重要なお知らせ

【自宅待機・臨時休校に関する規定】

自宅待機・臨時休校に関する規定

帝京第五高等学校

 自然災害(台風・洪水・大雪・地震など)、その他の特別な状況による緊急の措置としての自宅待機・臨時休校については、次のことを原則として学校長の判断に基づいて決定し、全生徒に連絡する。

【1】自宅待機

 以下の項目に該当する場合、自宅待機の措置をとる。その後の臨時休校または平常登校への変更は学校長の判断に基づき決定し、クラス担任から全生徒に連絡する。

(1)台風の場合

 ①スクールバス通学生

   午前5時から7時の間に南予地方に「暴風警報」が発令された場合

 ②スクールバス以外の通学生

   自宅を出る際に上記警報が発令されている場合

 ※警報が出ていない場合でも、登校が危険と判断される場合は、クラス担任に連絡をして指示を受けること

(2)積雪・路面凍結の場合

 ①スクールバス通学生

  ・積雪、低温等により路面が凍結しチェーン規制が出され、スクールバスの運行が危険と判断された場合

  ・午前5時~7時の間に南予地方に「暴風雪警報」が発令された場合

 ②スクールバス以外の通学生

  ・公共の交通機関が不通の場合、また道路状況から登校が危険と判断される場合

  ・自宅を出る際に上記警報が発令されている場合

 ※警報が出ていない場合でも、登校が危険と判断される場合は、クラス担任に連絡をして指示を受けること

(3)地震の場合

 ①スクールバス通学生

   地震により通学途上の道路に被害が発生し、スクールバスの運行が危険と判断された場合

 ②スクールバス以外の通学生

   公共の交通機関が不通の場合、また道路状況から登校が危険と判断された場合

 ※判断が難しい場合は、クラス担任に連絡して指示を受けること

(4)その他

①スクールバス通学生

   午前5時から7時の間に南予地方に「大雨特別警報」が発令された場合

 ②スクールバス以外の通学生

   自宅を出る際に上記警報が発令されている場合

 ※警報が出ていない場合でも、登校が危険と判断される場合は、クラス担任に連絡をして指示を受けること

(5)注意事項

   自宅待機、自宅待機から登校への変更等は、学校からも「緊急連絡用メール」で連絡する。

   メール登録をしていない者には担任から連絡する。

【2】臨時休校

(1)上記(1)~(4)の場合で、その後も登校への支障が回復されない場合は、学校長が臨時休校を決定し、その旨を「緊急連絡用メール」、またはクラス担任から全生徒に連絡する。

(2)火災、その他の理由で学校に被害が発生し、生徒の安全が保障されないと判断された場合は、学校長が臨時休校を決定し、その旨を「緊急連絡用メール」、またはクラス担任から全生徒に連絡する。

附則

・この規定は平成25年6月1日から施行する。

・平成28年1月22日 一部改正

・平成30年7月23日 一部改正