アニマルサイエンス学科

コースの紹介

アニマルセラピーコース 東京西キャンパス

動物とのふれあいから生まれる効果。科学的な視点から探究

動物と接することで、人間の心身にはさまざまな変化が生じます。心理学や教育学、人間工学、精神医学など、多角的な視点からその変化のメカニズムを探究するのが、アニマルセラピーコースの学びです。人間と動物のより良い関係について、動物が人間の社会に与える効果について、科学的に解明することをめざしています。

動物介在人間工学 研究室
小川 家資 教授

動物と接することのセラピー効果を科学的に調査、研究しています

動物介在人間工学 研究室

イヌやネコを眺めたりさわったりすると、なんとなく、こころが安らぐ、楽しくなる......動物の「介在」による、こうした現象を科学的に調べているのが私たちの研究室です。脳波や心拍などを計測することで、イヌやネコ、馬などの介在効果のエビデンス(証拠)となるデータを収集しています。「イヌの睡眠時間」など、学生たちの着眼点もさまざまです。忍耐力が必要な研究ですが、そのぶん発見の喜びも大きいもの。自分が興味を持ったことを、思いきり研究してください。

伴侶動物、介在効果、乗馬療法、効果計測、イヌやネコの睡眠

介在動物学 研究室
山本 真理子 助教

現場に出て、人と交流することを重視人と動物の関わりを解き明かす

介在動物学 研究室

人と動物の、さまざまな関わりについて研究するのが「動物人間関係学」。特に近年、健康や福祉、教育などの分野で動物がもたらす効果が注目されています。研究室の学生は、アニマルセラピーの実践の場や、さまざまな勉強会などに参加し、動物だけでなく人とも交流しながら、どの動物をどのような場に介在させることで効果が生まれるかを探究しています。研究や実践を通じて培われるコミュニケーション能力や積極性は、将来どんな仕事に就くうえでも役立ちますよ。

介在動物(ウマ、イヌ、ネコ)、障がい者、高齢者、福祉

理念

生活のパートナーとしての動物

このコースでは、複雑化した社会のなかで心身ともに疲弊しつつある人間にとって、「生活のパートナーとしての動物」が果たす心理的・社会的役割について多角的に学びます。 動物は、これまで長い間、人間の生活の道具として扱われてきました。例えば、馬は物や人を運搬する車の代わりであり、犬は警報装置の代わりでした。しかし、「動物はモノではない」という当然のことに私たちは今あらためて気づき始めています。それは、動物が私たち人間と同じ生きものであり、かけがえのない仲間であるという認識です。しかし残念ながら、こうした認識は、まだ十分に社会的に広がってはいません。

ペットを飼う時、私たちはどれほど飼育者としての責任を意識しているでしょうか。ブームに乗って買われた動物たちは果たして幸せな暮らしをしているでしょうか。ペットを失う痛みについて私たちはどの程度認識しているでしょうか。動物との触れ合いは、高齢者の生きる意欲や身体障がい者の身体機能の回復にどんな効果をもつのでしょうか。パートナーとしての動物と人間の新しい関係について、まだ科学的に解明されていない課題が沢山あります。

単なる道具としてだけではなく...

人間と動物の新しい関係は、単なる道具としての関係ではなく、生きている仲間としての強い絆によって支えられてこそ、共生と呼ぶに相応しいものになると私たちは考えています。このコースでは、こうした人間と動物との強い絆が、今後の医療・教育・社会といった分野で人間の暮らしにどのような効果をもつかを心理学・人間工学・社会学などの観点から多面的に検討することで、ともすれば人間同士のコミュニケーションすら失われかねない現代社会のなかで、互いを思い遣り、自然と調和した人間らしい暮らしを構想できる心身ともに豊かな人材を育てることが、このコースの目標です。

どんな職種に

このコースでは、前述した視点に立って、人間と動物の関係を心理学・行動科学・社会学の面などから多角的に学び、以下の人材を育てます。

  • 心を癒す動物を育てられる訓練士
  • 動物とともに幸せに暮らせる生活環境を提案できる技術者
  • 動物の能力を活かして病院などの施設で心身の機能回復を支援できる技能者
  • 動物との触れ合いを通して自然や生命の貴さを教育できる指導者

施設・活動

学科イメージ

#01動物ふれあい公園のうまセンター

乗馬療法を目的とした施設で馬3頭が飼育調教されています。この3頭を活用して障がい者乗馬会や馬とのふれあい活動を実施中です。この動物ふれあい公園では、遠足に来てくれた地域の小学生や幼稚園の子どもたちを対象に、動物介在教育も行われています。

#02アニマル・アシステッド・リハビリテーション勉強会および2日間集中講義

動物を使った人間の諸機能(身体・精神・発達)の改善に興味を持つアニマルサイエンス学科、および医療科学部の学生が月1回集まりお互いの分野を学習する勉強会が開催されています。また、3月上旬には2日間の基礎コースが開催され受講生には受講証が授与されます。

研究のテーマ・内容

#01動物介在療法・活動(AAT/AAA)

動物を使った人間の諸機能(身体・精神・発達)の改善に興味を持つアニマルサイエンス学科、および医療科学部の学生が月1回集まりお互いの分野を学習する勉強会が開催されています。また、3月上旬には2日間の基礎コースが開催され受講生には受講証が授与されます。

人間動物関係学研究室(横山章光研究室)

#02動物介在教育(AAE)

生命の大切さを学習するために動物を活用するのが、動物介在教育(Animal Assisted Education)という新しい考え方です。すでに、近隣小学校の学童を招待した活発な活動が始まっています。彼らが小動物やイヌ、ネコに触れ合うことでどのように変化していくかを観察、記録し、データを解析します。

子ども学科・動物介在システム研究室(花園誠研究室)と連携

#03ペットロス

大切な家族を失ったとき、ヒトは喪失反応を起こします。今や家族の一員となったペットの場合も事態は深刻です。ペットロスとは何なのか、どういう症状なのか、どのくらい続くのか、どうすれば重篤なペットロスを防ぐことができるのかなどを学び、ペットとヒトの関係をより深める方策を考えます。

人間動物関係学研究室(横山章光研究室)

#04動物虐待と多頭飼育

動物を傷つけたり殺したりする行為は、児童虐待や家庭内暴力と密接な関係にあるといいます。相手への共感性や思いやりは子供たちの中でどう芽生えるのか、動物虐待を見つけたらどうしたらいいのかなどを学びます。多くの動物を不適切に扱う行為、多頭飼育の特徴や防止・介入方法にも鋭くメスを入れます。

人間動物関係学研究室(横山章光研究室)

#05職場ストレスへのコンパニオンアニマルの介在効果

職場での人のストレスの問題は、職場の健康問題でよくとりあげられます。この問題にコンパニオンアニマル(犬)の介在が貢献できるかを研究しています。この研究は、平成15年度から平成17年度まで3年間科学研究費補助金ですすめられ、現在もその効果を継続的に研究しています。

理心理学研究室(小川家資研究室)

#06AAAが高齢者の睡眠にどのような効果があるのか

JAHAの協力のもと埼玉県の老人介護福祉施設にて約2ヶ月の予備調査と半年間の本調査が終了しています。現在は施設2ヶ所と長期間にわたって調査中。

生理心理学研究室(小川家資研究室)

#07犬の存在がもたらす人の社会的促進効果に関する研究

私たちが仕事をしている時、そばに知人がいる場合といない場合に仕事のやる気に影響がでることが社会心理学分野でわかっています。では、犬が自分と同じ空間にいる場合にどのような影響がでるのでしょうか。その影響について実験室で研究しています。

生理心理学研究室(小川家資研究室)

#08動物の飼育とPMS(月経前症候群)との関連性

動物飼育がPMSにどのような影響を与えているかの研究です。興味深い研究ですが過去に全く調査されていません。ペットブームの中でとても大切な研究の1つです。

生理心理学研究室(小川家資研究室)

#09犬の車酔いに関する研究

犬とともに外出する際に犬が車酔い(動揺病)になった経験はありませんか。この動揺病の原因は何なのか。緩和する方法はないのか。実際の車の中の条件を変えて実験を行っています。

生理心理学研究室(小川家資研究室)

#10留守中の犬の問題行動を音楽・効果音で緩和できないか?

飼い主が外出し、犬に留守番をさせた時に帰宅すると部屋の中がメチャクチャになった経験はありませんか。これを防ぐために音楽・効果音でこの行動を抑制できないかを調査しています。

生理心理学研究室(小川家資研究室)

#11馬の動き・揺れと乗り手への効果に関する研究

乗馬の効果を乗馬前後の歩行姿勢や体圧分布から解析し効果のあることがわかっています。しかし、馬の動きが障がい児の関節・筋肉の動きにどう影響しているかについては不明な点が多くここを解明するために調査研究を行っています。

生理心理学研究室(小川家資研究室)

#12犬や馬のストレスを測定

犬や馬の心拍を測定し、ヒトが犬に触れることによる犬のストレスや障害者乗馬中に馬に与えるストレスを測定しています。

理心理学研究室(小川家資研究室)

学生に勧める資格

アニマル・アシステッド・リハビリテーション2日間基礎コースの受講証

帝京科学大学認定

アニマルサイエンス学科と医療科学部の教員による講義と実習の2日間基礎コースを受講することで受講証を授与できます。

卒業後の進路

動動物関連
乗馬クラブクレイン、ヤマザキ学園、アクトペットパーク、小泉アフリカ・ライオン・サファリ、ペットワン、ペットシティ、アニマー湯(シー・アイ・シー)、おくだ動物病院など
その他
ホテルニューオータニ、日本トイザらス、代々木ゼミナール、JR東日本、特別養護老人ホーム、警視庁(埼玉県、山梨県)など