教員一覧

教員詳細

堀 和芳 (ほり かずよし)

堀 和芳

役職:准教授・学術修士

主な研究と活動

・人工腎臓の性能評価
・人工腎臓におけるアミノ酸除去能
・抗血栓性ポリマーの開発
・急性血液浄化におけるサイトカイン

キーワード 血液浄化療法、抗血栓性ポリマ、積層型人工腎臓
専門分野 臨床工学、生命維持管理装置学、生体材料
研究室番号 千住キャンパス本館15-06研究室
免許・資格
  • 臨床工学技士
  • 三学会合同呼吸療法士
  • 透析技術認定士
  • アフェレシス学会認定技士
  • 急性血液浄化学会指導士
学歴・経歴
  • 2017年3月放送大学大学院 文化科学研究科 自然環境科学コース終了(修士・学術) 
  • 1992年4月 帝京大学医学部附属市原病院
  • 1996年5月 せんぽ東京高輪病院
  • (1994年6月~1995年3月 亀田総合病院 心臓血管外科研修)
  • 2003年4月 国保小見川総合病院
  • 2019年4月 帝京科学大学 生命環境学部 生命科学科 准教授 ~現在に至る
主な論文
  • 堀和芳、石田等、東千秋ほか2名 (2019)『新しい抗血栓性ポリマーPAN-MPCの開発』日本急性血液浄化学会会誌 Vol.10 No.2 20 P119~124
  • 飯塚智也、堀和芳、井上雅裕、寺本修ほか4名 (2019) 『Ⅱa型ATA膜FA-210Fecoの溶質除去性能の臨床評価』 腎と透析 Vol別冊2018 P101~105
  • 『超高齢透析患者における積層型透析器使用時の栄養状態改善効果の検証』-MIA症候群の観点から- 日本臨床工学技士会会誌 No.44 2012 P28~P31
  • 『IL-6から見るCHDFの施行基準と予後について』-APACHEⅡスコア,SOFAスコアと比較して- 日本急性血液浄化学会会誌 ICUとCCU Vol.31 2007 S209~S211
  • 『慢性維持透析患者に対する人工心肺後の急性血液浄化について』体外循環技術学会会誌 体外循環技術 Vol.30 No.2 P108~P112
  • 『体外循環中における血漿膠質浸透圧の変動-連続的ヘマトクリット監視装置より-』 体外循環技術学会会誌 体外循環技術 第27巻1号P33~P36
  • 『ポリスルフォン膜透析器(APS-16)の臨床評価』 腎と透析Vol.38別冊1995 P177~P181
  • 『透析室における漏れ電流の検討』日本透析医学会 透析会誌27(7):1037~1041,1994
所属学会等
  • 日本血液浄化技術学会
  • 日本急性血液浄化学会
  • 日本アフェレシス学会
  • 日本心血管インターベーション学会
主な学会発表
  • 『透析患者における乳酸動態の検討』第29回日本臨床工学会2019.5.18
  • 『新しい抗血栓性ポリマPAN-MPCの開発』第29回日本急性血液浄化学会2018.10.20
  • 『透析膜素材別における末梢循環の検討』第63回日本透析医学会2018.6.29
  • 『透析患者の下肢末梢動脈疾患における経皮的酸素分圧測定による評価』第12回クリアランスギャップ研究会2017.8.27
  • 『高齢者におけるS型および積層型透析器の有用物質温存能力』第59回日本透析医学会2015.6.14
  • 『迅速IL-6導入によるCRRTの開始タイミング-腎機能の観点から-』第24回日本急性血液浄化学会2013
  • 『積層型透析器のアミノ酸温存効果の解明』第22回日本臨床工学会2012
  • 『超高齢透析患者における積層型透析器使用時の栄養状態の改善効果の検証 MIA症候群の観点から』第21回日本臨床工学会2011
  • 『IL-6から見るCHDFの施行基準と予後について-APACHEⅡスコア,SOFAスコアと比較して-』第17回日本急性血液浄化学会2006
講演
  • 2019年7月26日 千葉県看護協会 医療安全管理者養成研修会 講師『他職種から学ぶ医療安全』
  • 2019年7月19日 千葉県看護協会 利根地区 医療安全研修会 講師『輸液ポンプシリンジポンプの適正使用方法を学ぶ』
  • 2019年6月2日『急性期のネーザルハイフロー』第27回東京都臨床工学会ワークショップ
  • 2018年8月『透析業務における医療安全』中国医院協会血液浄化管理分会年会第10回中国血液浄化論壇
  • 2018年5月『医療機器安全管理の確立を目指す近隣施設への支援』第93回日本医療機器学会マネージメントセミナー
  • 2012年5月『高齢者における透析療法を考える』第22回日本臨床工学会 ランチョンセミナー
受賞歴
  • 1993年日本透析医学会ポスター賞
その他の活動
  • 千葉県臨床工学技士会理事 学術委員長、医療安全委員長を経て現在、渉外委員長(2013年6月~)
  • 千葉県看護協会 医療安全委員(2018年6月~)
  • 公益財団法人 日本臨床工学技士会 第6期千葉地区代議員 (2019年10月~)
TOP