教員一覧

教員詳細

東 克己 (ひがし かつみ)

東 克己

役職:教授・博士(理学)

主な研究と活動

1. 植物の胚発生の制御メカニズムの解析
植物の胚発生過程は、母体組織の内側で進行するため、大変観察しづらく、またその発生過程の変化の分子レベルでの詳細な解析は、まだまだ十分なレベルに達していません。一方で、植物は体を構成する体細胞から組織培養のテクニックを用いることで容易に胚発生を誘導できます(これを不定胚発生と言います)。この組織培養を利用した不定胚発生系を利用し、植物の胚発生を制御する重要な分子についての解析を行っています。

2. 植物のプログラム細胞死の分子メカニズムの解明
多くの多細胞生物の細胞は、もともと細胞に備わったメカニズムにより自ら死を選択する、プログラム細胞死と呼ばれる細胞死メカニズムを備えています。プログラム細胞死は植物の生活環の様々な段階でおこりますが、なかでも病原菌などの外部からのストレスにより引き起こされる過敏感反応とよばれる、細胞死をともなう防御反応におけるプログラム細胞死の分子メカニズムについて、その細胞内の情報伝達および細胞死実行メカニズムについて解析しています。

キーワード 植物、胚発生、不定胚、プログラム細胞死、ストレス
専門分野 植物分子生理学、植物組織培養学
主な研究対象

シロイヌナズナ(Arabidopsis thaliana (L.) Heynh.)、タバコ(Nicotiana tabacum L.)、ニンジン(Daucus carota L. cv US-Harumakigosun)、ダイズ(Glycine max L.)

主な研究課題
  • ニンジン不定胚発生阻害因子4-hydroxybenzyl alcoholおよびその類縁化合物の作用機構の解明
  • 光による不定胚形成促進機構の分子レベルでの解明
  • inhibitor of apoptosis protein (IAP) の植物におけるパラログであるILP1,2の機能解明
  • 培養変異を利用した、新しい育種法の開発
担当科目 細胞生物学、分子生物学II、植物生理学、生命科学基礎実験、生命科学実験、卒業研究
研究室番号 千住本館15-10研究室
学位
  • 1998年7月 博士(理学)(筑波大学) (学位論文:Studies on the relationship between the effects of glutamine and the gene expression of glutamine synthetase isoforms during somatic and zygotic embryogenesis in carrot.)
卒業年月
  • 1996年 3月 筑波大学大学院生物科学研究科博士課程単位取得退学
学歴・経歴
  • 1995年 4月 茨城県農業総合センター生物工学研究所流動研究員
  • 1998年 3月 生物系特定産業技術研究推進機構受託研究員(筑波大学)
  • 1999年 4月 筑波大学生物科学系助手(遺伝子実験センター)
  • 2002年 7月 東京理科大学ゲノム創薬研究センターポストドクトラル研究員
  • 2004年 4月 帝京科学大学理工学部バイオサイエンス学科講師
  • 2007年 4月 帝京科学大学生命環境学部バイオサイエンス学科(現生命科学科)准教授
  • 2016年 4月 帝京科学大学生命環境学部生命科学科教授
主な著書
  • ベーシックマスター植物生理学(執筆分担、オーム社)
主な論文
  • Y. Ban, Y. Morita, M. Ogawa, K. Higashi, T. Nakatsuka, M. Nishihara, M. Nakayama (2019) Inhibition of post-transcriptional gene silencing of chalcone synthase genes in petunia picotee petals by fluacrypyrim. J. Exp. Bot., 70:1513-1523.
  • T. Kobayashi, Y. Nagayama, K. Higashi, M. Kobayashi (2010) Establishment of a tissue culture system for somatic embryogenesis from germinating embryos of Arabidopsis thaliana. Plant Biotechnology, 27: 359-464.
  • Continuous recognition of the elicitor signal for several hours is prerequisite for induction of cell death and prolonged activation of signaling events in tobacco BY-2 cells. (2006) Plant Cell Physiol. 47:1137-1142.
  • Abscisic acid and stress treatment are essential for the aquisition of embryogenic competence by carrot somatic cells. (2006) Planta 223:637-645.
  • Identification of a novel gene family, paralogs of inhibitor of apoptosis proteins present in plants, fungi and animals. (2005) Apoptosis 10:471-480
  • Cell cycle dependence of elicitor-induced signal transduction in tobacco BY-2 cells. (2005) Plant Cell Physiol. 46:156-165.
  • Crosstalk between elicitor-induced cell death and cell cycle regulation in tobacco BY-2 cells. (2004)Plant J. 40:131-342.
  • Identification of putative voltage-dependent Ca2+-permeable channels involved in cryptogein-induced Ca2+ transients and defense responses in tobacco BY-2 cells. (2004) Biochem. Biophys. Res. Commun.317:823-830.
  • Cryptogein-induced initial events in tobacco BY-2 cells: Pharmacological characterization of molecular relationship among cytosolic Ca2+ transients, anion efflux and production of reactive oxygen species. (2004) Plant Cell Physiol. 45:160-170.
所属学会等
  • 日本植物生理学会
  • 日本植物細胞分子生物学会
  • American Society of Plant Biologists
受賞歴
  • 筑波学都資金財団特別表彰(2001)
TOP