帝京科学大学 受験生サイト

学部・学科紹介

 

医療科学部 東京柔道整復学科

千住キャンパス

現場に基づく学びが即戦力を育む 現場に基づく学びが即戦力を育む

目指せる職業・資格

患者さんを的確に評価、
処置できる柔道整復師に

めざせる資格・免許
国家資格
  • 柔道整復師 国家試験受験資格
民間資格
  • アスレティックトレーナー受験資格
    (日本スポーツ協会公認)
  • トレーニング指導者受験資格
    (日本トレーニング指導者協会認定)
  • 日本スポーツリハビリテーション学会認定トレーナー受験資格
  • BLS(一次救命処置)資格(学内取得可)※
  • 講道館昇段審査受験資格

※別途講習を受講すれば取得可能資格です。

任用資格
  • 社会福祉主事
卒業生の主な進路
  • 行徳総合病院
  • 市毛接骨院
  • あいさわ整骨院・はりきゅうマッサージ院
  • まつなが鍼灸整骨院
  • 宮崎台くじら接骨院
  • STM松本接骨院グループ
  • こころ整骨院グループ
  • 笑顔道整骨院グループ
  • おゆみ野鍼灸整骨院
  • やましろ接骨院・鍼灸院
  • 永井はりきゅう接骨マッサージ院
  • まりも整骨院
  • はっとり鍼灸接骨院
  • アスリードフィットネス
  • コスモポリタンメディカル

ほか接骨院・整骨院多数

くわしい将来の進路はこちら

学びのポイント

POINT01充実した授業と実習で
知識と実践力をバランス良く学ぶ

医療の現場では、専門的な知識と、実践を行うための技術の両方が必要となります。本学科では、1年次から専門的な授業がスタート。国家試験合格のための力をしっかりと養うことができます。実践力を培う実習においては、基礎的なものから専門的なものへと積み重ね、知識と技術を一体化させます

POINT02柔道整復師の国家資格に加えて
ATもめざせる

接骨院や整形外科、介護施設などで働くためにも、ATとしてスポーツの現場で活躍するためにも、国家資格である柔道整復師の資格は欠かせません。対策講座などを実施し、合格に向けてサポートします。AT資格取得を目的としたカリキュラムを用意。アスリートを支える医療人をめざします。

POINT034年間かけて学ぶからこその
「引き出し」の多い柔道整復師に

「再びケガをしないよう運動の提案をする」「栄養や食生活のアドバイスをする」など、医療の現場では、単に処置をするだけではなく、生活全般にわたって指導ができる柔道整復師が求められています。本学科では、国家資格+αの学びを実施し、対応力を身に付けた人材の養成をめざしています。

学生VOICE

松原 治人 さん

松原 治人 さん

医療科学部 東京柔道整復学科 4年

入学のきっかけは?

高校時代はハンドボールに熱中し、よくケガをしていました。接骨院が身近な存在だったことから、ケガの治療もトレーニング指導にも関われる柔道整復師という仕事に興味を持つようになりました。柔道整復師に加えアスレティックトレーナーやトレーニング指導者などの資格も取得できることからTEIKAを志望しました。


情熱を注ぐ研究は?

1・2年次で学んだ「解剖学」や「基礎整復学」は、当時それぞれ別の学問だと認識していました。しかし3年次の「臨床整復学実習」で骨折や脱臼などの固定・整復術を学んだとき、これまで「点」だった知識が「線」となり、頭のなかで有機的に結び付く感覚を覚えました。それぞれの学びがつながる知的興奮とともに、自分が一段階成長したことが明らかにわかりました。すべての学修が糧になる学科です。


いのちのまなびをどう活かす?

TEIKAで学んだ医療従事者としての考え方や、生涯学び続ける態度を忘れず、柔道整復師としてさまざまな患者さんの施術を行っていきたいです。将来的には独立開業し、接骨院に来られない患者さんに対しても訪問治療を行うなど、高齢社会に求められる医療サービスを広く提供したいと考えています。

※2023年ガイドブックに掲載 ※所属は取材時のものです。