東京柔道整復学科

Department of Tokyo Judo Therapy

東京柔道整復学科

患者さんを適切、的確に処置できる柔道整復師に

医師以外で唯一、ケガの処置ができる国家資格が柔道整復師。日々のケガから、スポーツによる負傷、高齢者のケアに至る、幅広い将来像が広がる仕事です。本学科では、柔道整復の基礎から応用までを、西洋医学の知識とともに修得。4年制大学ならではの教育環境で、臨床における専門性や、教養、人間性をはぐくみます。また、希望に応じてアスレティックトレーナー(AT)資格もめざすことができます。

イメージ

3つの特色 Features

Point 1

特色1

充実した授業と実習で知識と実践力をバランスよく学ぶ

医療の現場では、専門的な知識と、実践を行うための技術の両方が必要となります。本学科では、1年次から専門的な授業がスタート。国家試験合格のための力をしっかりと養うことができます。実践力を培う実習においては、基礎的なものから専門的なものへと積み重ね、知識と技術を一体化させます。

Point 2

特色2

柔道整復師の国家資格に加えてATもめざせる

接骨院や整形外科、介護施設などで働くためにも、ATとしてスポーツの現場で活躍するためにも、国家資格である柔道整復師の資格は欠かせません。対策講座などを実施し、合格に向けてサポートします。さらに、教員が学生一人ひとりの長所や弱点を把握し、きめ細かなアドバイスを行います。

Point 3

特色3

4年間かけて学ぶからこその「引き出し」の多い柔道整復師に

「再びケガをしないよう運動の提案をする」「栄養や食生活のアドバイスをする」......。医療の現場では、単に処置をするだけではなく、生活全般にわたって指導ができる柔道整復師が求められています。本学科では、国家資格+αの学びを実施し、対応力を身に付けた人材の養成をめざしています。

講師の声 Voice

繰り返しおこなわれるディスカッションや実習で
「いのち」を扱う医療人としての心を育てます。

柔道整復師は、骨や関節、筋、腱、靭帯などの損傷箇所や状態を見極め、治療や健康管理のための手助けをおこなう専門家です。主として、接骨院の先生やスポーツトレーナーとして、地域社会や人々に貢献することになります。そのため、身体の不調に悩んでいる人にとって、気軽に相談できる存在でなければなりません。つまり、人体の仕組みについての正しい知識のみならず、患者さんを思いやる心や、他者との協調性を持っていることがとても大切だということです。身体に触れて診断するだけでなく、患者さんとのコミュニケーションを通して、生活習慣にまで目を向け、その不調の原因を探るためには、信頼関係を築くことが不可欠です。

本学科のカリキュラムは、医療人として「いのち」を扱うための心を育むべく、個人面談やディスカッションを多く組み込んでいるため、4年間の学生生活を通して人間性が大きく向上したことを実感できるでしょう。もちろん、柔道整復師の国家試験やトレーニング指導者資格をはじめとする試験対策へのサポートも万全。学生が教員に勉強や進路に関していつでも相談できるよう、一人ひとりの学生を見る助言教員制度をとっているのも特長のひとつです。また、一年次から実習を通してスポーツ選手の身体に触れたり、ロールプレイングによって患者さんの立場で施術を体験したりといったことを繰り返すため、卒業後は、一人前の医療人としてしっかりと社会に貢献することができます。

准教授行田 直人