生命科学科

Department of Life & Health Sciences

生命科学科
(東京西キャンパス・千住キャンパス)

コース紹介 Course

学科長あいさつ Voice

「ヒトの健康を科学する」をモットーとし、
君たちのチャレンジを待っています。


学科長・教授
東 克己

 私たちが暮らす、21世紀は、自然災害、戦争、地球温暖化、パンデミックなど、様々な脅威がこれまでになく頻発する、不安定な時代となってきています。まさに、人類の未来を掴み取る力が試される不確実性の高い時代に、私たちは生きていると言えます。こうした時代に人として立ち向かっていくためには、やはり「知」と「技」の力が必要であると私たちは考えています。特に、21世紀は生命科学の時代と言われ、再生医療や遺伝子治療など、以前は夢と思われた技術が現実となる時代を迎えており、私たち生命科学科における学びは、まさに時代の中心に位置するようになってきています。


 生命科学科は、2008年にバイオサイエンス学科を拡張改組し誕生し、現在は千住、東京西両キャンパスで、「ヒトの健康を科学する」をモットーとして、それぞれの特徴を生かした教育を行なってきています。千住キャンパスにおいて、生命・健康コースでは、香粧品分野において心と体の健康を充実させることを学び、また生命科学の基礎から食品分野、医療分野、工業分野などの応用的な分野に至る、広い範囲の知識や技術を得ることを目標としています。また、臨床工学コースでは医療現場における医療機器運用のスペシャリストである、臨床工学技士の育成を、生命・健康コースと連携して行なっていきます。東京西キャンパスの生命コースでは、自然豊かなキャンパスの特徴を生かし、生命科学の楽しさ、奥深さを実践的に学んでいきます。


 このように生命科学科では、基礎から実践まで幅広い教育・研究活動を行っています。特に、生命・健康コース、生命コースでは、「生命科学基礎実験1,2」、「生命科学実験1,2」、「卒業研究」と、豊富な実験科目で実践的な知識と技術を身につけ、臨床工学コースでは、工学的知識と医学的知識をバランスよく学ぶことができるという特徴があります。若さと希望に満ちあふれた諸君、生命科学科では君たちのチャレンジを待っています。

  • 生命環境学部紹介MOVIE
  • メイク落としのヒミツに迫る!
  • TEIKAジャーナル
TOP