教員一覧

教員詳細

田中 和哉 (たなか かずや)

田中 和哉

役職:講師・準学士

主な研究と活動

病院にて主に中枢神経疾患・整形外科疾患を対象に、脳卒中ケアユニット等の超急性期から回復期・慢性期に至るまでの理学療法の臨床業務に携わっておりました。また、臨床業務に従事する一方で、中枢神経疾患の患者様を対象として、バイオメカニクス的見地から研究を行っておりました。
 最近の研究テーマは、主にバランス制御課題時における体幹運動制御機構及び脳卒中後の片麻痺患者様の歩行などのバイオメカにクス的解析を中心としております。
 理学療法における事象は経験則が多く、解析がなされていない分野が多く存在しています。これらの事象を、より科学的に解明することで質の高い理学療法に還元出来ればと考えております。

キーワード 理学療法学、運動学、三次元動作解析、神経系理学療法
専門分野 動作解析、運動学、神経系理学療法
主な研究課題
  • 脳卒中片麻痺患者における姿勢制御に関する研究
  • 健常者における体幹重心制御に関する研究
学歴・経歴
  • 2004年 3月 昭和大学医療短期大学理学療法学科卒業
  • 2004年 4月 横浜新都市脳神経外科病院リハビリテーション科入職
  • 2012年 4月 帝京科学大学医療科学部理学療法学科非常勤講師
  • 2013年 4月 帝京科学大学医療科学部理学療法学科助教
主な論文
  • 大平功路、関澤翔太、田中和哉、山村俊一「理学療法における足底挿板の活用 脳卒中の理学療法における足底挿板の活用」、理学療法2011.No.3p459~466
所属学会等
  • 日本理学療法士協会
  • 日本体力医学会
TOP