作業療法学科

Department of Occupational Therapy

作業療法学科
(東京西キャンパス)

オーダーメイドのリハビリテーションができる作業療法士に

患者さん一人ひとりの状態に応じて、リハビリテーションを実施するのが作業療法士。マニュアルなど存在しない世界で、オーダーメイドのリハビリテーションを展開するための知識と技術を身に付けます。少人数制の環境と、助言教員による「目の行き届いた教育」が特長。実習室などの設備も充実しており、作業療法に必要なさまざまなスキルと、患者さんに適切な提案を行うためのコミュニケーション能力を養います。

イメージ

3つの特色 Features

Point 1

特色1

ものづくりの幅が広がる充実した施設・設備

和室やキッチン、浴室なども備えた実習室を完備。実際の住宅のような環境で、患者さんの生活を想像しながら作業療法についての学びを深めます。さらに陶芸や織物、木工などいろいろな作業を体験することで、その作業がリハビリテーションに及ぼす効果について考察・分析する視点を養います。

Point 2

特色2

乗馬療法をはじめ、動物を介在させたリハビリテーションを学ぶ

アメリカでは乗馬療法が一般的なリハビリテーションとして取り入れられています。本学科は、この乗馬療法を本格的に学べる国内唯一の学科。馬介在活動センターや、牧場のある病院・福祉施設など、学内外の施設を学びの場とし、実践経験を積みながら乗馬療法に必要な基礎知識を身に付けることができます。

Point 3

特色3

効率よく、手厚い国家試験対策で合格に向けてサポート

1 年次の早期から、国家試験対策をスタート。模擬試験を繰り返して実施することで、苦手な分野を把握し、克服に役立てることができます。さらに、助言教員が学生一人ひとりの実力を見きわめ、きめ細かな学修指導を行います。国家試験の直前には、対策のための集中講義なども開講します。

学科長あいさつ Voice

人の健康と幸福を支援する作業療法


学科長・教授
小橋 一雄

 作業療法とは、生活への向き合い方を通して「健康」と「幸福」に貢献していくリハビリテーションです。作業とは、対象となる人々にとって目的や価値を持つ生活行為を指し、作業療法は、作業に焦点を当てた治療、指導、援助を行います。


 その歴史は、障害や病気を抱えた一人の当事者の方の声によって始まりました。そして、医者、看護師、ソーシャルワーカー、芸術家、教師、建築家などの多職種によって形作られ、"当事者の声を反映した実践の積み重ね"が、現代の作業療法につながっています。どうすれば、安心した時間を過ごせるのか?どうすれば仕事に戻ることができるのか?そんな声だったのかもしれません。


 作業療法学科での学びは、「心身の機能と構造」「疾病と障害」「日常行われている様々な作業」について、幅広く学びます。それは、生活との向き合い方によっては「健康」になることもあれば「不健康」になる場合があるからです。


 本学科では、高度な専門的知識や技術を用いて、身体障害や精神障害にとどまらず、その方の生活、人生に向き合うことのできる思いやりのある人間教育を重視します。


 私たち作業療法学科の教職員一同は、意欲あふれる、「人に寄り添い」「気持ちを大切にし」「思いやり」のある皆さんを心から歓迎し支援いたします。

  • 学部紹介MOVIE 医療科学部
  • NEXTオープンキャンパス
  • TEIKAジャーナル
TOP