スマートフォン版はこちらをクリックしてください


田中 博子

田中 博子(たなか ひろこ) 経営学修士(医療マネジメント)

主な研究と活動

1.団地で暮らす独居高齢者が住み慣れた地域で暮らし続けられるための看護支援に関する研究
2.地域包括支援センター看護職と訪問看護師の連携に関する研究

  • 準備中
キーワード
意思決定支援、独居高齢者、看取り 集合団地
専門分野
在宅看護学
主な研究対象

在宅療養者 高齢者 団地自治会長 訪問看護ステーション

主な研究課題
1.集合団地に暮らす独居高齢者の生活支援に関する研究 
2.在宅療養者と家族介護者の意思決定支援看護に関す研究
3.認知症療養者と家族介護者の生活支援に関する研究
担当科目
在宅看護学概論 在宅看護援助論Ⅰ・Ⅱ  在宅看護学実習
学位
経営学修士(医療マネジメント)
卒業年月
2009年3月 文京学院大学大学院
学歴・経歴
1986年4月 日本医科大学付属病院 看護師
1993年4月 日本医科大学看護専門学校 講師
2003年4月 日本医科大学看護専門学校 教務副主任
2007年4月 社団法人 東京慈恵会 慈恵看護専門学校 講師
2008年4月 東京医療保健大学 助手
2009年4月 東京医療保健大学 助教
2013年4月 東京医療保健大学 講師
主な著書
  1. ナーシングプロセス 大腿骨近位部骨折患者の看護 田中博子,クリニカルスタディ,31巻・1号 P13~31(2010年)
  2. 看護学生のための疾患別看護過程 よくわかるBOOK 貝瀬友子,真野響子,田中博子、メヂカルフレンド社、34~53ページ、(2011年)
主な論文
  1. 在宅療養支援診療所に関する研究 -療養者・家族の意思決定支援に関する在宅医の認識の構造分析-、田中博子、文京学院大学大学院修士論文(2009年)
  2. 急性期病院から自宅へつなぐ退院調整看護師の役割、田中博子、伊藤綾子、真野響子、東京医療保健大学紀要、第6巻・1号・65~71頁(2012年)
  3. 在宅療養継続に関する患者・家族の意思決定に対する在宅医の支援、田中博子、日本医療マネジメント学会、第15巻・4号・223~228頁(2015年)
  4. 団地自治会による高齢者の孤独死予防の取り組みに関する一考察 田中博子,森實詩乃,日本地域看護学会誌,Vol.19,No.1 P48~54(2016年)
  5. 看護基礎教育にかおける地域包括ケアを担う次世代看護師養成の現状-在宅看護学実習「学びのレポート」の分析からの考察- 森實詩乃,田中博子,帝京科学大学紀要,第12巻・12号 P171~174(2016年)
  6. 高齢者が生きてきた時代背景の理解を深化させるための映像を取り入れた学習-在宅看護学実習における試み- 森實詩乃,田中博子,眞鍋智仁,帝京科学大学紀要,第12巻・12号 P189~192(2016年)
所属学会等
日本在宅ケア学会
日本医療マネジメント学会
日本地域看護学会
日本老年看護学会
日本認知症ケア学会
日本看護科学学会
主な学会発表
1.地域における高齢者支援-心にはたらきかける関わり-,田中博子,藤井美和,石井八惠子,第13 回日本在宅ケア学会学術集会,大阪,P236(2009年3月)
2.Providing support to old people in the communities.-Implementing programs that capture the heart-,Tanaka H,Fujii M, Ishii Y ,第24回CNR・ICN4年毎大会,南アフリカ,P306(2009年6月)
3.急性期病院から自宅へつなぐ退院調整看護師の役割,田中博子,伊藤綾子,真野響子,第15回日本看護管理学会年次大会,東京,P118(2011年8月)
4.Structural analysis of recognition by home doctors in support of decision making by recuperating patients and their families.Tanaka H,The 3rd  Korea-China-Japan Nursing Conference(Ewha Womans University,Seoul,Korea),P208(2011年10月)
5.認知症をもつ独居高齢者を支える家族の独居継続への思い,井上理絵,阿部桃子,松元由香,今枝智穂,田中博子,坂田直美,第13回日本認知症ケア学会大会,浜松(2012年5月)
6.在宅療養支援診療所における自宅での看取り実現に向けた支援のあり方,田中博子,第13回日本医療マネジメント学会東京支部学術集会,東京,P53(2013年3月)
7.A nursing approach is explored in the occurrence of isolated death among elderly living alone in housing complexes, supported by their resident’s associations.Morizane S,Tanaka H,The17th EAFONS, Manila,Philippines,P302(2014年3月)
8.団地で孤立する独居高齢者が住民とつながっていくプロセス,田中博子・森實詩乃,日本在宅ケア学会学集会,東京(2014年3月)
9.認知症高齢者とのコミュニケーションツールとしてのタブレットPCの有効性の検討,阿部桃子,田中博子,松元由香,寺尾洋介,吉岡真由,今枝智穂,坂田直美:第15回日本認知症ケア学会大会,東京,(2014年)
10.Initiatives in residents’ associations for preventing elderly living alone in housing complexes from being isolated The18th EAFONS,Taiwan,Morizane S,Tanaka H,18th East Asian Forum of Nursing,Taipei P406(2015年2月)
11.団地で暮らす独居高齢者の困りごとと団地自治会の支援,田中博子,森實詩乃,第20回日本在宅ケア学会学学術集会,東京,P38(2015年7月)


このページの先頭へ戻る