帝京科学大学 受験生サイト

学部・学科紹介

 

生命環境学部 生命科学科

先端の知識・技術と生活を結ぶ 先端の知識・技術と生活を結ぶ

目指せる職業・資格

生命と健康について考える

めざせる資格・免許
国家資格
  • 中学校・高等学校教諭一種免許状(理科)
  • 博物館学芸員
  • 食品衛生管理者・監視員
  • 甲種危険物取扱者試験受験資格 ※
  • 技術士(生物工学部門)※ など
民間資格
  • バイオ技術者認定試験(上級)

※取得を支援する国家資格

卒業生の主な進路
  • ㈱LSIメディエンス
  • ㈱リクルートR&Dスタッフィング
  • ㈱アウトソーシングテクノロジー
  • フジフーズ㈱
  • ㈱サンデリカ
  • プレミアムウォーター㈱
  • ㈱サンドラッグ
  • ㈱クリエイトエス・ディー
  • ㈱ライフコーポレーション
  • ㈱東武ストア
  • ㈱コメリ
  • ㈱ユニバーサル園芸社
  • 三国屋建設㈱
  • ニチイ学館
  • 埼玉県川口市教育委員会(理科教員)
  • 千葉県松戸市教育委員会(理科教員)
  • 学校法人東海大学甲府学園(理科教員)
  • ㈱ディー・エヌ・ケー(中央高等学院)

など

くわしい将来の進路はこちら

学びのポイント

  • POINT01生命科学を体系的に学ぶとともに
    自ら「探究する」姿勢を身に付ける

    生命科学は、私たち人間が生きるために欠かすことができない学問分野です。本コースでは、遺伝子から動植物、医薬品・食品・香粧品(化粧品)など生命科学の多様な内容について、基礎から応用まで体系的に学びます。ただ知識を学ぶだけでなく、科学的に物事をとらえる姿勢や、論理的に探究する方法も身に付けていきます。

    POINT02学生の探究心を刺激する最新の機器と、
    充実の実習施設

    本コースでは、バイオテクノロジー分野、バイオサイエンス分野、食品衛生分野、健康科学分野に加えて香粧品(化粧品)分野を2017年度から開設して、科目がさらに充実しました。将来、バイオ医薬品、機能性食品、先端化粧品など、生命科学を応用した分野で活躍することのできるさまざまな技術を、実習を通して実践的に身に付けます。

    POINT03研究・開発職をはじめ、
    教員など幅広い将来像が広がる

    高齢化や環境汚染などの問題を背景に、生命科学に対する社会的なニーズは高まっており、本コースで学んだ知識や技術を活かして活躍できる場も社会の多くの分野に広がっています。医薬品や化粧品、機能性食品や健康食品などの研究・開発職、中学校・高等学校の理科教員など、多彩な進路をめざすことが可能です。

  • 学生VOICE

    伊藤 暦 さん

    伊藤 暦 さん

    生命環境学部 生命科学科 生命・健康コース 4年

    入学のきっかけは?

    高校生のころから化粧品が好きで、なかでも化粧品の成分に興味を抱いていました。TEIKAの生命・健康コースにはカリキュラムのなかに「香粧品分野」があり、化粧品を勉強できるのが入学のきっかけです。単に化粧品を学ぶのではなく、生命科学の見地から掘り下げて研究するので、将来の仕事の選択肢も広がると思いました。


    情熱を注ぐ研究は?

    2年次後期から始まった「生命科学基礎実験」に力を入れています。実験はただ手順通りに進めるのではなく、常に「なぜそうなるのか」を考えて動かなければなりません。その分、物事を論理的に考える力やデータから情報を読み取る力が身に付きました。日常の何気ないできごとについても、実験で培った観察力や注意力が自然と発揮され、安心して生活を送れるようになりました。


    いのちのまなびをどう活かす?

    将来は化粧品に関係する仕事に就き、美容の悩みを抱える多くの女性たちにTEIKAで学んだ香粧品の知識を役立てることが目標です。情報社会の現代ではインターネット上に多くの美容情報があふれ、なかには誤った情報も少なくありません。そんななか科学的根拠に基づいた正しい知識を提供して、美容の悩みを解決していきます。

    ※2023年ガイドブックに掲載 ※所属は取材時のものです。

先端の知識・技術と生活を結ぶ 先端の知識・技術と生活を結ぶ

目指せる職業・資格

高度化する医療の現場で通用する人材を育てる

めざせる資格・免許
国家資格
  • 臨床工学技士 国家試験受験資格
民間資格
  • 第2種ME技術実力検定
  • 日本不整脈心電学会心電図検定
  • 医療情報技師
卒業生の主な進路
  • 武蔵野赤十字病院
  • 稲毛病院
  • 医療法人静正会 三井クリニック
  • 香取おみがわ医療センター
  • 医療法人社団明芳会 横浜新都市脳神経外科病院
  • 医療法人社団東京巨樹の会 東京品川病院

ほか

くわしい将来の進路はこちら

学びのポイント

  • POINT01千住キャンパスで4年間学び
    国家試験受験へ

    厚生労働大臣指定科目を修めて卒業することで臨床工学技士受験資格が得られる承認校になりました。コース設置以来の目標であった提携校へ進学することなく得られるようになりました。交通アクセスのことを心配せず、4年目も指導を受けてきた教員の下で勉強できます

    POINT02チーム医療の最前線で
    専門性を発揮できる臨床工学技士に

    高度化が進む医療の現場において、重要な役割を担う臨床工学技士。医療機器を正確に取扱い、メンテナンスするための能力に加えて、医師をはじめとする他職種と連携してチーム医療を推進する能力が求められます。本コースでは、チーム医療のなかで専門性を発揮するための、幅広い知識と技術を学びます。

    POINT03国家試験及び
    資格取得へ向けたサポート

    さまざまな講義を通じての臨床工学技士国家試験に向けたサポートはもちろんですが、講義期間以外でも医療情報技師や第2種ME技術実力検定試験に向けた任意のセミナー等を開催してステップアップをサポートしています。最終目標である国家試験合格に向け着実な実力アップをめざした教育を行います。

  • 学生VOICE

    武田 奈々 さん

    武田 奈々 さん

    生命環境学部 生命科学科 臨床工学コース 3年

    入学のきっかけは?

    高校生のときに医療機器が原因となった医療事故のニュースがあいつぎ、防止策はないのかと調べたところ、臨床工学技士という資格を知りました。TEIKAのオープンキャンパスで熱の入った教員の講義に接し、この大学で学びたいと強く思ったこと、また医療機器の学内設備が充実していることが入学の決め手です。


    情熱を注ぐ研究は?

    現代医療において医療機器は不可欠な存在であり、その機能も日々進化を続けています。1年次の「エレクトロニクスの基礎」では、そんな医療機器を動かす電子回路について学びました。そのうえで2年次は、自分でさまざまな電子回路を作製し測定する「臨床工学実験」で理解を深めていきます。実験結果の評価やレポート作成時の考察を通して、思考の幅も広がり成長を実感しているところです。


    いのちのまなびをどう活かす?

    医療機器に関する正しい知識と技術を持ち、チーム医療に貢献できる臨床工学技士をめざしています。いのちを守るはずの医療機器がいのちを奪ってしまう、そんな不幸な事故が二度と起こらないよう、物理など医療分野以外の勉強にも真剣に取り組み、基礎から医療機器を取り扱うスキルを磨いています。

    ※2023年ガイドブックに掲載 ※所属は取材時のものです。