帝京科学大学 受験生サイト

学部・学科紹介

 

生命環境学部 自然環境学科

先端の知識・技術と生活を結ぶ 先端の知識・技術と生活を結ぶ

目指せる職業・資格

環境問題を、サイエンスの視点から考察する

取得可能な資格
国家資格
  • 中学校・高等学校教諭一種免許状(理科)
  • 博物館学芸員
民間資格
  • 自然再生士補
取得を支援する資格
国家資格
  • 甲種危険物取扱者試験受験資格
  • 公害防止管理者
  • 環境計量士
卒業生の主な進路
  • 東京都教育委員会(高校理科教諭)
  • 警視庁
  • ㈱シー・アイ・シー
  • サントリービバレッジサービス㈱
  • ㈲瑞穂農場
  • ㈱日光自然博物館
  • ㈱日本水族館
  • さいかつ農業協同組合
  • 東京ガスSTコミュネット㈱
  • 大森クローム工業㈱
  • ㈱城南製鋼所
  • 伸栄化学産業㈱
  • 中日本ハイウェイ・エンジニアリング名古屋㈱
  • ㈱ホンダカーズ埼玉中
  • ㈱クスリのアオキ
  • ㈱マミーマート
  • ㈱チャーム

ほか

くわしい将来の進路はこちら

学びのポイント

POINT01「生物」と「化学」
2つの分野を学ぶメリットとは

環境問題を理解するためには、生物と自然の関わりについての知識、そして化学と環境との関わりについての知識、どちらも不可欠です。2つの分野をバランスよく学ぶことで、環境問題を総合的に考えるための視点を身に付け、そのうえで興味・関心のあるテーマについて掘り下げていきます。

POINT02フィールドワークや実習を通じて
多角的な視点を養う

動物関連の現場をはじめ、幅広い将来像が広がる「アニマルサイエンスコース」、動物が人の心身に与える影響を探る「アニマルセラピーコース」、自然のなかで人間と動物の関係を考える「野生動物コース」からなる、コース制を導入(3年次に配属)。幅広く動物について学びながら、専門性を深めることが可能です。

POINT03化学から環境問題にアプローチするための
充実した実験設備・機器

化学物質による環境汚染、水質改善など、「化学」から環境問題にアプローチしたい学生のために、最新の実験設備・機器を用意。さまざまな条件で実験を行うことで、データを収集・分析するための力を身に付けるとともに、環境にやさしい製品や技術の開発といった化学物質による環境負荷の低減に貢献できる実践力の養成もめざします。

学生VOICE

阿部 航太 さん

阿部 航太 さん

生命環境学部 自然環境学科 4年

入学のきっかけは?

水族館で見たイルカショーをきっかけに、海洋生物や海そのもの、さらには海洋プラスチック問題といった海の環境にも関心が広がりました。特に野生のイルカやクジラが生息する小笠原諸島には、いつか行ってみたいと憧れました。そんな念願の小笠原での実習があること、環境問題について広く学べることがTEIKAを選んだ決め手です。


情熱を注ぐ研究は?

人間の生活は、生物の生態系やその多様性に大きな影響を与えています。地球にとって人と自然がどのように共生するのが望ましいのか。そうした視点から、里山やそこに棲む生物を例にした、生態系の保全と再生に関する学修に力を入れています。いま私たちが豊かな暮らしができるのは、生態系サービスの恩恵によるものですが、それを当たり前のこととせず、問題意識を持って取り組んでいます。


いのちのまなびをどう活かす?

将来は水族館の飼育員として、海洋生物と深く関わる仕事がしたいと思っています。目標の実現に向け、学芸員資格や潜水士資格を取得するための勉強に励んでいるところです。水族館を訪れる多くの人に海や海洋生物を身近に感じていただきながら、環境問題についても考えるきっかけになるような活動をしていきたいと思います。

※2023年ガイドブックに掲載 ※所属は取材時のものです。