帝京科学大学 受験生サイト

学部・学科紹介

 

生命環境学部 自然環境学科

生命と健康の未知へ挑む 生命と健康の未知へ挑む

目指せる職業・資格

自然に囲まれた環境で、環境問題を考える視点を養う

取得可能な資格
国家資格
  • 中学校・高等学校教諭一種免許状(理科)
  • 博物館学芸員
民間資格
  • 自然再生士補
取得を支援する資格
国家資格
  • 甲種危険物取扱者試験受験資格
  • 公害防止管理者
  • 環境計量士
卒業生の主な進路
  • 山梨県庁
  • 自衛隊
  • エバークリーン㈱
  • ABCロジテム㈱
  • 梨北農業協同組合
  • 日本圧延工業㈱
  • ㈱東急ストア
  • 日本電機㈱
  • ㈱エスエスワイ
  • クボタメンブレン㈱
  • 千代田電興㈱
  • ㈱市川環境エンジニアリング
  • 日特建設㈱
  • いすゞ自動車首都圏㈱
  • ㈱環境管理センター
  • 角上魚類ホールディングス㈱
  • ウィルソフト㈱

くわしい将来の進路はこちら

学びのポイント

POINT01「生物」と「化学」を学ぶことで
総合的な視点を養う

環境問題を解決するために必要な生物と自然の関わり、そして化学と環境の関わりについての知識、どちらもバランスよく学べるのが本学科のメリットです。環境について総合的に考察するための視点を養ったうえで、興味・関心があるテーマについて深く探究していきます。

POINT02フィールドワークや実習で
自ら考え、解決する力が身に付く

「生物環境分野」で欠かせない野外調査(フィールドワーク)。山林や河川、ダムなどが近くにある東京西キャンパスは、フィールドワークを行ううえで恵まれた環境です。さらに、小笠原諸島などで実施される「環境特別実習」への参加も可能。実践的な学びを通じて、課題を発見・分析・解決する力を養います。

POINT03化学から環境問題を考えるための
充実した実験設備・機器

自然に恵まれた東京西キャンパスでは、「富士山や相模湖などの大気や水、土壌の汚染」など、立地条件を活かして環境問題にアプローチする研究が可能です。化学実験・分析を行うための設備・機器も充実。大気や水、土壌の成分を高度な技術により正確に分析・測定し、得られたデータを解析する能力を身に付けます。

学生VOICE

平川 瑠菜 さん

平川 瑠菜 さん

生命環境学部 自然環境学科 2年

入学のきっかけは?

小さいころから富山の豊かな自然に囲まれて育つなかで、おのずとこの地の自然環境を守り伝えたいと思うようになりました。学科を選ぶ際、環境問題を科学的な視点から学ぶか、生態学や保全といった視点から学ぶか迷いましたが、TEIKAの自然環境学科なら専門を固定せず、さまざまな分野を幅広く履修できるため志望しました。


情熱を注ぐ研究は?

環境問題のとらえ方は、国や地域、個人によって異なります。「環境と生物多様性」の授業では、事象の具体例だけでなく、それぞれの背景にある歴史や思想まで学ぶため、現代の環境に対する課題発見や問題解決力が身に付きます。映画のストーリーや登場人物の分析を通して自分自身の環境観を考えるユニークな授業もあり、異なる環境観と向き合うことで視野が広がりました。


いのちのまなびをどう活かす?

自然と人とを仲介する、インタープリターになるのが将来の夢です。地域の特色を理解し、そこにしかない魅力や自然からのメッセージを人びとに伝え、生態系の保全や地域の活性化に貢献したいと考えています。また、たくさんの自然体験を通して、人と自然はもちろん、人と人との温かなつながりの場をつくることも目標です。

※2023年ガイドブックに掲載 ※所属は取材時のものです。