教員一覧

教員詳細

大須賀 隆子 (おおすが たかこ)

大須賀 隆子

役職:准教授・修士(人文科学)臨床心理士

主な研究と活動

保育学と臨床心理学が重なるところを研究領域としています。2013年度は「創造美育はいかに継承されているのか」というテーマに取り組んでいます。1952年に設立された「創造美育協会」は、大正時代の子ども中心主義に基づく自由画運動とフロイト派の心理学に基づく美術教育実践の流れを汲んでいます。この「創造美育運動」を1960年代に受容し現在も継承している静岡県の「大地保育」にフィールドワークに入らせていただいております。

専門分野 保育学、臨床心理学
研究室番号 実験研究棟W310
学歴・経歴
  • お茶の水女子大学文教育学部教育学科教育学専攻 卒業
  • 同大学生活科学部人間生活学科発達臨床心理学講座 卒業
  • 同大学大学院人間文化研究科発達社会科学専攻発達臨床心理学コース 修了
  • 東京都新宿区教育委員会「子と親の相談員」
  • 東京学芸大学・白梅学園大学幼稚園メンタリングプロジェクト「フィールドコーディネーター」
  • 淑徳短期大学こども学科特任講師
  • 帝京科学大学こども学部こども学科専任講師(2012年~)
主な論文
  • 単著「小学校1年生の運動会練習に観る移行の諸相」お茶の水女子大学心理臨床相談センター紀要第6号 2003
  • 単著「自由保育に活かすI as We,We as Iとしての自己感を育てる情動調律-幼・小移行期におけるその意義と役割」淑徳短期大学研究紀要第47号 2008
  • 単著「『大地保育』を創始した塩川豊子の自由保育―創美の受容に焦点を当てて―」淑徳短期大学研究紀要 51号 2012
  • 単著「絵本作成を通した自己理解-保育者養成校の学生から実習園の子ども達へ-」幼児の教育(日本幼稚園協会)2009
  • 単著(2013)「久保貞次郎の創造美術教育論-『描こうとする精神』の背景と意義-」お茶の水女子大学大学院創成科学研究科編・刊『人間文化創成科学研究論叢』第15巻,191-199
所属学会等
  • 日本保育学会
  • 日本臨床心理学会
  • 日本発達心理学会
  • 臨床教育人間学会
  • 日本描画テスト・描画療法学会
その他の活動
  • 「平成22年度子育て支援者養成講座事例検討会」東京都板橋区子ども家庭部子ども家庭支援センター 2012年3月8日
  • 「社会性を育む心理教育プログラム~ソーシャルスキル教育の意義とワークショップ~」東京都新宿区立柏木小学校教員研修会 2007年2月21日
  • 「子育て支援相談活動」淑徳短期大学ボランティアセンター 2008年4月~2012年2月
  • 「陸前高田市における子育て支援ボランティア活動」陸前高田市矢作町・広田町 2012年3月23日~25日
TOP