理学療法学科

Department of Physical Therapy

理学療法学科

幅広い知識と技術に加え、人間性を学ぶ4年間

人体の仕組みを理解することに始まり、ケガや病気に対する治療方法など、幅広い学びを展開。リハビリテーションの専門家である理学療法士に必要な、知識と技術を体系的に学んでいきます。国家資格を取得するだけでなく、豊かな教養や、チームで働くために必要な人間性、生涯を通じて学び続けるための姿勢を備えた理学療法士を育成します。

イメージ

3つの特色 Features

Point 1

特色1

早期からの学外実習で理学療法の実践スキルを磨く

これからの時代に活躍する理学療法士には、人体を科学的に見つめる視点をはじめ、ケガ・病気の予防など、幅広い知識と技術が必要です。本学科では早期からの学外実習により、患者さんと接するためのコミュニケーション能力や、患者さんの気持ちを汲み取る方法なども実践的に学びます。

Point 2

特色2

最新の研究に接することができる環境で将来にわたり学び続ける姿勢を養う

本学科では、理学療法についての学術的な研究も多く行っています。理学療法だけでなく医学など多彩な専門性を持った教員がおり、近隣の病院・施設に勤務する卒業生と連携しての共同研究を実施しています。学生はこれらの研究に参加することで、理学療法士として研究を続けるための姿勢を修得します。

Point 3

特色3

動物介在療法やロボットセラピーなど将来の幅を広げる学びも

アニマルサイエンス学科と連携しての動物介在療法や動物を介したリハビリテーション、生命環境学部や教育人間科学部と連携してのロボットセラピーなどの科目も履修することができます。最新のリハビリテーション法についての知識を深め、現場に出た際の対応の幅を広げます。

学科長あいさつ Voice

「人の痛みのわかる」感性豊かな、理学療法士を育成。

超高齢社会を迎え、社会構造の変化、生活環境の多様化、日進月歩の医療技術の中で、理学療法士の職域はここ数年で著しく拡大しています。具体的には、従来の病院の枠を越えて、地域・在宅・保健・社会福祉分野のみならず、スポーツ分野や障害者施設分野にも理学療法士の職域は拡大しています。これまでのように病気の回復過程のみならず、病気の予防や健康増進、教育や指導の分野にも積極的に参加する必要があり、その職域は多岐にわたり重要さを増しています。これに応じて、理学療法士を目指す学生も、病院に限らずスポーツ分野や保健福祉分野、障害予防分野、医学研究など、国際的な活躍の場を含めて資格取得後の進路は多様化しています。

このような背景のもと、帝京科学大学理学療法学科では、大学病院における豊富な臨床経験、あるいは地域社会や在宅医療で活躍する理学療法士をはじめ、常に最新の医療に接しているリハビリテーション専門医、整形外科医、神経内科医、精神科医、解剖学の専任教員など、多彩な教員を配置して学生のあらゆるニーズに応える教育環境を整備しています。そして、実際の講義、演習、実習はもとより、各種医療福祉施設に出向いての臨床実習を通じて、「人の痛みのわかる」感性豊かな、理学療法士の育成を目標としています。

もうひとつの本学科の特徴として、生命環境学部との学際研究、学際教育があります。理工系大学として出発した帝京科学大学には充実した理工系教育のノウハウが蓄積されています。生命、環境、健康といったヒトの生活にかかわる科目は理学療法と深いかかわりがあります。生命環境学部との連携した学際教育によって医療系だけにとどまらない、幅広い知識を身につけた理学療法士の育成を目指しています。特に最近では、動物やロボット、自然や植物を利用したリハビリテーションも新しい分野として注目されてきていますから、この新しい分野を先取りした、ロボット介在療法やアニマルセラピーなど、他大学にはみられない本学独自の講義も受講できるシステムになっています。これらの教育を通して、実践力と行動力があり、医療、介護、福祉の現場や各職域で活躍できる、知識・技術を身につけた理学療法士を社会へ送り出すことを目標にしています。

帝京科学大学理学療法学科は、幅広い分野に興味を持ち、忍耐強く意欲的に行動し、常に新しいことにチャレンジしていく熱い好奇心をもった学生を歓迎します。

学科長・教授中山 彰博