学校教育学科

コースの紹介

小学校コース 千住キャンパス

さまざまなチャレンジを通じて実践力と応用力のある小学校教員に

6歳から12歳という、幅広い年齢の子どもと接するのが小学校教員。本コースでは、子どもを理解する深い洞察力をはじめ、子どもの発達に応じた魅力的な授業を展開する力、信頼関係を築く力を身に付けた小学校教員の養成をめざします。

Point 1

苦手科目を克服するための学び直しサポート

小学校では学級担任がすべての教科を担当するため、苦手科目があることは小学校教員をめざす者にとって弱点となります。本コースでは、苦手科目を学び直し、早い段階で克服するためのカリキュラムを用意しています。

Point 2

1年次から現場を経験 理論と実践、どちらもバランスよく高める

ボランティア活動などを通じて、1年次から地域の教育現場を経験。授業で得た知識を現場で実践し、現場で得た経験を大学に持ち帰り、自ら「課題を発見し、解決する」プロセスを学びます。

Point 3

学年を越えたホームルームを開催し、深まる一体感

基礎ゼミが終わった2 年次以降も定期的にホームルームを開催し、現場の教員や先輩学生からアドバイスを受けるなど、小学校コース全体で教員になることをめざします。

授業紹介

器楽

教育原理(小)

教育者に欠かせない基礎的教養を学ぶ

教員をめざす人の基礎的教養として、教育の理念や目的をはじめ、家庭教育、学校教育、社会教育それぞれの役割や、日本と世界の教育の歴史や思想など、幅広い知見を養うことができます。また、いじめなど生活指導上の問題や、特別支援教育などのテーマについても講義します。授業はビデオや資料を活用するので関心を持って学べます。

算数(小)

生活(小)

子どもたちが生活から学びを得られるために

教科「生活」の理念は、子どもたちの生活そのものを「学び」とすることです。授業ではまず「生活とは何か」という基本的理念を理解したうえで、実践的活動を通して具体的な教え方を学んでいきます。模擬授業もディスカッションも学生主体で進めていくので多くの気づきが得られ自発的に授業を計画する力が身に付きます。