学校教育学科

コースの紹介

中高保健体育コース 千住キャンパス

スポーツ活動や健康・体力づくりの大切さを伝えることのできる保健体育教員に

2020年、東京オリンピック・パラリンピック開催を契機に、持続可能な運動指導による生徒の心身の発達を図り、スポーツ活動や健康・体力づくりの大切さを伝えることのできる中学校・高等学校の保健体育教員を養成します。

Point 1

教育系学部ならではの高い使命感と倫理観を持った教員に

教育系の保健体育コースで学ぶメリットは、体育の専門的知識に加え、指導法など、保健体育に求められる資質を総合的に身に付けられる点です。運動技能だけでなく、個々に応じた適切な運動指導により、生徒から信頼される保健体育教員を育成します。

Point 2

充実した施設・設備 他学部の授業も受講が可能

本学には、体育施設と保健体育科目を支える学部・学科があります。こうした学修環境を最大限に活用し、他学部・学科の科目を履修することで、さらに深く幅広い専門的知識・技能を身に付けることができます。

Point 3

経験豊かな教授陣による実践的な指導

その分野で活躍する第一線のプロが実践的な技術と知識を教え、社会人としての即戦力を養います。また、体育・スポーツ界に精通する教授陣との活動を通じて世界観が広がっていきます。

授業紹介

運動指導演習

体づくり

体をほぐし、体力を高める体育実技が中心です

柔らかい体、正しい姿勢は健康のみなもと。授業では、さまざまな体ほぐしの運動と体力を高める運動を行って、体を動かす楽しさや心地良さを味わいます。体力を高める運動は、柔軟性、力強さ、巧みな動き、持続力の4 つの観点から学修し、目的に合った運動の組み合わせを理解したうえで、その運動法と指導法を学びます。

体育科教育演習

屋外球技

スポーツを楽しみながら実践的な指導力を身に付ける

サッカーとソフトボールをゲーム形式で行い、それぞれの球技の魅力や特性を理解するとともに、技術や戦術、ルールやマナーを体得します。さらに練習法や指導法もゲームのなかで運動しながら学ぶため、机上の理論では得られない実践力が身に付きます。