帝京科学大学 受験生サイト

学部・学科紹介

 

生命環境学部 自然環境学科

先端の知識・技術と生活を結ぶ 先端の知識・技術と生活を結ぶ

目指せる職業・資格

環境問題を、サイエンスの視点から考察する

取得可能な資格
国家資格
  • 博物館学芸員
  • 中学校・高等学校教諭一種免許状(理科)
民間資格
  • 自然再生士補
取得を支援する資格
国家資格
  • 甲種危険物取扱者受験資格
  • 公害防止管理者
  • 環境計量士
卒業生の主な進路
    • JA東京みなみ
    • アース環境サービス㈱
    • 足立区立渕江中学校
    • 石垣島マリンステージクライム
    • 柏市立柏第二中学校
    • ㈱環境管理センター

ほか

自然環境学科就職率

94.1%

くわしい将来の進路はこちら

※2019年3月現在 ※就職率=就職者/就職希望者×100(平成25年度 文化省通知による定義)

学びのポイント

POINT01「生物」と「化学」
2つの分野を学ぶメリットとは

環境問題を理解するためには、生物と自然の関わりについての知識、そして化学と環境との関わりについての知識、どちらも不可欠です。2つの分野をバランスよく学ぶことで、環境問題を総合的に考えるための視点を身に付け、そのうえで興味・関心のあるテーマについて掘り下げていきます。

POINT02フィールドワークや実習を通じて
多角的な視点を養う

「生物環境分野」で欠かせないのが野外調査(フィールドワーク)。千住キャンパスでは、河川や海、都心にも近い立地を活かしたフィールドワークが盛んです。さらに、小笠原諸島などで実施される「環境特別実習」に参加することも可能。実践的な学びを通じて、課題を発見・分析・解決する力を養います。

POINT03化学から環境問題にアプローチするための
充実した実験設備・機器

化学物質による環境汚染、水質改善など、「化学」から環境問題にアプローチしたい学生のために、最新の実験設備・機器を用意。さまざまな条件で実験を行うことで、データを収集・分析するための力を身に付けるとともに、環境にやさしい製品や技術の開発といった化学物質による環境負荷の低減を実践することができる能力を養成します。

学生VOICE

武井 良樹さん

環境保全の難しさを知り、
関わり続けていくことの大切さを理解しました

環境保全の難しさを知り、関わり続けていくことの大切さを理解しました

山岸 厚太朗さん 生命環境学部 自然環境学科/4年

大気汚染や水質汚染によって生態系に悪影響が出ているというニュースがきっかけで、環境保全を意識するようになりました。高校の授業でさまざまな実験やフィールドワークを経験していたこともあり、大学で自然のことを詳しく勉強したいと思いました。TEIKAは環境面やキャンパスの雰囲気などに魅力を感じて入学。「保全遺伝学」の授業では、遺伝子という側面から生物の絶滅や進化が起こる仕組みを学び、遺伝的な多様性には大きな意味があることを理解しました。TEIKAで専門的な学びに触れたことで、環境問題は想像以上に規模が大きく、また対策が簡単ではないことを痛感しました。しかし一方で、わずかでも自分で何か貢献したいという思いも強まりました。現在は、ボランティアで河川の清掃などに取り組んでいます。これからも、何らかの形で環境保全の活動に関わり続けていきたいと考えています。