大学案内

各学部および各学科の目的

生命環境学部の目的

生命環境学部は、生命・環境・情報・医療の分野で専門的な知識と技術を教授し、知・情・意の均整のとれた教育を通して人格の陶冶を図り、実践的及び応用的能力を育成するとともに、深く専門の学術を研究し、国際的視野に立って、我が国の発展に貢献できる高度な専門知識と実践的な問題解決能力を備えた人材を養成することを目的とする。

『生命科学科』の目的

生命科学科は、学術の基礎的知識を教授するとともに、 生命科学、健康科学及び医療工学に関わる高度な専門的知識と実践的な技術を教授する。更に知・情・意の均整のとれた教育を通して、知識力と応用力を十分に有し、人間性に富んだ人格を育む。これらを通して、幅広い知識と技術に裏付けられた生命科学及び健康科学の技術者・研究者並びに医療工学分野の知識と実践的技術を身につけた医療技術者を養成する。

『自然環境学科』の目的

自然環境学科は、持続可能な発展を目指した社会の構築に貢献できる実践的で高い倫理観を持った技術者及び研究者の育成を目的として、自然環境科学に関連した専門知識を習得させるとともに倫理観と社会的責務を認識させる教育を行う。更に野外実習や野外研修などの実地体験を通して実践的な知識と技術を習得させる。

『アニマルサイエンス学科』の目的

アニマルサイエンス学科は、コンパニオンアニマルと野生動物に関する諸問題を解決し、人間と動物とのより良き共生を実現するために、基本的な動物科学及び動物の福祉・健康・生態・保全等に関する教育・研究を行う。また、人間の福祉・心理・社会・教育等に関する教育・研究を行う。これらを通して、豊かな人間生活を創出できる社会に貢献する実践力のある人材を育成する。

医療科学部の目的

医療科学部は、理学療法学、作業療法学、柔道整復学、看護学及び医療福祉学において幅広い一般教養教育と高度な専門教育を通して最新の知識・技術を提供し、これらを高い専門性をもった研究の成果を踏まえた教育方法で施す。これらによって、学生の創造的能力を促進させ、専門家としての高度に知的、道徳的、応用的な業務能力を習得させる。

『理学療法学科』の目的

理学療法学科は、知識と技術を駆使して一人ひとりの残存している心身の機能を最大限まで引き出し、障害の軽減を図ることはもとより、障害を遺残しつつも充実した生活が送れるよう援助する情熱のある高度なスペシャリストとしての理学療法士の養成を目的とする。高齢社会の到来、対象者のニーズの多様化、医療保険制度の変化に即応できる幅広い知識と技術を有し、加えて常に自らの能力を点検・評価し、生涯学び続ける姿勢を身に付けた人材を育成する。

『作業療法学科』の目的

作業療法学科は、知識と技術を駆使して一人ひとりの残存している心身の機能を最大限まで引き出し、障害の軽減を図り、障害を遺残しつつも充実した生活が送れるよう援助する情熱のある高度なスペシャリストとしての作業療法士の養成を目的とする。作業分析に基づき、日常生活活動を含む各種作業遂行の援助を行い、加えて義肢、装具、車椅子を使用する人に対しては、実際の生活の場で使用方法の助言を行い、社会復帰を促すなど、障害をもつ人の生命、生活、人生の質の向上を支援できる人材を育成する。

『柔道整復学科』の目的

柔道整復学科は、柔道整復学の知識と技術を駆使し、徒手により骨折や脱臼をはじめとする打撲・捻挫の治療を行い、様々な治療現場で通用する情熱のある高度なスペシャリストとしての柔道整復師の養成を目的とする。施術所での機能訓練に加え、在宅医療、訪問リハビリテーション等の知識及び技術を体系的に修得し、病める人の心を理解できる豊かな人間性とチームアプローチにおける協調性を備え、絶え間なく進歩する医療技術に常に関心を示す探究心を備えた柔道整復師を育成する。

『東京理学療法学科』の目的

東京理学療法学科は、理学療法学の知識と技術を駆使し、患者の残存している心身の機能を最大限まで引き出し、多様な要望に即応できる質の高い理学療法士を養成することを目的とする。これらの目的を達成するために、理学療法士として常に自らを点検・評価できる能力の育成、生涯学び続ける姿勢を身につけるための教育、科学的思考力を育成するための研究、高度な徒手的技術の教授を通して、社会に貢献できる人材を育成する。

『東京柔道整復学科』の目的

東京柔道整復学科は、柔道整復学の知識及び技術を体系的に習得し、痛みを訴える患者の心を理解しえる豊かな人間性を備え、チームアプローチによる協調性を備え、絶え間なく進歩する医療技術に常に関心を示す探求心を備えた柔道整復師を育成することを目的とする。施術所での臨床実習、専門的な研究や実践教育により開発された成果に裏付けられた科学的理論と伝承的医療技術を総合的に理解し、外傷施術を科学する独創的能力を身につけた柔道整復師を育成する。

『看護学科』の目的

看護学科は、生命と個人の尊厳を深く学び、高い倫理観を持ち、国際的視野に立った幅広い教養と人間性が豊かで、科学的思考に基づいた専門知識と技術を身につけ、看護学の発展や地域社会の人々の健康に貢献できる看護専門職を育成する。

『医療福祉学科』の目的

医療福祉学科は、いのちと個人の尊厳を深く学び、高い倫理観を持ち、国際的視野に立った幅広い教養と人間性が豊かで、科学的思考に基づいた知識と技術を身につけ、社会福祉の発展や地域社会の人びとの福祉に貢献できる社会福祉専門職を育成する。同時に、既に本学で専門的教育を行っているところの介護予防、レクリエーション、セラピー、ターミナルケア等についても専門的知識を学び、医療との連携・協働をはかりながら社会福祉実践ができ、地域包括ケアシステムの推進の中心的役割を担うことのできる人材を育成する。

教育人間科学部の目的

教育人間科学部は、未来を担う子どもたちの健全な生きる力と感受性を育み、豊かな子ども文化の創造に寄与する教育的指導者を養成する。この目的を達成するため、高度な専門的知識と実践的技能を教授するとともに、子どもの発達過程と生活環境に照らして、豊かなこども文化の創造の条件を科学的に解明し、これを実現する実践的手法を研究開発する。

『こども学科』の目的

こども学科は、幼少期の子どもを対象として、命の温もり、自然の美しさ、不思議さなどを伝え、豊かな子ども文化の創造に貢献するため、知・情・意の均整のとれた健全な人格を備えた教育的指導者の養成を目的とする。身近な動植物や玩具を活用して子どもの生命や自然に対する感受性と、遊びによって子どもの好奇心と創造力を育むための学術的知識と実践的な活動能力を教授する。豊かな子ども文化の創造に寄与する自然と科学技術の教育的利用法及び子どもの発達に対する効果的な教育手法を開発する。

『児童教育学科』の目的

児童教育学科は、次世代を担う子どもたちを心身ともに健全に育てることができる教育的指導者の養成と、そのための効果的な教育手法を開発する。その目的を達成するために、実習・演習を通じて実社会を学ぶ機会を多く設け、自然とのふれあいを通じて学生自らが生命の大切さを理解できる教育を行うことにより、知・情・意の均整のとれた教育的指導者を養成する。また、乳幼児から小学校まで連続した体系として保育及び教育を捉えることにより、時代が求める豊かな子ども文化の創造に貢献する。

『幼児保育学科』の目的

幼児保育学科は、生命の尊厳と科学に対する深い知見を教授し、知・情・意の均整の取れた健全な価値観を身に付け、新生児期、乳児期、幼児期における子ども達にいのちの温もりと自然の豊かさ・美しさを伝えることのできる教育的指導者を育成すること、さらに子どもを取り巻く生活環境のなかで身近な「動植物」と「科学技術」を用いて、子どもの知性と感性を育む新たな教育手法を研究開発することを目的とする。

『学校教育学科』の目的

学校教育学科は、建学の精神のもと、未来社会を担う子どもの教育に貢献するために、「科学的な創造力と子どもを慈しむ温かい心を持つ教師」、「豊かな感性を持ち、確かな実践的指導力のある教師」の養成とそのための効果的な教育手法の研究及び開発を目指す。また、小学校教諭一種免許状だけでなく、中・高等学校教諭一種免許状(理科)、中・高等学校教諭一種免許状(保健体育科)の取得を可能とすることにより、理科教育や保健体育科教育に関する高度な専門知識はもちろんのこと、豊かな人間性やコミュニケーション能力、広い視野を持った教員を養成する。