生命科学科

コースの紹介

生命コース 東京西キャンパス

バイオや食品など、生命科学分野での活躍をめざす

広々とした東京西キャンパスの充実した実験・研究設備を使って、「生命とは何か」を解き明かしてみませんか。本コースには、核酸有機化学から微生物や脊椎動物まで学べる研究室が揃っており、生命の本質とその応用について理解を深めることができます。将来は、バイオテクノロジー、医薬品、食品などの分野で活躍することが可能。人びとの健康な暮らしや、環境にやさしい社会づくりに貢献できる、生命科学のスペシャリストを育成します。

Point 1

生命科学を体系的に学ぶとともに自ら「探究する」姿勢を身に付ける

生命科学は、私たちが健康に過ごすうえで欠かすことができない学問分野です。本コースでは、遺伝子から動植物、医薬品、食品など生命科学のさまざまな分野について、基礎から応用まで体系的に学びます。ただ知識を学ぶだけでなく、科学的に物事をとらえる姿勢や、論理的に探究する方法も身に付けていきます。

Point 2

充実した実験機器・設備で生命現象について実践的に学ぶ

バイオ医薬品や機能性食品など、ますます広がっている生命科学を応用した産業。本学科では、充実した実験設備を使用して、生命科学分野で活躍するためのさまざまな技術を身に付けます。多くの実験を行うことを通じて、失敗を恐れず試行錯誤することの重要性や、成果を得るために工夫を重ねる姿勢を学びます。

Point 3

基礎をしっかり学んでから専門性を深められる

少人数ならではの、学生一人ひとりのレベルに応じた導入教育を実施しているのも本学科の特長。1 年次の共通科目では、数学をはじめ物理、化学、生物など「高校で苦手だった科目」「高校で履修していない科目」をしっかり学べます。また、専門科目においても学生が理解しているかを確認しながら授業が進みます。

理念

生命現象を遺伝子から細胞、動植物レベルで探求します。

遺伝子診断、バイオ医薬品、再生医療、免疫機能の増強、機能性食品、生分解性プラスチック・・・私たちの身の回りにはバイオサイエンスの技術を生かしたものがたくさんあります。健康・生活・環境などの面から、未来を豊かにするバイオサイエンスを学びます。

学びの特色

1年次で自然科学の基礎や実験技術の基礎を身につけたあと、2年次から本格的に生命科学の専門科目を学んでいきます。豊富な実験が特色で、2年次前期の生命科学導入実験と、2年次後期から3年次前期にかけて生命科学実験があります。これらを通してバイオサイエンス技術の基礎と応用を学びます。

卒業研究

生体成分の吸収・輸送問題と生活習慣病、腸内細菌フローラと生体防御の関係、スーパーバイオリアクター、植物の発生・分化・環境応答の解析、抗ウイルス剤、抗ガン剤開発・・・・最先端の研究の一員として、食品・医療・環境に関するバイオサイエンスの研究を行います。

卒業後の進路

食品関連、医療関連、医薬品関連、環境関連などのバイオ関連各種企業、中高教員など