柔道整復学科

Department of Judo Therapy

柔道整復学科

人体を深く理解し、適切なケアができる医療人に

投薬や手術をせず、人間の持つ自然治癒力を引き出す柔道整復師。医師以外では唯一、ケガの処置ができる国家資格を有する医療職です。本学科では、日本の伝統医療の技術に加え、西洋医学の知識もバランスよく学習。患者さんの心身に寄りそうためのコミュニケーション能力も身に付けます。めざすのは、接骨院をはじめ、整形外科、高齢者施設、スポーツの現場などで活躍できる柔道整復師です。

イメージ

3つの特色 Features

Point 1

特色1

女性教員が多く、学生一人ひとりにきめ細かな指導を実施

定員30名という、きめ細かな少人数教育が特徴。スポーツに打ち込んできた学生も、まずは学修習慣を身に付け、スムーズに大学生活を送れるよう支援します。女性の教員が多いのも本学科のメリット。男女問わず活躍の場が広げられるよう、幅広い視点から指導します。

Point 2

特色2

柔道整復師に加えて+αの資格をめざせる

解剖学や生理学など、柔道整復師に不可欠な知識を学べるのはもちろんですが、「スポーツトレーナー入門」など選択科目の講座も充実しています。柔道整復師の国家資格に加え、トレーニング指導者、レクリエーションインストラクター等の資格を取得するなど、将来の進路に合わせた+ αの学びが可能です。

Point 3

特色3

プロスポーツの現場も体験できる充実のインターンシップ

J リーグ「ヴァンフォーレ甲府」のホームゲーム時に、サポーティングスタッフとして現場を体験できるインターンシップを、1~2年次に実施。熱意があり成績優秀な学生にチャンスが開かれています。また、接骨院見学も3年次からスタート。多様な現場を体験し、実践力を磨きます。

講師の声 Voice

患者さんに寄り添う医療に携わる人材として
高いコミュニケーションスキルを身に付けてほしい。

柔道整復師は人と接する仕事です。臨床では、患者さんと直接対面しながら骨折や脱臼、打撲、捻挫、挫傷などの治療を行うため、技術力はもちろんのこと、患者さんの気持ちに寄り添うことのできる優れたコミュニケーション能力が求められます。そこで本学科では、幅広い能力を兼ね備えた医療従事者としてふさわしい人材を育てていきたいと考え、大学生活や授業、実習などを通じてコミュニケーション能力を養えるよう教育に取り組んでいます。

また、基礎医学を身に付けるため、講義で解剖学や生理学などを学んでいきます。そこではたびたび聞き慣れない専門用語が用いられ、苦戦する学生も少なくありませんが、特別セミナーや補習、個別指導を行い学修面のフォローをしていきます。さらに、実技の時間を多く設けていることも特長のひとつです。専門学校と比べると倍以上も実技の授業時間があります。基礎から臨床を想定したシミュレーションを数多く行い、少人数制教育によりきめ細かな指導を行っています。

卒業後の進路としては、接骨院や整骨院、整形外科、介護施設への勤務、経験を積んだ後、将来は接骨院、整骨院、デイサービスの開業など、地域に密着した医療に携わる人が大半です。地元や地域に貢献したいという方には、とても適した職業だと思います。

教員一丸となって、その目標をしっかりサポートできる体制を整えています。

講師鎌塚 正志