看護学科

Department of Nursing

看護学科

地域社会で生活する人の健康に貢献できる看護師・保健師に

看護師とは、新生児から高齢者までのあらゆる人の"いのち"と"こころ"に寄りそい、その人らしい生活ができるように支援する仕事です。本学科では、医療に携わるための高度な知識・技術とともに、福祉など他の専門職と協働するための幅広い学びを展開します。看護は病院だけでなく、地域で生活している人も対象とするため、リハビリテーションや予防の視点を持った、生活の質の向上に貢献できる看護師・保健師を養成します。

イメージ

3つの特色 Features

Point 1

特色1

早期からの学外実習で、多職種との連携や「病院と地域をつなぐ」手法を学ぶ

1年次から病院での実習は開始しますが、3年次からは病院実習だけではなく、地域包括支援センターや高齢者施設などでの実習を通じて、看護師としての視点から地域や生活を理解する力を養います。体調管理や健康教育など、看護師・保健師としての専門性を生かした役割を果たしながら、医療や福祉など多くの職種と連携してリーダーシップを発揮するための手法も学びます。

Point 2

特色2

徹底した国家試験対策ですべての学生の合格をめざす

2年次から「低学年模試」を取り入れるなど、早期から国家試験対策をスタートします。4年次にはグループ学修や、タブレット端末を取り入れたe-learning を導入しているほか、外部講師を招いての指導や、教員による「弱点」に的を絞った解説も実施し、全員合格をめざします。

Point 3

特色3

看護に必要な知識・技術に加え人間性や倫理観もはぐくむ

医療や看護の分野における専門的な知識と技術を学ぶだけでなく、患者さんやその周囲の方々を支えるための人間性や、倫理観を育てることも重視。ものの見方や考え方、表現する力を養う「美術と対話」や「音楽と表現」のユニークな科目や、近年注目されているアニマルセラピーを実践する「動物人間関係論」などの授業を用意しています。

学科長あいさつ Voice

豊かな人間性と高い倫理観や科学的根拠に基づく判断力をもって
人々の健康に貢献できる看護専門職を育成

看護学科は足立区で初めての4年制大学の看護学科として2012年4月に設置されました。2016年現在,わが国の看護系大学は250校を超えています。看護専門職の仕事は社会から重要視され,仕事内容も拡大し,発展し続けています。

看護学は人が生まれたそのときから最期の瞬間までその人らしい生活を送ることができるよう支援する実践の科学です。ナイチンゲールは「健康とは持てる力を最大に活用すること」と述べています。すなわち,どのような状況にあってもその人の持てる力を最大に活用できるように支援することを学びます。

本学科は、豊かな人間性と高い倫理観や科学的根拠に基づく判断力をもって人々の健康に貢献できる看護専門職を育成することをめざしています。そのためには,ケア(care)とキュア(cure)を統合した看護について考えます。さらに,地域社会の保健・医療・福祉に貢献できる専門職として,広い視野と豊かな教養や創造的想像力を持ち、人々の苦しみや地域社会の健康問題について,意欲的に取り組む力を養います。

さらに,本学では総合大学の「いのちをまなぶキャンパス」(北千住)での医療科学部として,東京理学療法学科や東京柔道整復学科などと共に,科学の探求と自然治癒力の偉大さを追究できること,アニマルサイエンスの視点からも「人の癒し」に関して,ユニークな看護へのアプローチを一緒に考えることができます。

このように質の高い看護が求められる時代に,看護学生と看護教員が一緒になって,よりよい看護のストラテジーを探求し,本学科の歴史の1ページからていねいに紡いでいきたいと考えています。

学科長・教授泉 キヨ子