教員一覧

教員詳細

伊藤 久美 (いとう くみ)

伊藤 久美

役職:小児看護学教授  博士(看護学)

主な研究と活動

1. 子どものEnd-of-Life Careに関する研究
死を余儀なくされる子どもがいるという現実、自分の子どもの命が尽きるという現実に混乱する家族、その子どもや家族に必死に向き合う医療者など、子どものEnd-of-Life に関わることや亡くなった後のサポートに関すること
2. 小児がんを経験した子ども達やその家族、小児がん治療中の家族へのサポートなど(「経験者の会」「家族会」)

専門分野 小児看護学
研究室番号 3号館 34-01
学位
  • 2001年3月日本赤十字看護大学大学院修士課程看護研究科小児看護専攻修了
  • 2016年3月首都大学東京人間健康科学研究科博士後期課程小児看護領域修了
学歴・経歴
  • 1981年4月~2016年3月昭和大学病院、昭和大学藤が丘病院・リハビリテーション病院、昭和大学江東豊洲病院、昭和大学横浜市北部病院のこどもセンターで勤務(2003年~師長  4年間成人・老年病棟勤務)  
  • 1993年4月~2003年3月昭和大学医学部附属看護専門学校(小児看護学)勤務(1998年~副教育主任)
  • 2012年8月首都大学東京教育改革推進事業「大学院生の国際共同研究 恒常化プログラム」英国短期留学
  • 2014年~2017年3月 昭和大学保健医療学部看護学科小児看護学講師(臨床教員:師長兼任)
  • 2017年4月帝京科学大学医療科学部看護学科 
主な著書
  • 筒井真優美監修:小児看護学-子どもと家族の示す行動への判断とケア-「発達段階・種類・各期別入院中の看護」担当, 177-187, 日総研出版, 2003
  • 筒井真優美編:小児看護における技-子どもと家族の最善の利益は守られていますか-「他児の退院を何度も経験する幼児へのかかわり」を担当, 103-117, 南江堂出版, 2003
  • 筒井真優美監修:小児看護学-子どもと家族の示す行動への判断とケア-第5版「終末期にある子どもと家族への看護」「痛みを表現している子どもと家族への看護」を担当, 308-302, 日総研出版, 2007
  • 筒井真優美編集:小児看護学実習ガイド「コミュニケーション」「浮腫」担当, 2-7・220-225, 照林社出版, 2007
  • 及川郁子・田代弘子編:病気の子どもへのプリパレーション「長期安静臥床を強いられる子どもの遊び」を担当, 156-159, 中央法規出版, 2007
  • 筒井真優美監修:臨床で役に立つ小児看護技術(DVD)、「子どもの穿刺と看護技術」担当, 京都科学, 2007
主な論文
  • 伊藤久美 他児の退院を繰り返し体験している幼児後期の子どもの反応, 日本赤十字看護大学修士論文,1~115, 2000
  • 江本リナ・飯村直子・伊藤久美他,看護系大学における小児看護学実習の準備と実際,日本小児看護学会誌,10(1),59-63,2001
  • 飯村直子・伊藤久美・江本リナ他,看護系大学における小児看護学実習の概要,日本小児看護学会誌,10(2),16-21,2001
  • 伊藤久美・飯村直子・江本リナ他,看護系大学における小児看護学実習の実態-安全対策・教員の負担や困難・実習評価について-,日本看護学教育学会誌,10(4),11-18,2001
  • 伊藤久美・阿部さとみ・込山洋美他,看護系大学の小児看護学実習受け入れ施設における倫理的配慮,日本小児看護学会誌,11(2),7-12,2002
  • 阿部さとみ・込山洋美・渡部真奈美・長田暁子・飯村直子・伊藤久美,看護系大学における小児看護学実習に関する臨床実習指導者の認識と課題,小児看護,25(4),522-528,2002
  • 中林雅子・栗林浩子・西田志穂・込山洋美・江本リナ・伊藤久美他,小児看護学実習モデル-実習準備としての演習モデル-,Quality Nursing,8(9),71-77,2002
  • 栗林浩子・西田志穂・込山洋美・江本リナ・中林雅子・伊藤久美他,小児看護学実習モデル-大学と臨床との連携のあり方-,Quality Nursing,8(10),67-72,2002
  • 西田志穂・栗林浩子・込山洋美・江本リナ・中林雅子・伊藤久美他,小児看護学実習モデル-実習の実際-,Quality Nursing,8(11),69-77,2002
  • 伊藤久美・遠藤実・海老原理絵他,小児がんを体験した子どもが語る『自分の病名を知りたい』と思うとき,日本小児看護学会誌,19(1),43-49,2010
  • 伊藤久美・大内暁子・深谷基裕他,ペルテス病の子どもへ『見通しのつく説明』をおこなうことによる医療者の変化,日本小児看護学会誌,20(2),18-24,2011
所属学会等
  • 日本小児看護学学会   
  • 日本看護科学学会
  • 日本赤十字看護学会
その他の活動
  • 2006年~ 日本小児看護学会査読委員
  • 小児がんの子どもの「家族会」と「経験者の会」ボランティア
TOP