教員一覧

教員詳細

山口 十四文 (やまぐち とよふみ)

山口 十四文

役職:学科長・教授・薬学博士

主な研究と活動

1. 抗がん作用などの生物活性を有する核酸アナログの化学合成・検索・作用機作について
  DNAポリメラーゼ各分子種に対する選択的阻害剤の検索、テロメラーゼ(がん細胞の無限増殖能を支えていると考えられている)に対する阻害剤の検索を行っています。さらに、有用な阻害剤についてはその作用機作を明らかにし、その有用性について検討します。
2. DNA複製関連タンパク質の精製と化学修飾
  脊椎動物DNAポリメラーゼ類の精製と性質の解明、また、反応性核酸アナログなどの分子設計と化学合成を行い、これをプローブとして利用しDNAポリメラーゼ類の機能の解明をめざします。以上のように、DNA複製という重要な生命現象の研究を有機化学的な手法を用いてアプローチしたいと考えています。
3. 鏡の中の世界の活性物質
  生物は対掌体の一方を優先的に利用しています。蛋白質を構成するアミノ酸はL型、遺伝子の構成物質やエネルギー代謝にかかわる物質に含まれる糖などはD型です。DNAを構成する単位であるヌクレオチドはD型です。この鏡像異性体であるL型ヌクレオチドのいくつかが、ヒト免疫不全ウイルス(HIV)の逆転写酵素を阻害することがわかりました。また、ヒトのテロメラーゼが阻害されることを明らかにしました。このように、生体に関わる物質の鏡像異性体の生物活性を調べたいと考えています。

キーワード 核酸、ヌクレオシド、ヌクレオチド、DNA複製、テロメア、阻害剤、抗ウイルス活性、制がん活性、生物活性
専門分野 生物有機化学、分子生物学、生物有機化学
主な研究対象

真核生物、ヒト

主な研究課題
  • DNAポリメラーゼ各分子種に選択的なヌクレオチドアナログの分子設計
  • 抗ウイルス作用が期待されるヌクレオシド・非ヌクレオシド系化合物の分子設計
  • ヌクレオシドアナログ処理によるヒトがん細胞のテロメアへの影響
研究室番号 千住キャンパス本館15-05研究室
学位
  • 1998月3月 薬学博士(北海道大学) (学位論文:DNAポリメラーゼ類に対する光反応性基質アナログの合成とその利用)
卒業年月
  • 1982年 3月 北海道大学大学院薬学研究科修士課程製薬化学専攻修了
学歴・経歴
  • 1982年 4月 ヤマサ醤油(株)研究所研究員
  • 1990年 4月 西東京科学大学(現帝京科学大学)助手
  • 1998年 4月 帝京科学大学理工学部バイオサイエンス学科講師
  • 2003年 4月 帝京科学大学理工学部バイオサイエンス学科助教授
  • 2008年 4月 帝京科学大学生命環境学部生命科学科教授
主な論文
  • .3'-Azido-2',3'-dideoxynucleoside 5'-triphosphates inhibit telomerase activity in vitro, and the corresponding nucleosides cause telomere shortening in human HL60 cells. (2007) Nucleic Acids Res.35:7140-7149.
  • Synthetic nucleosides and nucleotides. 43. Inhibition of vertebrate telomerases by carbocyclic oxetanocin G (C.OXT-G) triphosphate analogues and influence of C.OXT-G treatment on telomere length in human HL60 cells. (2006) Nucleosides Nucleotides Nucleic Acids 25:539-551.
  • Inhibition of vertebrate telomerases by the triphosphate derivatives of some biologically active nucleosides. (2003) Nucleosides Nucleotides Nucleic Acids 22:1575-1577.
  • Recognition of 2'-deoxy-L-ribonucleoside 5'-triphosphates by human telomerase. (2000) Biochem. Biophys. Res. Commun. 279:475-481.
所属学会等
  • 日本薬学会
  • 日本分子生物学会
  • 抗ウイルス療法研究会
TOP