スマートフォン版はこちらをクリックしてください


平賀 篤

平賀 篤(ひらが あつし) リハビリテーション学修士

主な研究と活動

理学療法士法によると、「理学療法」とは治療体操その他の運動を行なわせ、及び電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えることと表現されており、運動療法と物理療法はその代表的な手段であるとされています。しかしながら、物理療法に携わる人数は減少の一途をたどり、学会発表や論文投稿も極わずかとなっているのが現状です。
 物理療法は正しく使用すれば誰が行っても一定の効果を得ることができる有用な治療法であり、経験や主観により左右されにくい特徴をもちます。また、徒手では困難な身体深部へのアプローチも十分に可能となります。近年は物理療法の科学的根拠を基に、身体に及ぼす影響から有用性を広めることや、より効果的な使用法を求め物理療法と運動療法の併用に関する研究を中心に行っております。

  • 平賀 篤
キーワード
物理療法、リスク管理、脳卒中の入院実態調査
専門分野
物理療法学、超急性期の理学療法学
学位
2015年3月リハビリテーション学修士(神奈川県立保健福祉大学)
免許・資格
理学療法士免許
学歴・経歴
2006年3月 茨城県立医療大学保健医療学部理学療法学科 卒業
2006年4月 横浜新都市脳神経外科病院リハビリテーション科 入職
2015年3月 神奈川県立保健福祉大学大学院保健福祉学研究科修士課程修了(リハビリテーション学)
2015年4月 帝京科学大学医療科学部理学療法学科 助教
主な論文
  1. 平賀篤,髙木峰子,隆島研吾,鶴見隆正.関節可動域拡大に関する効果的なアプローチの検討 ―超音波療法に着目して―.日本スポーツリハビリテーション学会誌,4(1), 2015.
所属学会等
日本理学療法士協会
日本物理療法学会
日本スポーツリハビリテーション学会
日本離床研究会
主な学会発表
平賀篤、高田浩瑞、山村俊一.超音波療法とストレッチングの併用における効果持続時間の検討.第47回日本理学療法学術大会.2012.
平賀篤、中西琢磨、田中和哉、廣江圭史、山村俊一.当院急性期におけるNIHSSスコアと転帰先の関連性.第48回日本理学療法学術大会.2013.
平賀篤、髙木峰子、鶴見隆正.軟部組織に対する超音波療法と ストレッチングの同時施行による効果.第21回日本物理療法学会学術大会.2013
平賀篤、髙木峰子、隆島研吾、鶴見隆正.超音波療法とストレッチングの同時施行での関節可動域と深部温の変化.第22回日本物理療法学会学術大会.2014.
平賀篤、山岡丈士、酒井由香里、刑部義宏、廣江圭史、鈴木暁、森本将史.
転帰別にみた急性期脳卒中患者NIHSSスコアの経時的変化と他スケールとの関連.第40回日本脳卒中学会総会.2015.


このページの先頭へ戻る