アニマルサイエンス学科

コースの紹介

4コース制とキャンパス別入試について

アニマルサイエンス学科には、2つのキャンパスに計4つのコースが設置されており、キャンパス別に入試が行われます。自分の希望する分野が学べるキャンパスを選んで受験してください。

学生は3年生になると入学したキャンパスに設置されているコースの研究室に配属され、それぞれの専門分野の知識や技術を深めていくことになります(研究室への配属方法は、本人の希望と成績を考慮した選考方式です)。

東京西キャンパスには3コース、千住キャンパスには1コースが設置されています。

入試イメージ

アニマルサイエンス学科の4つのコース

  • アニマルサイエンスコースイヌやネコなどのコンパニオンアニマルをはじめ動物園や 水族館で飼育される動物の行動や生態を科学的に探究。 トレーニングや飼育管理などの多彩な実習を通じて、 人と動物の新しい関係を創造できる人材を育成します。
  • アニマルセラピーコース動物が人間の心身に与える効果や役割とは? 「動物介在活動」や「動物介在療法」を学び、 そのメカニズムを科学的に探究。 人間と動物の新しい関係について心理学や行動科学、 社会学などの面からアプローチします。
  • 野生動物コース人間社会の未来は、自然や野生動物との共生にかかっていると いっても過言ではありません。 豊富なフィールドワーク実習を通し、「人と野生動物が共生する未来」を 創造する優れた人材を育成します。
  • 動物介護福祉コース家族の一員とも言える犬や猫などの ペットをはじめとする動物の心身や行動について 看護と福祉の両面から探究。 動物と人が幸せな関係を築いていくための 環境づくりに貢献します。
  • 東京西キャンパス
  • 千住キャンパス