学校案内

校長からのメッセージ

 日本は2025年には65歳以上の高齢者数が全人口の25%を超え、介護を必要とする高齢者が増加する一方で、介護する側も高齢となり介護する人の負担も重くなっています。さらに社会に進出する女性も増え、家族だけで介護することは、もはや、とても難しくなっています。
 日進月歩の勢いで高度化、複雑化する社会を背景に福祉の現場においては、より高い専門性と豊かな教養が求められ、利用者は勿論、ご家族の生活全般をも理解し介護に関する適切な判断と行動が出来る、プロフェッショナルとしての役割と力量が一段と求められています。
 昨年の11月には、念願の新校舎が駅前に完成し、最新設備で学ぶことができるようになりました。
32年の歴史と伝統を持つ本学では2005名の卒業生が巣立ち、介護現場は当然ながら福祉施設の施設長や主任、リーダーとしてまた、研究者や教員などでも活躍しています。
 是非、本学で様々な介護状況に対応できる力をしっかり身に付けて、たくましく成長して欲しいと切に願っています。
 新しい時代を担う福祉のエキスパートとして、卒業する日まで、教職員一同全力をあげて、全力でサポートいたします。

校長 土橋 和夫

校長 土橋 和夫

わが校の特色

  • 2年間の学習で介護福祉士の国家試験受験資格が得られます。
  • 先生と生徒の距離が短く、少人数制で家庭的な雰囲気の中、学生一人ひとりへの細かな関わりを大切にしています。
  • 机上の学習だけでなく、校内外の実習・演習にも力を入れています。
  • 帝京科学大学の医療福祉学科への編入ができます。
  • 新校舎を建築したばかり、新山梨市駅(現在建設中)の乗降口から玄関まで30m、最新の施設、設備で学べます。