スマートフォン版はこちらをクリックしてください


学費・奨学金・教育ローン

平成29年度 初年度学生納付金

生命環境学部

(単位:円)

区分入学金授業料実験実習費施設設備費冷暖房費合  計
前期 200,000 430,000 90,000 100,000 20,000 840,000
後期 430,000 90,000 100,000 20,000 640,000
年額 200,000 860,000 180,000 200,000 40,000 1,480,000

上表に次の学生傷害保険料を加える。

(単位:円)

学科学生傷害保険料半期分年額
生命科学科 (生命・健康コース)
(生命コース)
4,660 844,660 1,484,660
生命科学科 (臨床工学コース) 5,370 845,370 1,485,370
アニマルサイエンス学科(全コース) 6,910

846,910

1,486,910
自然環境学科 4,660 844,660 1,484,660

※このほか教材購入費として4~5万円ほどかかる場合があります。

※アニマルサイエンス学科の保険料が平成28年10月から改定となりました。

 

医療科学部

理学療法学科、作業療法学科、柔道整復学科

(単位:円)

区分入学金授業料実験実習費施設設備費冷暖房費学生傷害保険料合  計
前期 250,000 480,000 125,000 200,000 20,000 5,370 1,080,370
後期 480,000 125,000 200,000 20,000 825,000
年額 250,000 960,000 250,000 400,000 40,000 5,370 1,905,370
  • ※「実験実習費」:2年次以降 上述の金額(1年次)に20,000円加算
  • ※「施設設備費」:2年次以降 上述の金額(1年次)に20,000円加算
  • ※このほか教材購入費として4~5万円ほどかかる場合があります。
  • ※学外実習(宿泊・交通費)・国家試験対策教材等の費用(年平均10~15万円)は大学が負担します。(理学療法学科、作業療法学科のみ)

 

東京理学療法学科、東京柔道整復学科

(単位:円)

区分入学金授業料実験実習費施設設備費冷暖房費学生傷害保険料合  計
前期 250,000 480,000 125,000 240,000 20,000 5,370 1,120,370
後期 480,000 125,000 240,000 20,000 865,000
年額 250,000 960,000 250,000 480,000 40,000 5,370 1,985,370
  • ※「実験実習費」:2年次以降 上述の金額(1年次)に20,000円加算
  • ※「施設設備費」:2年次以降 上述の金額(1年次)に20,000円加算
  • ※このほか教材購入費として4~5万円ほどかかる場合があります。
  • ※学外実習(宿泊・交通費)・国家試験対策教材等の費用(年平均10~15万円)は大学が負担します。(東京理学療法学科のみ)

 

看護学科

(単位:円)

区分入学金授業料実験実習費施設設備費冷暖房費学生傷害保険料合  計
前期 250,000 430,000 125,000 240,000 20,000 4,500 1,069,500
後期 430,000 125,000 240,000 20,000 815,000
年額 250,000 860,000 250,000 480,000 40,000 4,500 1,884,500
  • ※病院実習における不慮の事故に対応するため、日本看護学校協議会の「総合補償制度(Will)」に保険加入していただきます。上記の学生傷害保険料の額は、1年間の保険料であり、2年次以降も各年度4,500円が必要となります。
  • ※「実験実習費」:2年次以降 上述の金額(1年次)に20,000円加算
  • ※「施設設備費」:2年次以降 上述の金額(1年次)に20,000円加算
  • ※このほか教材購入費として4~5万円ほどかかる場合があります。

 

医療福祉学科

(単位:円)

区分入学金授業料施設設備費冷暖房費学生傷害保険料合  計
前期  250,000 390,000 108,500 20,000 5,370 773,870
後期 390,000 108,500 20,000 518,500
年額 250,000 780,000 217,000 40,000 5,370 1,292,370
  • ※「授業料」「冷暖房費」:2年次以降固定
  • ※「施設設備費」:2年次以降 上述の金額(1年次)に20,000円加算
  • ※このほか教材購入費として4~5万円ほどかかる場合があります。

 

(※平成29年4月 こども学部から名称変更予定)

教育人間科学部※

こども学科

(単位:円)

区分入学金授業料施設設備費冷暖房費学生傷害保険料合  計
前期  250,000 390,000 72,000 11,500 6,910 730,410
後期 390,000 72,000 11,500 473,500
年額 250,000 780,000 144,000 23,000 6,910 1,203,910
  • ※「授業料」「施設設備費」「冷暖房費」:2年次以降固定
  • ※このほか教材購入費として4~5万円ほどかかる場合があります。
  • ※こども学科の保険料が平成28年10月から改定となりました。

 

幼児保育学科・学校教育学科(小学校コース・中高理科コース)

(単位:円)

区分入学金授業料施設設備費冷暖房費学生傷害保険料合  計
前期  250,000 390,000 117,000 11,500 4,660 773,160
後期 390,000 117,000 11,500 518,500
年額 250,000 780,000 234,000 23,000 4,660 1,291,660
  • ※「授業料」「施設設備費」「冷暖房費」:2年次以降固定
  • ※このほか教材購入費として4~5万円ほどかかる場合があります。

 

学校教育学科(中高保健体育コース)

(単位:円)

区分入学金授業料施設設備費冷暖房費学生傷害保険料合  計
前期  250,000 390,000 163,500 11,500 4,660 819,660
後期 390,000 163,500 11,500 565,000
年額 250,000 780,000 327,000 23,000 4,660 1,384,660
  • ※「授業料」「施設設備費」「冷暖房費」:2年次以降固定
  • ※このほか教材購入費として4~5万円ほどかかる場合があります。

 

大学院博士前期課程(修士課程)

メディア情報システム、バイオサイエンス、環境マテリアル、アニマルサイエンス専攻※

(単位:円)

区分入学金授業料実験実習費施設設備費冷暖房費学生傷害保険料合  計
前期 310,000 400,000 85,000 100,000 20,000 2,430 917,430
後期 400,000 85,000 100,000 20,000 605,000
年額 310,000 800,000 170,000 200,000 40,000 2,430 1,522,430
  • ※学内出身者の入学金は210,000円
  • ※アニマルサイエンス専攻の保険料が平成28年10月から改定となりました。
  • ※アニマルサイエンス専攻の場合の学生傷害保険料が3,690円となるため、入学手続時最小限納入金額918,690円(年額1,523,690円)となります。
  • ※このほか教材購入費として4~5万円ほどかかる場合があります。

 

大学院博士後期課程(博士課程)

先端科学技術専攻

(単位:円)

区分入学金授業料実験実習費施設設備費冷暖房費学生傷害保険料合  計
前期 310,000 400,000 85,000 100,000 20,000 3,620 918,620
後期 400,000 85,000 100,000 20,000 605,000
年額 310,000 800,000 170,000 200,000 40,000 3,620 1,523,620
  • ※学内からの入学者は入学金が免除となります。
  • ※アニマルサイエンス領域の保険料が平成28年10月から改定となりました。
  • ※アニマルサイエンス領域の場合の学生傷害保険料が5,380円となるため、入学手続時最小限納入金額920,380円(年額1,525,380円)となります。
  • ※このほか教材購入費として4~5万円ほどかかる場合があります。

日本学生支援機構奨学金

勉学に励む意欲と能力のある学生に対し、教育の機会均等に寄与するために学資を貸与して修学を支援する、日本学生支援機構の奨学金制度です。
日本学生支援機構の奨学金の申込みは、所属するキャンパスの学生係を通じて行っています。

 

1.奨学金の種類
●第一種奨学金(無利子貸与)
●第二種奨学金(有利子貸与)
※第一種と第二種を併用することもできます。

 

●入学時特別増額貸与奨学金(一時金・有利子貸与)
入学時に第一種・第二種奨学金の申込時に特別増額貸与を希望することができます。対象は所得が0円か又は日本政策金融公庫の教育ローンを申し込んで不採用だった場合に適用されます。

入学時特別貸与増額貸与額 10万円・20万円・30万円・40万円・50万円から選択

 

2.貸与月額について
●第一種奨学金は、国公立・私立、自宅・自宅外通学により貸与額が異なります。
●第二種奨学金は、国公立・私立、自宅・自宅外通学にかかわらず、次の5種類の月額から選択できます。

私立大学の貸与月額

第一種貸与月額 自宅通学/30,000円、54,000円  自宅外通学/30,000円、64,000円
第二種貸与月額 30,000円・50,000円・80,000円・100,000円・120,000円

※貸与期間中に必要に応じて貸与月額を変更することができます。

 

3.採用の種類と申込みについて

申込者について日本学生支援機構が選考を行い、採否を決定します。選考は人物・健康・学力・家計について基準に照らして行い、予算の範囲内で採用します。

●予約採用(入学する前の申込み)・・・入学前に奨学金を予約する制度です。申込みは入学前に在学している高等学校等を通じて行います。

●在学採用(大学に入学後に申込み)・・・申込みは大学を通じて行い、募集は年1回4月に行います。

●緊急採用・応急採用・・・主たる家計支持者の失職、破産、事故、病気、死亡等又は火災、風水害等の災害等で家計が急変し、緊急に奨学金の必要が生じた場合は、随時申込みを受け付けています。

 

4.奨学生採用後について

貸与期間中は、毎年1回12月頃、「適格認定奨学金継続願」をインターネットを通じて提出します。これを怠ると、奨学金は打切りとなりますので、必ず手続きを行ってください。大学では学業成績等により奨学生としてふさわしいかどうかの認定をします。成績不良等、奨学生として相応しくない場合は停止、廃止になり奨学金の貸与が打切られます。

 

5.返還について

日本学生支援機構奨学金は貸与されるものです。
貸与終了後は、返還する義務が生じます。返還については在学中から、その責任を自覚しておくことが大切です。
卒業後、6ゕ月経過後に金融機関の預・貯金口座からの自動引き落としにより、月賦又は月賦・半年賦併用のどちらかの割賦方法で返還することになります。返還期間は最長20年以内で返還回数は割賦方法により異なります。

 

詳しくは、日本学生支援機構のWebサイト又は所属するキャンパスの学生係までご確認ください。
日本学生支援機構Webサイトはこちら☛http://www.jasso.go.jp/shougakukin/index.html

ジャックス提携教育ローン「悠裕プラン」

  本学では株式会社ジャックスと提携し、入学生・在学生及び保護者の方々を対象とした教育ローン「悠裕プラン」をご用意しております。本プランは入学金・授業料など学生納付金を株式会社ジャックスが立て替え、毎月分割でご返済いただく制度です。
  ご利用の窓口として、24時間いつでもWeb申込で資金手当てが可能な「予約型Web審査受付システム」と、教育ローン専門スタッフが、ライフプランに合わせたお支払をご提案する専用デスク受付「コンシュマーデスク」の2種類をご用意しております。

  詳しくはこちら

帝京科学大学奨学金

本学では学業、人物共に優秀で、かつ経済的理由で就学が困難であるとして、奨学金申請があった学生に、奨学金を減免する制度があります。

 

1. 申請資格

家計の急変により学業の継続が困難になった場合。

2. 奨学生の決定

学内選考委員会で審査し、その結果に基づいて決定します。

3. 奨学金額等

学生納付金のうち申請する各学期授業料の50%を減免します。ただし、給付期間は通算して1年を超えることはできません。

4. 奨学生の人員

若干名

5. 申請期間

学生納付金納入期間内に所属するキャンパスの学生係へ申請してください。その際、会計課に延納手続きをしておく必要があります。

6. 申請

奨学金を受けようとする学生は必要書類を所属するキャンパスの学生係に提出してください。

 

その他奨学金

各都道府県、交通遺児等の奨学金は案内が大学に届き次第、掲示板にてお知らせします。

平成28年度 学生納付金

生命環境学部 全学科

  前期 後期 年額
入学金 200,000 - 200,000
授業料 430,000 430,000 860,000
実験
実習費
90,000 90,000 180,000
施設
設備費
100,000 100,000 200,000
冷暖房費 20,000 20,000 40,000
合計 840,000 640,000 1,480,000

上表に次の学生傷害保険料を加える。

学科 学生傷害保険料 半期分 年額
生命科学科
(生命・健康コース)
(生命コース)
4,660 844,660 1,484,660
生命科学科
(臨床工学コース)
5,370 845,370 1,485,370
アニマルサイエンス学科
(全コース)
4,660 845,500 1,485,500
自然環境学科 5,500 844,660 1,484,660

※このほか教材購入費として4~5万円ほどかかる場合があります。

医療科学部

  • 理学療法学科
    作業療法学科
    柔道整復学科
  • 東京理学療法学科
    東京柔道整復学科
  •  
    看護学科
  •  
    医療福祉学科
  前期 後期 年額
入学金 250,000 - 250,000
授業料 480,000 480,000 960,000
実験
実習費
125,000 125,000 250,000
施設
設備費
200,000 200,000 400,000
冷暖房費 20,000 20,000 40,000
学生傷害
保険料
5,370 - 5,370
合計 1,080,370 825,000 1,905,370

※「実験実習費」:2年次以降 上述の金額(1年次)に20,000円加算
※「施設設備費」:2年次以降 上述の金額(1年次)に20,000円加算
※このほか教材購入費として4~5万円ほどかかる場合があります。
※学外実習(宿泊・交通費)・国家試験対策教材等の費用(年平均10~15万円)は大学が負担します。(理学療法学科、作業療法学科、東京理学療法学科のみ)

  前期 後期 年額
入学金 250,000 - 250,000
授業料 480,000 480,000 960,000
実験
実習費
125,000 125,000 250,000
施設
設備費
240,000 240,000 480,000
冷暖房費 20,000 20,000 40,000
学生傷害
保険料
5,370 - 5,370
合計 1,120,370 865,000 1,985,370

※「実験実習費」:2年次以降 上述の金額(1年次)に20,000円加算
※「施設設備費」:2年次以降 上述の金額(1年次)に20,000円加算
※このほか教材購入費として4~5万円ほどかかる場合があります。

  前期 後期 年額
入学金 250,000 - 250,000
授業料 430,000 430,000 860,000
実験
実習費
125,000 125,000 250,000
施設
設備費
240,000 240,000 480,000
冷暖房費 20,000 20,000 40,000
学生傷害
保険料
4,500 - 4,500
合計 1,069,500 815,000 1,884,500

※病院実習における不慮の事故に対応するため、日本看護学校協議会の「総合補償制度(Will)」に保険加入していただきます。上記の学生傷害保険料の額は、1年間の保険料であり、2年次以降も各年度4,500円が必要となります。
※「実験実習費」:2年次以降 上述の金額(1年次)に20,000円加算
※「施設設備費」:2年次以降 上述の金額(1年次)に20,000円加算
※このほか教材購入費として4~5万円ほどかかる場合があります。

  前期 後期 年額
入学金 250,000 - 250,000
授業料 390,000 390,000 780,000
施設
設備費
108,500 108,500 217,000
冷暖房費 20,000 20,000 40,000
学生傷害
保険料
5,370 - 5,370
合計 773,870 518,500 1,292,370
※「授業料」「冷暖房費」:2年次以降固定
※「施設設備費」:2年次以降 上述の年額(1年次)に20,000円加算
※このほか教材購入費として4~5万円ほどかかる場合があります。

教育人間科学部(平成29年4月、こども学部から名称変更予定)

  • こども学科
  • 幼児保育学科
    学校教育学科(小学校コース・中高理科コース)
  • 学校教育学科(中高保健体育コース)
  前期 後期 年額
入学金 250,000 - 250,000
授業料 390,000 390,000 780,000
施設
設備費
72,000 72,000 144,000
冷暖房費 11,500 11,500 23,000
学生傷害
保険料
5,500 - 5,500
合計 729,000 473,500 1,202,500

※「授業料」「施設設備費」「冷暖房費」:2年次以降固定

※このほか教材購入費として4~5万円ほどかかる場合があります。

  前期 後期 年額
入学金 250,000 - 250,000
授業料 390,000 390,000 780,000
施設
設備費
117,000 117,000 234,000
冷暖房費 11,500 11,500 23,000
学生傷害
保険料
4,660 - 4,660
合計 773,160 518,500 1,291,660

※「授業料」「施設設備費」「冷暖房費」:2年次以降固定

※このほか教材購入費として4~5万円ほどかかる場合があります。

  前期 後期 年額
入学金 250,000 - 250,000
授業料 390,000 390,000 780,000
施設
設備費
163,500 163,500 327,000
冷暖房費 11,500 11,500 23,000
学生傷害
保険料
4,660 - 4,660
合計 819,660 565,000 1,384,660

※「授業料」「施設設備費」「冷暖房費」:2年次以降固定

※このほか教材購入費として4~5万円ほどかかる場合があります。

大学院

  • 大学院博士
    前期課程
    (修士課程)
  • 大学院博士
    後期課程
    (博士課程)

メディア情報システム、バイオサイエンス、環境マテリアル、アニマルサイエンス専攻※

  前期 後期 年額
入学金 310,000 - 310,000
授業料 400,000 400,000 800,000
実験
実習費
85,000 85,000 170,000
施設
設備費
100,000 100,000 200,000
冷暖房費 20,000 20,000 40,000
学生傷害
保険料
2,430 - 2,430
合計 917,430 605,000 1,522,430

※学内出身者の入学金は210,000円
※アニマルサイエンス専攻の場合の学生傷害保険料が2,940円となるため、入学手続時最小限納入金額917,940円(年額1,522,940円)となります。
※このほか教材購入費として4~5万円ほどかかる場合があります。

先端科学技術専攻

  前期 後期 年額
入学金 310,000 - 310,000
授業料 400,000 400,000 800,000
実験
実習費
85,000 85,000 170,000
施設
設備費
100,000 100,000 200,000
冷暖房費 20,000 20,000 40,000
学生傷害
保険料
3,620 - 3,620
合計 918,620 605,000 1,523,620

※学内からの入学者は入学金が免除となります。
※アニマルサイエンス領域の場合の学生傷害保険料が4,300円となるため、入学手続時最小限納入金額919,300円(年額1,524,300円)となります。
※このほか教材購入費として4~5万円ほどかかる場合があります。

日本学生支援機構奨学金

勉学に励む意欲と能力のある学生に対し、教育の機会均等に寄与するために学資を貸与して修学を支援する、日本学生支援機構の奨学金制度です。
日本学生支援機構の奨学金の申込みは、所属するキャンパスの学生係を通じて行っています。

1.奨学金の種類
  • ●第一種奨学金(無利子貸与)
  • ●第二種奨学金(有利子貸与)
    ※第一種と第二種を併用することもできます。
  • ●入学時特別増額貸与奨学金(一時金・有利子貸与)
    入学時に第一種・第二種奨学金の申込時に特別増額貸与を希望することができます。対象は所得が0円か又は日本政策金融公庫の教育ローンを申し込んで不採用だった場合に適用されます。
    入学時特別貸与増額貸与額
    10万円・20万円・30万円・40万円・50万円から選択
2.貸与月額について
  • ●第一種奨学金は、国公立・私立、自宅・自宅外通学により貸与額が異なります。
  • ●第二種奨学金は、国公立・私立、自宅・自宅外通学にかかわらず、次の5種類の月額から選択できます。

    私立大学の貸与月額

    第一種貸与月額 自宅通学
    30,000円
    54,000円
    自宅外通学
    30,000円
    64,000円
    第二種貸与月額 30,000円
    50,000円
    80,000円
    100,000円
    120,000円

    ※貸与期間中に必要に応じて貸与月額を変更することができます。

3.採用の種類と申込みについて
申込者について日本学生支援機構が選考を行い、採否を決定します。選考は人物・健康・学力・家計について基準に照らして行い、予算の範囲内で採用します。
  • ●予約採用(入学する前の申込み)・・・入学前に奨学金を予約する制度です。申込みは入学前に在学している高等学校等を通じて行います。
  • ●在学採用(大学に入学後に申込み)・・・申込みは大学を通じて行い、募集は年1回4月に行います。
  • ●緊急採用・応急採用・・・主たる家計支持者の失職、破産、事故、病気、死亡等又は火災、風水害等の災害等で家計が急変し、緊急に奨学金の必要が生じた場合は、随時申込みを受け付けています。
4.奨学生採用後について
貸与期間中は、毎年1回12月頃、「適格認定奨学金継続願」をインターネットを通じて提出します。これを怠ると、奨学金は打切りとなりますので、必ず手続きを行ってください。大学では学業成績等により奨学生としてふさわしいかどうかの認定をします。成績不良等、奨学生として相応しくない場合は停止、廃止になり奨学金の貸与が打切られます。
5.返還について
日本学生支援機構奨学金は貸与されるものです。
貸与終了後は、返還する義務が生じます。返還については在学中から、その責任を自覚しておくことが大切です。
卒業後、6ヶ月経過後に金融機関の預・貯金口座からの自動引き落としにより、月賦又は月賦・半年賦併用のどちらかの割賦方法で返還することになります。返還期間は最長20年以内で返還回数は割賦方法により異なります。
詳しくは、日本学生支援機構のWebサイト又は所属するキャンパスの学生係までご確認ください。
日本学生支援機構Webサイトはこちら

ジャックス提携教育ローン「悠裕プラン」

本学では株式会社ジャックスと提携し、入学生・在学生及び保護者の方々を対象とした教育ローン「悠裕プラン」をご用意しております。本プランは入学金・授業料など学生納付金を株式会社ジャックスが立て替え、毎月分割でご返済いただく制度です。
ご利用の窓口として、24時間いつでもWeb申込で資金手当てが可能な「予約型Web審査受付システム」と、教育ローン専門スタッフが、ライフプランに合わせたお支払をご提案する専用デスク受付「コンシュマーデスク」の2種類をご用意しております。
詳しくはこちら

帝京科学大学奨学金

本学では学業、人物共に優秀で、かつ経済的理由で就学が困難であるとして、奨学金申請があった学生に、奨学金を給付する制度があります。

1. 申請資格
家計の急変により学業の継続が困難になった場合。
2. 奨学生の決定
学内選考委員会で審査し、その結果に基づいて決定します。
3. 奨学金額等
学生納付金のうち申請する各学期授業料の50%を免除します。ただし、給付期間は通算して1年を超えることはできません。
4. 奨学生の人員
若干名
5. 申請期間
学生納付金納入期間内に所属するキャンパスの学生係へ申請してください。その際、会計課に延納手続きをしておく必要があります。
6. 申請
奨学金を受けようとする学生は必要書類を所属するキャンパスの学生係に提出してください。

その他奨学金

各都道府県、交通遺児等の奨学金は案内が大学に届き次第、掲示板にてお知らせします。



このページの先頭へ戻る