アニマルサイエンス学科

コースの紹介

アニマルサイエンスコース 東京西キャンパス

動物園や水族館の動物からコンパニオンアニマルまで、飼育動物について幅広く学べる

飼育動物に関する幅広い範囲を扱うアニマルサイエンスコースの学び。それらは、大きく「動物園」「水族館」「コンパニオンアニマルの行動と心理」、そして動物飼育に必要な「基礎動物学」の分野に分けられます。それぞれの分野で、実践的な教育が行われます。

動物園

動物園

動物の行動を科学的に観察しながら「飼育」「展示」について考察する

人工的環境のなかで、どのような飼育法・展示法が採用されているかを知り、その理由を探究します。事前に、科学的行動観察法について学び、その知識を活用して動物の観察を行います。同時に、「来園者への情報提供がどう行われているか」「解説方法にどのような工夫がみられるか」についても学んでいきます。

  • 動物園動物学研究室(並木 美砂子 教授)
  • 動物観・動物園学研究室(佐渡友 陽一 講師)

水族館

水族館

教育、自然保護などの分野で水族館が果たす役割について学ぶ

水族館の歴史をはじめ、社会教育施設としての水族館の機能、自然保護の分野で水族館が果たす役割などについて、多角的に学ぶ授業です。単なるレジャー施設ではない、水族館の全体像を理解します。また、水族館の職員をめざす学生は、3 年次の実習で、実際に水槽を制作する「アクアリウム実習」を選択できます。

  • 動物観・動物園学研究室(佐渡友 陽一 講師)
  • 水族飼育管理学研究室(加賀谷 玲夢 助教)

コンパニオンアニマルの行動・心理分野

コンパニオンアニマルの行動・心理分野

コンパニオンアニマルの「行動」や「心理」を詳しく学ぶことができる

イヌやネコに代表される「コンパニオンアニマル」の行動・心理 について学べる大学は日本では多くはありません。本コースでは、動物行動学と動物心理学の教員が協力して、イヌ・ネコの認知、社会行動、遊び、個性、人とのコミュニケーション行動、トレーニング技術などの研究と教育を行っています。「コンパニオンアニマル」の行動や心理 について最新の知識と技術について学ぶことができます。

  • 動物行動学研究室(藪田 慎司 教授)
  • 動物心理学研究室(今野 晃嗣 助教)

基礎動物学

基礎動物学

動物行動の生理学と病原微生物を学び動物飼育の基礎を身に付ける

動物は、環境から受けた刺激を中枢神経系で処理し、内分泌(ホルモン)系に反映。天敵が現れたときなどは、脳が運動系に信号を出力して行動を起こします。一方、動物の病気を防ぐには病原微生物やその検査方法の知識も欠かせません。こうした動物生理学と微生物学を基盤に、飼育の注意点や動物観察の視点を養います。

  • 動物生理学研究室(近藤 保彦 教授)
  • 微生物学研究室(渡辺 隆之 講師)

理念

動物の飼育や訓練を、生態学や行動学から考える

イヌやネコなどのコンパニオンアニマル、動物園・水族館で飼育される動物達、彼らの生活は特に強く人間の影響を受けます。だからこそ、私達は彼らのことを正しく理解しなければなりません。このコースでは、コンパニオンアニマルの行動や心理、飼育動物達の暮らしを良くする環境エンリッチメント、家庭で飼育されているイヌ(小型犬から大型犬まで含む)のしつけ、ドッグトレーニングの基礎、人々が動物に対して持つ様々な考えや価値観、人と動物の間で起きる問題と解決法、等を学びます。教員には、動物園・水族館の現場経験豊かな者や動物行動の専門家等がいます。動物園・水族館での実習、ドッグトレーナーや家庭犬インストラクターを目指す人のための実習も充実しています。

学びの特色

活動を重視する教育

学科イメージ

#01コンパニオンアニマルセンター・ドッグラン

東京西キャンパス内にある、コンパニオンアニマルセンターは、動物と触れ合いながら、動物のことを学ぶために設立された多目的のセンターです。主に学科で飼育している動物の日常の健康チェックやケアが行われる検査室を1階に備え、犬の行動や問題行動を学ぶためのアニマルサロンという広い部屋やグルーミング室を2階に備えています。また、センターには、隣接して付属の3つの施設があります。犬舎、猫舎、小動物舎です。これらの建物では、いろいろな動物を育成しております。学生達は、当センターを利用して、学習と実習を行います。中でもアニマルサイエンス学科の飼育実習は、本学の目玉でもあり、当センター内で実施され、動物の様々な特性を学びつつ、動物の飼育、育種、看護、そして、動物の命の尊さを学びます。また、当センターでは、当大学の定めたCAC委員会(動物飼育委員会)があり、飼育職員を中心に学生達が、日々、動物の飼育ならびにシェルターといった動物の入手譲渡といった活動を行っております。みなさんも当センターで、動物について一緒に勉強しませんか?

#02イヌを同伴するためのドッグマナー試験

東京西キャンパスでは、ドッグマナー学生委員会が定期的に開催するドッグマナー試験に合格すれば、飼い犬と一緒に通学することができます。これは、アニマルサイエンス学科の学生にとってとてもよい学びの場になっています。 公共空間に犬を同伴するとはどういうことなのか、どういう問題があるのか、うまくやるにはどんなルールや運営が必要なのか、等を 実践的に学ぶことができます。なにより、犬と一緒に学生生活を送るのはとても楽しいことです。

#03どうぶつ子供広場/第2ドッグラン

上で説明したドッグマナー試験に合格する前でも、この広場には犬を連れてくることができます。ここでは、犬を自由に遊ばせるだけでなく、いろいろな人や犬に会うことで大学に慣れたり、しつけやトレーニングを勉強したりできます。ドッグトレーナーを目指す人のための研修会も行われます。

#04動物園研究部

アニマルサイエンスコースは、動物園や水族館で働きたいと思う人には最適の大学かもしれません。同じような志を持つ仲間がたくさん集まっています。そのような仲間と、正規の講義や実習だけでなく、例えばこの動物園研究部のような場所で、動物園の動物、飼育、歴史、社会的指名、展示方法、等について実践的に学び合い、高め合うことができます。実習先を見つけることもできます。動物園や水族館を運営して来た経験豊かな教授陣が直接指導しています。

研究のテーマ・内容

#01犬の訓練と動物行動学

動物行動学研究室では、最近は犬の行動学に力を入れています。世界では、90年代くらいから犬の行動学が大きく進展しました。しかし日本では、犬の行動の科学的研究をしているところはまだけっして多くありません。犬の行動学はそれ自身が面白いだけでなく、広く動物の認知、情動、社会性、知性、等を理解するための重要な鍵になると考えられています。私たちの研究室では、プロのドッグトレーナーやインストラクターの方達と協力しつつ、犬の行動についての科学的研究を進めています。犬の行動についての様々な謎を解き、犬を含めた動物の行動をもっとよく理解できるよう、日々がんばっています。

動物行動学研究室(藪田慎司研究室)

#02動物園での飼育管理

動物園動物飼育管理学研究室では、教員の長年にわたる動物園獣医師および園長としての実務経験をもとに、哺乳類、鳥類、爬虫類の飼育と動物医学(獣医学)に関する研究をしています。また、40年以上に及ぶ、日本野鳥の会会員でもあり、日本の野鳥や飼い鳥、さらに日本在来家畜・家禽の起源に関する研究にも興味があります。

例えば、有名でありながら詳しい記録の無い「特別天然記念物オナガドリ」の尾羽の伸長に関する、広島大学との共同究などのため、オナガドリ、ウズラ、ヒメウズラなどを飼育しています。

また、人と密接に関連して生活しているツバメやスズメの繁殖状況と人との関係に関する研究、古い歴史がありながらその期限がはっきりしない日本犬チンの品種成立過程の文献(絵画)的究明、家庭で飼育しやすいへビの飼料の工夫に関する研究なども進める予定です。

動物園動物飼育管理学研究室

#03微生物の分離培養と同定

微生物学研究室(渡辺研究室)では、この世に存在する全ての微生物を研究対象として研究を行う予定でおります。研究室はまだ2010年に出来たばかりですので、主だった研究は始まっておりません。病原微生物、食品微生物、環境微生物の柱を中心にして、分離培養ならびに同定検査を行う予定です。人と動物の共通感染症のサーベイランスとモニタリング調査、食中毒菌の検査ならびに研究、細菌と抗生物質の関係を調べる薬剤感受性検査、食品微生物を利用した発酵の研究、様ざまな動物の疾病につながる微生物の検査ならびに検査方法の確立ができるように尽力をつくしたい。人や動物と微生物の共生社会を夢見る、そんな研究室になってくれたらいいなあと思っている次第です。

微生物学研究室(渡辺隆之研究室)

学生に勧める資格

アニマルサイエンスコースのカリキュラムに関連する資格には以下のようなものがあります。

  • (1)ドッグトレーナー
  • (2)コンパニオンアニマルアドバイザー
  • (3)学芸員
  • ⇒(1)はプロトレーナーのNPO法人であるOPDESの出す資格です。
  • ⇒(2)動物の行動について専門的な教育を受けられる大学は日本には多くありません。アニマルサイエンス学科はそのような数少ない大学の1つです。本学科が指定する所定の単位を取得し、研修を終えた学生に、コンパニオンアニマルアドバイザー養成課程修了証書を発効し、動物行動の専門教育を受けたことを証明しています。
  • ⇒(3)は博物館や動物園等への就職の際に必要となることがあります。

卒業後の進路

動物園、水族館
求人がとても少ない「狭き門」ですが、本学科からは毎年、複数の卒業生が動物園や水族館に就職しています。これはけっこうすごいことです。
ドッグトレーナー・家庭犬インストラクター
本コースで学んだことを直接活かすことができる職業です。多くの場合、訓練所や経験豊富なインストラクターのところに所属し、現場修行を何年か積んでから独立します。特に、作業犬のトレーナーになるにはかなりの覚悟と修行が必要です。
その他:牧場、ペットショップ、ホームセンター、一般企業、自分で起業する、NPO、等々
どんな職業につくとしても、大学で学んだ学問は役に立ちます。大学では、社会を支える見識を持った市民を育てています。専門知識と見識を持った多様な人々が互いに協力することで、社会は支えられていきます。大学で自分の好きなことを思いっきり学ぶことは、きっと、あなたが他の人の役に立つ人間になることに繋がります。ぜひ、大学での学びを楽しんで欲しいと思います。