作業療法学科

将来の進路

平成29年度(平成30年3月)卒業生の主な進路

就職先

鶴川サナトリウム病院、石和温泉病院、甲州リハビリテーション病院、フジ虎ノ門整形外科病院、介護老人保健施設イマジン、多摩川病院、介護老人保健施設都筑シニアセンター、伊勢崎福島病院、相澤病院、東名厚木病院、静清リハビリテーション病院 ほか

キャリア支援センター

過去の卒業生の主な進路

病院・施設

しもべ病院、赤坂台病院、竜王リハビリテーション病院、甲州リハビリテーション病院、甲府城南病院、石和温泉病院、東京青梅病院、河北総合病院、府中恵仁会病院、独立行政法人国立病院機構 関東信越グループ、府中医王病院、永生会、小金井リハビリテーション病院、大久野病院、渕野辺総合病院、横浜相原病院、上條記念病院、介護老人保健施設鹿野苑、筑波記念病院、第2北総合病院 ほか

卒業生の活躍

介護老人保健施設イマジン(東京都八王子市) 作業療法士

立川 利馬さん

助言教員との出会いで進路が明確に

立川 利馬 さん

医療科学部 作業療法学科 2018年3月卒業 都立八王子北高等学校(東京都) 出身

今に役立つ学び

大学時代は精神障がい者の支援にも興味がありましたが、身体障がい者の臨床実習を通して患者さまが回復される過程にふれ、改めて作業療法士の魅力に気づきました。いまはリハビリのほか、施設を利用される高齢の方が楽しんで過ごせるよう、レクリエーションにも力を入れています。

これからの目標

あらゆる疾患の患者さまに応じたリハビリが提供できるようになることです。かなり長期的な目標なので、こつこつと勉強に励んでいきます。日々の目標として意識しているのは目の前の患者さまを笑顔にすること。リハビリを楽しい時間にして、生活の質の向上を支えています。

※2020年ガイドブックに掲載 ※所属は取材時のものです。

TOP