教員一覧

教員詳細

山本 耕太 (やまもと こうた)

山本 耕太

役職:助教

主な研究と活動

1. 多自由度な運動課題の学習・適応ダイナミクスの解明
2. 動きの個性の多様性に富んだ運動学習過程の地図を描く
3. 人と環境と課題の制約間相互作用に基づく学習の促進

キーワード 運動学習、運動制御、力学系アプローチ、非線形力学、スポーツ心理学、生態心理学
専門分野 スポーツ心理学、運動学習、運動制御
主な研究対象

人(初心者から熟練者まで)

主な研究課題
  • 多自由度な運動課題の学習・適応ダイナミクスの解明
  • 動きの個性の多様性に富んだ運動学習過程の地図を描く
  • 人と環境と課題の制約間相互作用に基づく学習の促進
担当科目 体育心理学、運動心理学、屋外球技、運動指導演習3、保健体育科教育法Ⅲ、卒業研究Ⅰ、卒業研究Ⅱ
学位
  • 2019年 2月 博士(学術)(東京大学)
免許・資格
  • 中学校教諭専修免許状(保健体育)
  • 高校教諭専修免許状(保健体育)
卒業年月
  • 2011年 3月 愛知教育大学 中等教育教員養成課程 保健体育専攻 卒業
  • 2013年 3月 愛知教育大学大学院 教育学研究科 保健体育専攻 修了
  • 2018年 3月 東京大学大学院 総合文化研究科 広域科学専攻 博士後期課程 修了
学歴・経歴
  • 2013年 4月 名古屋大学 総合保健体育センター 研究生
  • 2016年4月 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
  • 2018年5月 神奈川大学 人間科学部 非常勤助手
  • 2020年4月 帝京科学大学 教育人間科学部 助教
主な論文
  • *Yamamoto K, Shinya M, Kudo K. The influence of attractor stability of intrinsic coordination patterns on the adaptation to new constraints. Scientific Reports, 10, (1) 3058, 2020.
  • *Yamamoto K, Shinya M, Kudo K. Asymmetric adaptability to temporal constraints among coordination patterns differentiated at early stages of learning in juggling. Frontiers in Psychology, 807, (9), 2018.
  • *山本耕太. 内在的な協調パターン間における適応可能性. 運動学習研究会報告集, 26, 32-36, 2017
  • *Yamamoto K, Shinya M, Kudo K. The acquisition processes of adaptability among differentiated patterns at early stages of learning of fundamental skill in juggling. Journal of Sport & Exercise Psychology, 39, (3) 199-200, 2017.
  • *山本耕太, 工藤和俊. ジャグリング課題の適応過程. 運動学習研究会報告集, 24, 14-22, 2016.
  • *山本耕太, 工藤和俊. ジャグリング課題における初期分化パターン間の非対称性転移. 運動学習研究会報告集, 23, 60-63, 2015.
  • *Yamamoto K, Tsutsui S, Yamamoto Y. Constrained paths based on the Farey sequence in learning to juggle. Human Movement Science, , (44) 102-110, 2015.
  • Tsutsui S, Satoh M, *Yamamoto K. Contextual interference modulated by pitcher skill level.. International Journal of Sport and Health Science, , (11) 68-75, 2013.
  • *山本耕太. 3ボールジャグリング学習過程における協応パターンの変化. 運動学習研究会報告集, 22, 35-40, 2013.
  • *山本耕太. 3ボールジャグリング学習過程における時空間的変数の変化. 愛知教育大学保健体育講座研究紀要, 37, 83-85, 2013.
  • *Yamamoto K, Tsutsui S. The individual differences of initial performance has more influence to the amount of learning than the learning strategy in three-ball juggling. Journal of Sport & Exercis Psychology, 34, S146-S146, 2012.
  • 筒井清次郎, 佐藤充寛, *山本耕太. 球種の違いにおける文脈干渉効果. 運動学習研究会報告集, 20, 86-88, 2011.
  • *山本耕太. 3ボールジャグリング習得過程における身体知の形成について. 運動学習研究会報告集, 20, 21-24, 2011.
所属学会等
  • 日本スポーツ心理学会
  • 日本体育学会
  • European College of Sport Science
  • North American Society for the Psychology of Sport and Physical Activity
TOP