生命科学科

コースの紹介

臨床工学コース 千住キャンパス

高度化する医療の現場で通用する人材を育てる

工学系と医療系、2 つの知識と技術を兼ね備え、医療の最前線で活躍する「臨床工学技士」。本コースでは、臨床工学技士国家試験に向けたカリキュラムを整備。さらに、高度化する医療現場に対応するための、幅広い専門知識と教養を身に付けた人材の育成をめざしています。また4 年次には、本学学生の身分のまま、提携校である帝京短期大学専攻科で国家試験に向けた臨床実習などの学修を行います。

Point 1

チーム医療の最前線で専門性を発揮できる臨床工学技士に

高度化が進む医療の現場において、重要な役割を担う臨床工学技士。医療機器を正確に取り扱い、メンテナンスするための能力に加えて、医師をはじめとする他職種と連携してチーム医療を推進する能力が求められます。本コースでは、チーム医療のなかで専門性を発揮するための、幅広い知識と技術を学びます。

Point 2

患者さんに信頼される人間性も培うことができる環境

患者さんと間近に接し、いわば「いのちをお預かりする」のが、臨床工学技士の仕事です。知識や技術のみならず、患者さんに信頼されるためのコミュニケーション能力も必要となります。本コースでは、少人数制ならではの環境で、セミナーを通じて学生一人ひとりの学力に応じた教育を行います。

Point 3

卒業後も学び続けるための基礎となる知識を身に付けます

医療現場の進歩に合わせて、最先端の工学および医学の授業を展開。臨床工学技士国家試験に合格するための実力を養います。また、将来さらに高度な資格を取得するための基礎となる知識や、研究活動に必要な手法も併せて学び、卒業後のステップアップにつなげていきます。

理念

チーム医療の一員として活躍する臨床工学技士を目指します。

病室をはじめ、手術室やICU(集中治療室)などで活躍する臨床工学技士。高度化した医療機器を扱えるだけではなく、医師や看護師など医療スタッフたちと協力しながらチーム医療を行う能力が求められます。

学びの特色

1年次で自然科学、コンピューター、エレクトロニクスなどの基礎を学びます。2年次、3年次で臨床工学技士に欠かせない工学系と医学系の専門基礎科目を学びます。

学生に勧める資格

4年次に、東京にある提携校「帝京短期大学専攻科臨床工学専攻」にキャンパスを移して、臨床実習と医用治療機器学や生体機能代行技術学などの専門科目を学び、臨床工学技士の受験資格を取得します。

卒業後の進路

病院、福祉施設、医療機器製造・販売関連