴァ書房,2010年. (共著)
  • 吉賀成子監修:MINERVA福祉資格テキスト介護福祉士「人間と社会編」.ミネルヴァ書房,2012年. (共著)
  • 石井良享子監修:MINERVA福祉資格テキスト介護福祉士「人間と社会編」.ミネルヴァ書房,2012年. (共著)
  • 初任者研修テキストブック編集委員会編:介護職員初任者研修.」.ミネルヴァ書房,2013年. (共著)
  • 柊崎京子・荏原順子編著:医療的ケア. 建帛社,2008年. (共著)
  • 柊崎京子監修:楽しく学ぶ介護過程(改訂第3版). 久美出版,2016年.(共著)
  • 加藤洋子・工藤隆治・村上須賀子編著:現代社会と福祉. ふくろう出版,2016年.(共著)
主な論文
  • 吉賀成子:高齢化社会における介護福祉士の現状と将来.九州女子大学紀要第31巻,41-52,1995.
  • 吉賀成子・中山文夫:高齢化社会における老人介護サービスの地域格差とその背景.九州女子大学紀要第33巻2号,p37-48,1996.
  • 吉賀成子・中山文夫:特別養護老人ホームにおける生活の質(QOL)の評価.九州女子大学紀要第35巻4号,1-11,1999.
  • 池上美矢子・吉賀成子他:介護過程の教育方法を探る-教育方法の検討に必要な視点-介護福祉教育,第9巻1号,91-94,2003.
  • 吉賀成子:介護老人福祉施設における施設サービス計画作成のための基礎研究,東京家政学院大学紀要第43号,93-105,2003.
  • 高橋幸三郎・吉賀成子:障害者家族の生活困難に関する研究,東京家政学院大学紀要第43号,93-105,2004.
  • 新井幸恵・吉賀成子他:介護過程の教育方法を探る(第4報)-介護実習における「利用者の願いや希望をくみ取る力」の検証-介護福祉教育第12巻第1号,44‐48,2006.
  • 木本明・吉賀成子他:人間福祉学科実習アンケートの実施から得られた実習のあり方に関する考察-すべては利用者のために-.東京家政学院大学紀要 第46号, 93‐105,2006. 
  • 高橋孝三郎、吉賀成子、朝倉和子:都市社会における相互支援ネットワーク形成過程の研究の動向.東京家政学院大学紀要 第46号,107‐118,2006.
  • 吉賀成子:介護の質を向上させるための基本的な課題-A特別養護老人ホームの苦情への対応から見えてくるもの-.橋本泰子教授退任記念論文集「しなやかに、凛として-いま、『福祉の専門職』に伝えたいこと」.中央法規出版,324-339.2008.
  • 平野祥子・吉賀成子:子どもの最善の利益を確保する就学時健康診断のあり方-スクールソーシャルワーカーによる学校問題への介入の試み-.東京家政学院大学紀要 第53号,1-8,2013.
  • 宮本佳子・楠永敏恵・吉賀成子他:書学習段階における「介護実習記録」を課題とするルーブリック評価の試作と活用.帝京科学大学紀要No.13,2017.
  • 柊崎京子・松永美輝恵・吉賀成子他:介護実習の実習目標達成を支援するための取り組みと課題-「実習課題ルーブリック」の作成と活用結果から-.介護福祉学25(1),1-10,2018.
所属学会等
  • 日本介護福祉学会会員
  • 日本社会福祉学会会員
  • 日本看護科学学会会員
  • 日本介護福祉教育学会会員
  • 日本認知症ケア学会会員
  • 日本ケアマネジメント学会会員
主な学会発表
  • 「介護福祉士の社会的認知と問題点 -福祉専門学校卒業生の就労実態調査から-」第2回日本介護福祉学会
  • 「在宅介護支援体制の動向 -高齢者相談窓口の実態から-」第3回日本介護福祉学会
  • 「介護過程の教育方法を探る(その1)-教育方法の検討に必要な視点-」第9回日本介護福祉教育学会
  • 「『介護過程』の教育方法を探る(その2)-学生がもてる力を発揮するために-」第9回日本介護福祉教育学会
  • 「「精神障害者の介護』教育方法に関する一考察(第二報)」第10回日本介護福祉教育学会
  • 「介護過程の教育方法を探る(その3)-学生が利用者の願いや希望をくみ取る力をつける授業への取り組み-」第11回日本介護福祉教育学会
  • 「『介護過程』の教育方法を探る(その4)-介護実習における「利用者の願いや希望をくみ取る力」の検証-第12回日本介護福祉教育学会
  • 「『介護過程』の教育方法を探る(その5)」第13回日本介護福祉教育学会
  • 「『介護過程』の教育方法を探る(その6)」第13回日本介護福祉教育学会
  • 「『介護過程』の教育方法を探る(その7)-利用者理解のための情報収集用紙の検証-」第14回日本介護福祉教育学会
  • 「介護過程の展開-ICFをとり入れたアセスメントの視点-」第14回日本介護福祉教育学会
  • 「知的障害者・自閉的な傾向がある子供の母親の主観的困難(たいへんさ)と当事者による対処戦略に関する質的研究Ⅱ:学齢期を中心に」日本社会福祉学会第54回全国大会
  • 「知的障害児の母親の主観的困難(たいへんさ)と当事者による対処戦略に関する研究Ⅲ」日本社会福祉学会第55回全国大会
  • 「介護における関係性-介護過程の構成要素と関係性の視点-」第15回日本介護福祉学会
  • 「『介護過程』の教育方法を探る(その8)~利用者を統合的に理解するためのアセスメントシートの作成~」第15回日本介護福祉学会
  • 「『介護過程』の教育方法を探る(その9)~「相手の立場になって考える」授業案の作成と実施~」第16回日本介護福祉学会
  • 「障害児の母親のエンパワメント過程に関する実証的研究」日本社会福祉学会第56回全国大会
  • 「障害児の母親のエンパワメント過程における実証的研究-オープンにし理解してもらう行動についての親の会活動について」日本社会福祉学会第57回全国大会
TOP