東京理学療法学科

Department of Tokyo Physical Therapy

東京理学療法学科
(千住キャンパス)

リハビリテーションの最前線で活躍できる理学療法士へ

ケガや病気などで、身体に不自由を抱えてしまった患者さんの、運動能力の回復をサポートするのが理学療法士。
的確なリハビリテーションを行うためのスキルに加え、患者さんのこころに寄りそうコミュニケーション能力が必要な仕事です。本学科では、理学療法士国家試験に合格するためのカリキュラムはもちろん、チーム医療のなかで他職種と連携するための幅広い知識を身に付けます。
また、希望に応じてアスレティックトレーナー(AT)資格もめざすことができます。

イメージ

3つの特色 Features

Point 1

学外見学・実習が1 年次からスタート
早くから実践的な勉強ができる

1年次から病院・施設の臨床見学がはじまります。実際に理学療法士が活躍する姿を目にしたり、患者さんと接したりすることによって、目標とすべき将来像を具体的にイメージすることができます。さらに各学年において学外実習があり、学修の到達度に応じて、段階的に実習による体験学習が実施されます。

Point 2

理学療法士に求められる臨床スキルを高めるための実践的な演習や実技授業を用意

理論を学ぶ講義はもちろん、臨床を意識した実習・演習をたくさん用意しています。脳血管障がい、骨関節疾患、呼吸・循環器疾患などの主な疾患について、臨床的な判断力や基本的な技術といった、理学療法士に求められる臨床スキルが確実に身に付きます。

Point 3

アスレティックトレーナー養成課程を設置
スポーツ関連の授業も豊富

理学療法士はスポーツ分野でも活躍。医学的な知識と技術という土台の上に、スポーツ医学と運動競技に関する知識を備えた理学療法士は、選手のスポーツ障がい要望や、ケガからの競技復帰に重要な役割を果たすことができます。スポーツ関連の授業に加えてアスレティック養成課程※を設置し、スポーツ分野をめざす人をサポートします。
※併修コース

学科長のあいさつ Voice

医療従事者に必要な
「人間性」「観察力」「向上心」を身に付けます。

理学療法士は、リハビリテーションを担う専門職として、保健・医療・福祉の分野ではもとより、プロ・アマを問わずさまざまなスポーツの各領域にもその活躍の場を広げています。そこでは子どもから高齢者までの幅広い年齢層や、多様な背景を持つ人びとに対して、主として運動療法や物理療法を手段として必要な治療と指導を行い、自立を支援します。

最適な支援のためには、一人ひとりの身体機能や身体能力に応じた理学療法計画を立てることが必要となりますが、それには専門的知識や技術に加えて創造力も求められます。障害のある人の痛みや失意への思いやり、あるいは回復の喜びや意欲向上への共感や支援といった、対象者に寄り添うことも大切です。また、臨床場面では医師や看護師、作業療法士など他の専門職とともに一人の対象者に協働して向き合うことも多いため、協調性も欠かせません。

大学生活における同じ目標を持つ仲間との交流、サークル活動やアルバイトなどの体験を通じて、自分を成長させる機会は豊かな人間性と感性、社会性や協調性を育む機会ともなるでしょう。

東京理学療法学科では、専門職としての高度な知識や技術に加え、さまざまな課題に取り組み、それを自ら乗り越えるための問題解決能力を備えた理学療法士を育てます。学生生活のこの4年間は多忙なものとなりますが、理学療法士として巣立つまで、そして巣立った後も皆さんを全力で支援していきます。

学科長・教授潮見 泰藏

  • 学部紹介MOVIE 医療科学部
  • NEXTオープンキャンパス
  • TEIKAジャーナル
TOP