帝京科学大学 受験生サイト

学部・学科紹介

 

医療科学部 作業療法学科

上野原キャンパス

世界基準の学びで専門性を身につける 世界基準の学びで専門性を身につける

目指せる職業・資格

オーダーメイドのリハビリテーションができる作業療法士に

めざせる資格・免許
国家資格
  • 作業療法士 国家試験受験資格
任用資格
  • 社会福祉主事
卒業生の主な進路
    • 独立行政法人国立病院機構 村山医療センター
    • 三生会病院
    • 横浜なみきリハビリテーション病院
    • 竜王リハビリテーション病院
    • 西八王子病院
    • 清智会記念病院
    • みなみ野病院
    • 城山病院
    • 公益社団法人山梨勤労者医療協会
    • 横浜相原病院
    • 篠原湘南クリニック
    • ㈱アイケア
    • メディカル・ケア・サービス㈱

ほか

くわしい将来の進路はこちら

学びのポイント

POINT01ものづくりの幅が広がる
充実した施設・設備

和室やキッチン、浴室なども備えた実習室を完備。実際の住宅のような環境で、対象者の生活を想像しながら作業療法についての学びを深めます。さらに陶芸や織物、木工などいろいろな作業を体験することで、その作業がリハビリテーションに及ぼす効果について考察・分析する視点を養います。

POINT02乗馬療法をはじめ、動物を介在させた
リハビリテーションを学ぶ

アメリカでは乗馬療法が一般的なリハビリテーションとして取り入れられています。本学科は、この乗馬療法を本格的に学べる国内唯一の学科。馬介在活動センターや福祉施設など、学内外の施設を学びの場とし、実践経験を積みながら乗馬療法に必要な基礎知識を身に付けることができます。

POINT03効率よく、手厚い国家試験対策で
合格に向けてサポート

1年次の早期から、国家試験対策をスタート。模擬試験を繰り返して実施することで、苦手な分野を把握し、克服に役立てることができます。さらに、助言教員が学生一人ひとりの実力を見きわめ、きめ細かな学修指導を行います。国家試験の直前には、対策のための集中講義なども開講します。

学生VOICE

村松 彩乃 さん

村松 彩乃 さん

医療科学部 作業療法学科 3年

入学のきっかけは?

中学校の職場体験で訪れたデイサービスで、利用者さんが折り紙や編み物、料理など、それぞれ好きなことに取り組んでリハビリにつなげている姿に感動し、作業療法士という職業に興味を持ちました。設備の充実はもちろん、「助言教員制度」など一人ひとりを手厚く指導する環境が整っていることからTEIKAを志望しました。


情熱を注ぐ研究は?

高齢者体験を行う授業で、重りを身に着け、白内障を体験できるメガネを装着して歩いたことが忘れられません。視野が狭まるため下を向きがちになり、いろいろな物にぶつかりました。この体験により、今まで以上に高齢者をサポートしていこうと思うようになりました。お年寄りの目線や感覚に近づくことができたので、臨床での介入における提案の幅も広がったと思います。


いのちのまなびをどう活かす?

患者さんの「楽しい」を引き出し、いきいきと作業しながら日常生活動作を向上させるため、一人ひとりに適したオーダーメイドの作業療法を提供できる作業療法士になることが目標です。そのために幅広い視点で物事をとらえてアプローチできるよう、作業療法学科の多彩な授業に日々真剣に取り組んでいます。

※2023年ガイドブックに掲載 ※所属は取材時のものです。