帝京科学大学 受験生サイト

学部・学科紹介

 

生命環境学部 アニマルサイエンス学科

人・動物、社会の三者間をつなぐ 人・動物、社会の三者間をつなぐ

目指せる職業・資格

動物園や水族館の動物からコンパニオンアニマルまで飼育動物について幅広く学べる

めざせる資格・免許
国家資格
  • 中学校・高等学校教諭一種免許状(理科)
  • 博物館学芸員
民間資格
  • ドッグトレーナー(OPDES認定)
  • ペット栄養管理士
  • ビオトープ管理士
  • NEALのリーダー(自然体験活動の指導者)
  • プロジェクト・ワイルド・エデュケーター
  • 生命分類技能検定2級(動物部門)
本学認定資格
  • 動物介在教育アドバイザー
  • コンパニオンアニマルアドバイザー
卒業生の主な進路
  • ㈱DMM RESORTS(DMMかりゆし水族館)
  • オリックス水族館㈱
  • ㈱もりおかパークマネジメント
  • イオンペット㈱
  • ㈱チャーム
  • ㈱どうぶつむら
  • 特定非営利活動法人東京キャットガーディアン
  • ㈱日本水族館
  • ㈱藤井牧場
  • ペットワールドアミーゴ
  • 特定非営利活動法人千葉自然学校
  • ㈱アニマルケア
  • 日本生命保険相互会社ホーテ

ほか

くわしい将来の進路はこちら

学びのポイント

  • POINT01野生動物から飼育動物まで
    「ヒトと動物の共生」について幅広く学べる学科

    野生動物との軋礫。動物園や水族館のあり方。イヌやネコなど伴侶動物との関係。感染症の問題。これからの社会では「人と動物のより良い共生」を実現するために、動物の生態や行動を科学的に理解できる人材が求められています。本学科では、野生動物から飼育動物まで、さまざまな動物の専門的知識をもつ教員が研究を行っており、学生は自分の関心に合わせて多様なテーマを学ぶことができます。

    POINT02めざす将来に応じて専門性を深められる
    3コース制の学び

    動物関連の現場をはじめ、幅広い将来像が広がる「アニマルサイエンスコース」、動物が人の心身に与える影響を探る「アニマルセラピーコース」、自然のなかで人間と動物の関係を考える「野生動物コース」からなる、コース制を導入(3年次に配属)。幅広く動物について学びながら、専門性を深めることが可能です。

    POINT03学生の探究心を刺激する
    多様な動物たちと充実した飼育施設

    動物のことを深く知るためには、実物の動物を見たり触れたりする経験を持つことが重要です。本学科では、さまざまな動物が暮らす施設が充実しています。「馬介在活動センター」は、ウマの飼育やホースセラピーの実践の場として活用されています。「コンパニオンアニマルセンター」では、イヌやネコをはじめとした伴侶動物が暮らしており、動物福祉に配慮した飼育法の研究が進められています。

  • 学生VOICE

    伊藤 竜成 さん

    伊藤 竜成 さん

    生命環境学部 アニマルサイエンス学科 アニマルサイエンスコース 4年

    入学のきっかけは?

    地球には数千万種もの多様な生き物が存在し、直接的・間接的につながっています。そんなさまざまな生き物の恩恵を得ながら、人と自然の持続可能な共生を実現するのが「生物多様性保全」です。私は以前からこの生物多様性保全と海洋生物に興味があり、師事したい教員が両分野ともにTEIKAにいたことが入学の決め手でした。


    情熱を注ぐ研究は?

    TEIKAで学ぶうち、イヌの行動や心理に興味が湧き、その研究に力を入れています。「アニマルサイエンス実習」では臭気探知トレーニングを通してイヌの嗅覚の鋭敏さを実感しました。また、作業犬や補助犬について、実務経験のある講師からトレーニング方法も教わっています。イヌを扱う難しさを理解すると同時に、イヌとともに働くことはことばにならないほどの感動や達成感があると気づきました。


    いのちのまなびをどう活かす?

    イヌに関わる仕事を通して、イヌの頼もしさや愛情深さを多くの人に知っていただき、飼い主を中心にイヌと人とのさらなる信頼関係の構築に貢献したいと考えています。授業や研究で学んだこと以外にも、「ドッグトレーナー研究部」で副部長として組織を動かした経験を活かし、イヌの理解に向けた啓発活動にも取り組んでいきます。

    ※2023年ガイドブックに掲載 ※所属は取材時のものです。



人・動物、社会の三者間をつなぐ 人・動物、社会の三者間をつなぐ

目指せる職業・資格

動物とのふれあいから生まれる効果 学びのアプローチは多種多様

めざせる資格・免許
国家資格
  • 中学校・高等学校教諭一種免許状(理科)
  • 博物館学芸員
民間資格
  • ドッグトレーナー(OPDES認定)
  • ペット栄養管理士
  • ビオトープ管理士
  • NEALのリーダー(自然体験活動の指導者)
  • プロジェクト・ワイルド・エデュケーター
  • 生命分類技能検定2級(動物部門)
本学認定資格
  • 動物介在教育アドバイザー
  • コンパニオンアニマルアドバイザー
卒業生の主な進路
  • ㈱DMM RESORTS(DMMかりゆし水族館)
  • オリックス水族館㈱
  • ㈱もりおかパークマネジメント
  • イオンペット㈱
  • ㈱チャーム
  • ㈱どうぶつむら
  • 特定非営利活動法人東京キャットガーディアン
  • ㈱日本水族館
  • ㈱藤井牧場
  • ペットワールドアミーゴ
  • 特定非営利活動法人千葉自然学校
  • ㈱アニマルケア
  • 日本生命保険相互会社ホーテ

ほか

くわしい将来の進路はこちら

学びのポイント

  • POINT01動物との共生をテーマに
    幅広く学べる「日本で初めての学科」

    コンパニオンアニマルや補助犬の普及などにより、社会のあらゆる場面で動物の生態を理解し、適切な判断ができる人材が求められています。本学科では、多彩な専門性を持つ教員による授業と、実際に動物と接する実習を展開しています。「人と動物の共生」について、多角的に学ぶことができます。

    POINT02めざす将来に応じて専門性を深められる
    3コース制の学び

    動物関連の現場をはじめ、幅広い将来像が広がる「アニマルサイエンスコース」、動物が人の心身に与える影響を探る「アニマルセラピーコース」、自然の中で人間と動物の関係を考える「野生動物コース」から成る、コース制を導入(3年次に配属)。幅広く動物について学びながら、専門性を深めることが可能です。

    POINT03学生の探究心を刺激する
    最新の機器と、充実の実習設備

    イヌやネコなどの動物を実際に飼育し、行動を観察できる「コンパニオンアニマルセンター(CAC)」をはじめ、乗馬療法の実践に向けて学ぶ「馬介在活動センター」、ドッグランなど、実習のための設備が充実。最新の機器を使用しながら、授業で学んだ専門知識を実践的スキルに結びつけることができます。

  • 学生VOICE

    橋本 和佳奈 さん

    橋本 和佳奈 さん

    生命環境学部 アニマルサイエンス学科 アニマルセラピーコース 4年

    入学のきっかけは?

    高校では馬術部に所属し、落馬の恐怖やそれを克服する喜びといった経験を通して、ウマの持つ不思議な魅力に惹かれるようになりました。大学でウマが飼育され、なおかつ介在活動を行っているのは私の知る限りTEIKAだけです。障がいのある方の乗馬にも興味があるので、障がい者乗馬会とその実行委員会があることも魅力でした。


    情熱を注ぐ研究は?

    「馬介在活動センター」の委員として、ウマの飼育管理をはじめ小学校の遠足や実習のお手伝い、乗馬や曳き馬練習などを行っています。「馬介在活動センター」を訪れるすべての人にウマの魅力を伝えるには、まず自分自身がウマを知ることが大切なため、特に行動観察に力を入れています。生態に関わる行動から一頭一頭の個性の違いまで学ぶことが多く、授業との両輪で活きた知識を身に付けています。


    いのちのまなびをどう活かす?

    ウマの世話をするときはその子が何を求めているか、どうすれば私に協力してくれるか、考える場面がたくさんあります。そしてその視点は、対人コミュニケーションにも必要だと気づきました。表面的な言葉に惑わされず、相手と共通する部分を探して理解し合う。この学びを活かしてチームで何かを達成する仕事に就きたいです。

    ※2023年ガイドブックに掲載 ※所属は取材時のものです。



人・動物、社会の三者間をつなぐ 人・動物、社会の三者間をつなぐ

目指せる職業・資格

大自然の中でのフィールドワークなど、実践的な学びが充実

めざせる資格・免許
国家資格
  • 中学校・高等学校教諭一種免許状(理科)
  • 博物館学芸員
民間資格
  • ドッグトレーナー(OPDES認定)
  • ペット栄養管理士
  • ビオトープ管理士
  • NEALのリーダー(自然体験活動の指導者)
  • プロジェクト・ワイルド・エデュケーター
  • 生命分類技能検定2級(動物部門)
本学認定資格
  • 動物介在教育アドバイザー
  • コンパニオンアニマルアドバイザー
卒業生の主な進路
  • ㈱DMM RESORTS(DMMかりゆし水族館)
  • オリックス水族館㈱
  • ㈱もりおかパークマネジメント
  • イオンペット㈱
  • ㈱チャーム
  • ㈱どうぶつむら
  • 特定非営利活動法人東京キャットガーディアン
  • ㈱日本水族館
  • ㈱藤井牧場
  • ペットワールドアミーゴ
  • 特定非営利活動法人千葉自然学校
  • ㈱アニマルケア
  • 日本生命保険相互会社ホーテ

ほか

くわしい将来の進路はこちら

学びのポイント

  • POINT01動物との共生をテーマに
    幅広く学べる「日本で初めての学科」

    コンパニオンアニマルや補助犬の普及などにより、社会のあらゆる場面で動物の生態を理解し、適切な判断ができる人材が求められています。本学科では、多彩な専門性を持つ教員による授業と、実際に動物と接する実習を展開しています。「人と動物の共生」について、多角的に学ぶことができます。

    POINT02めざす将来に応じて専門性を深められる
    3コース制の学び

    動物関連の現場をはじめ、幅広い将来像が広がる「アニマルサイエンスコース」、動物が人の心身に与える影響を探る「アニマルセラピーコース」、自然の中で人間と動物の関係を考える「野生動物コース」から成る、コース制を導入(3年次に配属)。幅広く動物について学びながら、専門性を深めることが可能です。

    POINT03学生の探究心を刺激する
    最新の機器と、充実の実習設備

    イヌやネコなどの動物を実際に飼育し、行動を観察できる「コンパニオンアニマルセンター(CAC)」をはじめ、乗馬療法の実践に向けて学ぶ「馬介在活動センター」、ドッグランなど、実習のための設備が充実。最新の機器を使用しながら、授業で学んだ専門知識を実践的スキルに結びつけることができます。

  • 学生VOICE

    近藤 那奈 さん

    近藤 那奈 さん

    生命環境学部 アニマルサイエンス学科 野生動物コース 4年

    入学のきっかけは?

    高校生のとき小笠原諸島の父島で実習を行い、外来種が在来生物を駆逐する実態や、そのなかで希少な固有種をどう保全するかといった問題を学びました。これをきっかけに野生動物や自然保護活動に興味を持ち、大学でさらに専門的に勉強したいと思いました。野生動物コースがあるTEIKAは、そんな私の理想にぴったりでした。


    情熱を注ぐ研究は?

    北海道での自然保護活動を通してツルの一種、タンチョウに興味を持ちました。まだ計画の段階ですが、北海道・キナシベツ湿原の周辺に見られるタンチョウの行動圏や生息地の調査研究を行う予定です。個体数が増えて生息地が拡大しているタンチョウがどのような生息環境を選んでいるか、その場所の傾向を知ることで自然保護につなげていけるのではないかと期待しています。


    いのちのまなびをどう活かす?

    1年次から参加している北海道の湿原での自然保護活動を将来にわたり継続し、タンチョウをはじめとする野生動物の保全に貢献したいと考えています。そのために、講義や実習で専門的な知識や経験を積む一方、積極的に現地に足を運び、生息地の人びとと活動をともにして関係性を深められるよう努力しています。

    ※2023年ガイドブックに掲載 ※所属は取材時のものです。