教員一覧

教員詳細

橋口 剛夫 (はしぐち たけお)

橋口 剛夫

役職:教授・博士(学術)

主な研究と活動

1. 肥満、糖尿病における酸化ストレスの役割と意義
2. 肥満、生活習慣病の予防および病態改善における運動の効果
3. 運動、森林浴、アロマテラピーなどの心理的開放感の生理学的評価
4. 生体リズムと運動機能に関する研究

キーワード 健康、運動、酸化ストレス、糖尿病、肥満、生活習慣病、時間生物学、ウエルネス
専門分野 健康科学、スポーツ科学、運動生理学
学位
  • 博士(学術)(共立女子大学)
学歴・経歴
  • 1982年 4月 日本体育大学大学院研究員
  • 1986年 4月 日本体育大学女子短期大学助手
  • 1990年 4月 西東京科学大学(現帝京科学大学)講師
  • 2006年 4月 帝京科学大学准教授
主な論文
  • 健康とスポーツ.東京教学社.1999
  • 中学生における不定愁訴の追跡調査 -小学生時との比較-.疲労と休養の科学 15(1):95-109.2000
  • 1型糖尿病モデル動物BBラットにおける過酸化脂質に関する研究.日本臨床生理学雑誌 35(4):238-248.2005
  • 視床下部腹内側核破壊による視床下部性肥満ラットの成因と病態.日本臨床生理学雑誌 36(6):235-241.2006
  • VMH破壊肥満ラットにおける過酸化脂質に関する研究.日本臨床生理学雑誌 36(6):281-288.2006
  • 視床下部腹内側核(VMH)破壊ラットにおける胃細胞増殖に及ぼす迷走神経胃枝切断の影響.日本臨床生理学会誌 38(1):39-46.2008
  • ストレプトゾトシン誘導性糖尿病ラットにおけるアルギニン、ロイシン、アラニン刺激後の迷走神経肝臓枝のアミノ酸センサーの役割.日本臨床生理学会誌 38(6):291-297.2008
  • 新規視床下部性肥満モデルの開発とその病態・視床下部腹内側核破壊モデルとの比較.肥満研究 14(3):211-219.2008
  • 視床下部腹内側核(VMH)破壊ラットにおける膵導管細胞の膵内分泌細胞への分化促進.日本臨床生理学会誌 39(1):47-53.2009
  • 視床下部腹内側核(VMH)破壊ラットの腹部臓器細胞増殖に対する核蛋白添加食の効果. 日本臨床生理学会誌 39(1):55-62.2009
  • 正常ラットと視床下部腹内側核(VMH)破壊性肥満ラットにおけるアミノ酸センサーの役割と機能.日本臨床生理学会誌 39(2):93-100.2009
  • Effects of gastric vagotomy on visceral cell proliferation induced by ventromedial hypothalamic lesions :role of vagal hyperactivity.Journal of Molecular Neuroscience Volume 38(3):243-249.2009
所属学会等
  • 日本生理学会
  • 日本体力医学会
  • 日本臨床生理学会
  • 日本運動生理学会
  • 日本酸化ストレス学会
  • 日本時間生物学会
  • 日本体育学会
  • 日本民族衛生学会
  • 日本ゴルフ学会
受賞歴
  • 第12回日本臨床生理学会優秀論文賞.2007
TOP