帝京科学大学 受験生サイト

学部・学科紹介

 

生命環境学部 生命科学科

生命科学の知見と社会を紐づける 生命科学の知見と社会を紐づける

目指せる職業・資格

バイオや食品など、生命科学分野での活躍をめざす

めざせる資格・免許
国家資格
  • 中学校・高等学校教諭一種免許状(理科)
  • 博物館学芸員
  • 食品衛生管理者・監視員
  • 甲種危険物取扱者試験受験資格※
  • 技術士(生物工学部門)※
民間資格
  • バイオ技術者認定試験(上級)

※取得を支援する国家資格

卒業生の主な進路
  • JA梨北(梨北農業協同組合)
  • 山梨県中央市役所
  • アドバンテック㈱
  • ㈱メイキョー
  • ㈱スギ薬局
  • ㈱グルメデリカ
  • 角上魚類ホールディングス㈱
  • ㈱いなげや
  • ㈱花正
  • 日本体育大学荏原高等学校(理科教員)

ほか

くわしい将来の進路はこちら

学びのポイント

POINT01生命科学を体系的に学ぶとともに
自ら「探究する」姿勢を身に付ける

生命科学は、私たちが健康に過ごすうえで欠かすことができない学問分野です。本コースでは、遺伝子から動植物、医薬品、食品など生命科学のさまざまな分野について、基礎から応用まで体系的に学びます。ただ知識を学ぶだけでなく、科学的に物事をとらえる姿勢や、論理的に探究する方法も身に付けていきます。

POINT02充実した実験機器・設備で
生命現象について実践的に学ぶ

バイオ医薬品や機能性食品など、ますます広がっている生命科学を応用した産業。本コースでは、充実した実験設備を使用して、生命科学分野で活躍するためのさまざまな技術を身に付けます。多くの実験を通じて、失敗を恐れず試行錯誤することの重要性や、成果を得るために工夫を重ねる姿勢を学びます。

POINT03基礎をしっかり学んでから
専門性を深められる

少人数ならではの、学生一人ひとりのレベルに応じた導入教育を実施。1年次の共通科目では、数学をはじめ物理、化学、生物、英語などの基礎をしっかり身に付けます。苦手な科目、高校で履修していない科目も学び直せます。また、専門科目では、授業と実験の相乗効果で専門性を深められます。

学生VOICE

落合 楓奈 さん

落合 楓奈 さん

生命環境学部 生命科学科 生命コース 4年

入学のきっかけは?

中学の職場体験で農業に関わり、日本の農業の現状や食糧問題を知ったことから、バイオ産業や食品づくりといった生命科学に関する生物に興味を持ちました。TEIKAのキャンパスは広々としていて自然豊かで、実験施設も充実しています。ここでなら実践的に学べると思いました。多くの資格が取得できるカリキュラムも魅力でした。


情熱を注ぐ研究は?

食品の安全性と機能性の科学的根拠となる食品成分が、どのような方法で分析されているか学んでいます。各成分を正確に分析するには、それぞれ試料に適した溶媒や粉砕方法、濃縮や抽出方法を選択する必要があり、そこに面白さを感じています。私たちの生活に身近な食品における分析の必要性や原理、技術について詳しく知ることで、食品衛生に対する理解がさらに深まっています。


いのちのまなびをどう活かす?

日本の農業従事者は高齢化による減少が進み、食料自給率も低下する一方です。こうした現状をバイオサイエンスを通して改善し、さらに豊かにする研究職に就きたいと考えています。そのためにはバイオサイエンスはもちろん、幅広く知識を吸収しなければなりません。TEIKAで得た知識が必ず将来の糧になると確信しています。

※2023年ガイドブックに掲載 ※所属は取材時のものです。