教員一覧

教員詳細

竹内 仁

竹内 仁

役職:学科長・特任教授・情報学修士

主な研究と活動

1. 顎関節疾患における咀嚼運動とバイオメカニズムの研究
2. 地域医療現場における柔道整復師の役割
3. 小児骨折の整復法、固定法研究

キーワード 徒手整復、無血寮法、固定法、地域医療
専門分野 整復実技、固定法、顎関節疾患、社会医学
学位
  • 2012年 情報学修士
卒業年月
  • 1973年 近畿大学卒業
  • 1975年 日本柔道整復専門学校卒業 
  • 2012年 帝京平成大学大学院情報学研究科修了
学歴・経歴
  • 1975年 4月 池田外科病院臨床研修
  • 2002年 4月 北豊島学園北豊島医療専門学校 兼任教員
  • 2007年 4月 関東柔道整復専門学校学科長
  • 2008年 3月 同校教育部長
  • 2008年 4月 琉球リハビリテーション学院柔道整復学科学科長
  • 2010年 4月 帝京科学大学医療科学部柔道整復学科准教授
  • 2010年 10月 帝京平成大学大学院情報学研究科在学中
主な論文
  • 上腕骨顆上骨折整復と固定(1980年)
  • モンテギア骨折保存療法(1989年)
  • 業界の現状と将来(1994年)
  • 遅発性ジスキネジアを伴う習慣性顎関節脱臼の一症例(2002年)
  • 顎関節症における装具固定の有効性に関する研究(2012年)
  • 膝関節ロッキングの原因疾患と整復について(2013年)
  • 顎関節痛と機能障害を有する接骨院受診者の臨床症状と心理傾向(2013年)
  • 急性期腰痛患者と亜急性期患者の身体所見と心理傾向について(2015年)
  • 膝関節Lockingの原因疾患と徒手整復について(2016年)
  • Effects of different taping pressures on the range of dorsal and palmar flexion of the wrist while wrist-taping using elastic tape(邦題:伸縮性テープによる手関節テーピングの異なるテープ圧が手関節背屈および掌屈可動域に及ぼす影響)(2017年)
所属学会等
  • 日本社会医学会
  • 日本柔道整復接骨医学会
  • 日本スポーツ整復療法学会
その他の活動
  • (社)東京都柔道接骨師会評議員(1997~2006年迄)
  • 国民健康保険団体連合会 公的審査委員(1997~2006年迄)
  • 武蔵野接骨師会会長(1999~2006年迄)
  • 三鷹市接骨師会会長(2002~2006年迄)
  • 三鷹市介護認定審査委員(1999~2001年迄)
  • 中学校一級、高等学校二級教員
  • 講道館柔道五段
  • 柔道整復認定実技審査員(2004~現在に至る)
TOP