地域連携

地域連携活動団体助成

目的

本学の「建学の精神」に、『人類の将来を正しく見据え、生命の尊厳を深く学び、自然と人間の共生に貢献できる人材を育て、持続可能な社会の発展に寄与する。』と謳われている。この趣旨を実現するためには、地域と連携した種々の活動を積極的に推進し、地域の人々と心のこもった交流を行い、桂川渓谷など地域の豊かな自然環境と直に触れ合うことが必要である。このような活動を通して地域社会への貢献と同時に、学生にも知情意のバランスのとれた豊かな心が育まれるという教育的効果も期待できる。本プロジェクトは、上記の建学の精神に則り、地域連携教育活動を行っている学生団体への支援を行うことを目的とする。

地域連携活動団体助成とは

  • 帝京科学大学の学生によって構成される団体のうち、地域への貢献度が特に高いと認められる活動団体に交付される助成金である。
  • 選考により、採用する団体を決定する。
  • 採用された団体に対し助成金が支給される。

下図は参加した学生へのアンケート結果です。図から学生が活動を通して教育研究面で多くのことを学んでいることがわかり、支援事業の一層の発展が期待される。

地域連携教育活動に参加した学生のアンケートまとめ